特集 2018年11月6日

叩け! 布団叩き

布団叩きが叩くものがない。叩くべきものを作りました。

布団叩きを使わなくなった。なんでも、布団を一生懸命叩いてもそんなにいいことがないらしい。

しかし布団叩きは魅力的な棒だと思う。こんないい棒に活躍の場がないなんてひどい。

だから布団叩きに叩かれるための物体、「布団叩かれ」を作りました。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。

前の記事:ノートパソコン内蔵のカメラは、デジカメとして使えるか


布団叩きを使わなくなった

布団叩きを使う光景を見なくなった。ベランダに布団を掛けて、身を乗り出してパンパン叩くあの光景である。何か理由があるのかなと思ってインターネットで調べてみると、布団を強く叩いても意味がない、それどころか逆効果だというのだ。

布団を強く叩く行為は、付着しているホコリやダニを細かくしてしまうだけだし、叩いた時上がるホコリは、あれ、布団の綿が壊れて出てしまっているというのだ。重い布団をわざわざベランダまで運んで、きれいにしているのかと思いきやぶっ壊しているのだ。良かれと思ってやったことで相手を傷つけている。悲しい童話ができそうだ。

そういう情報が行き渡った結果、あまり布団を叩かなくなったのかもしれない。

001.jpg
実家にあった布団叩きも、今は使ってないそうだ。
002.jpg
壊れていたし。

でも布団叩きはいいものだ

しかしそういう事情は置いといて、布団叩きは魅力的な棒である。

003.jpg
まず、グリップ感と長さがいい。

重さも振った時のしなり具合もいい。山道でこれくらいの木の枝を拾ったらしばらく持っていたい。

004.jpg
握るとポーズをとりたくなる。
005.jpg
そしてこの、叩く面である。いい造形。100円ショップで買いました。
006.gif
そういう条件が揃った結果、ブンブン振りたくなる。

こんないいものがくすぶっていていいのか。布団が壊れるからなんだって言うのだ。布団叩きは叩くべきだ。部屋の隅で悲しく笑う布団叩きの両肩をつかんで言ってやりたい。君は、叩くべきだと。

007.gif
そんな憤りを胸に地面を叩くが虚しい。

布団がダメなら布団に代わる何かを叩くべきだ。布団叩きにぴったりの「叩かれるための物体」が必要なのだ。作りました。

布団叩きに叩かれるための物体を作りました

布団叩きがその才能を遺憾なく発揮できる新しいステージ、それがこちらである。

008.jpg
布団叩きに叩かれるための物体、「布団叩かれ」である。
009.jpg
布団叩きに叩かれるためだけに存在している。
010.gif
いい跳ね返りがある。叩き心地がいい。

撮影した日が怖いくらいよく晴れていて、あの世みたいな写真が撮れた。これがどんなものかが分かると思うので、作り方を説明します。

叩いても心が痛まない造形が大事

まず「布団叩かれ」に必要な要素を考えてみる。

011.jpg
この2つが大事だと思った。

 気持ちよく叩けるのはやはり中に綿が入った布団やクッションだろう。そう思って100円ショップをうろうろしたのだが、ここで胸を締め付けられるような気持ちになった。

012.jpg
叩きづらい…!
013.jpg
ああ…!

クッションの側に感情を持っていかれる商品が多い。それもいいけど今回は叩く棒の側に感情を入れているのだ。叩いても心が痛まない工夫が必要だと思った。

014.jpg
なので無地のクッションと、
015.jpg
卓上のパンチングバッグというものを買った。

叩かれるための道具である。これをベースに作っていけば、叩いても心が痛まないものができると思う。これはAmazonで買った。

このパンチングバッグの赤いボールの部分に、同じ大きさにしたクッションをかぶせれば、思っているものができそうだ。

作っていきます

材料はそろった。作っていきます。

016.jpg
クッションの大きさを変えたいので、中の綿を出して、カバーを切って縫い直す。
017.jpg
できたカバーをかぶせて、綿を入れて縫って閉じる。楽しくなって綿をぎゅうぎゅうに入れた。

できた。これで機能は果たすのだが、あまりにも無愛想なので飾りを付けよう。

018.jpg
余った布で小さい枕を作る。

同じく掛け布団を作って、一番上に濃い色の細い布を乗せる。

019.jpg
できた!

布団のようになった。これが布団叩きが叩くための物体、布団叩かれである。布団のビジュアルに寄せたのは、布団叩きにとっての、布団の代用品としたかったからである。カニカマがカニに似ているのと同じ理由だ。

ちなみに布団はホテルのベッドをイメージしています。上に乗っている細い布は、靴を履いたまま寝転んだ時、足を乗せるための布らしい。

すごくいい

020.gif
叩いた感じがとにかくいい。

「ポンポン」という擬音がぴったりである。クッションを支えているバネと吸盤も、パンチングバッグのものだけあってしっかりしていて頼もしい。かなり爽快である。

中に鈴を入れました。動画では鈴のきれいな音色が聞けます。

021.jpg
外でも叩いた。天気がよくて最高だった。
022.gif
晴れた日に布団叩きを振ると、今日も頑張ろう、という気持ちになる。

そしてこれ、下の吸盤が強力なので壁に付けても使えるのだ。

023.jpg
驚いた。なんていいものなんだ。

布団叩きも、これで才能をぶつける先ができた。あとは彼自身の力で世界に羽ばたいていくだろう。

024.jpg
最高に爽やかな写真が撮れた。世界に羽ばたきそう。

布団叩かれに存在感があった

この布団叩かれ、それ単体でもおかしな存在感があって、写真をたくさん撮った。

025.jpg
直立した小さい布団。
026.jpg
公園のベンチで一休み。
027.jpg
広い秋の空と。
028.jpg
編集部の皆さんとの会議の場に持っていっても、人一人分ぐらいの存在感がありました。

布団叩きは思い切り叩くことができ、かつ叩かれる対象である布団叩かれもかわいそうな印象にならなかった。クマのクッションとか使わなくてよかった。


なんで鈴を入れたのか

会議の場に持っていった時、なぜ鈴を入れたのか聞かれてうまく答えられなかった。布団叩きと鈴の音は関係がない。なんで入れたんだろう。思い出せないのだ。

でも楽しげでいいね、という話になった。

029.jpg
あと、パンチングバッグの箱に使用例が載っていたのですが、仕事場のデスクっぽいところに置いてありました。ヤバい職場だ。
 
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓