特集 2020年11月8日

昭和の写真を撮る(デジタルリマスター版)

昭和50年、海水浴に行った浦安で

最近とった写真がものすごく父親に似ていた。

若い頃の父親の写真にそっくりだった。服をむかし風にして写真が色あせたらどっちがいまの写真か分からないかもしれない。

どっちが親でどっちが子供か。どっちが21世紀でどっちが20世紀か。ちょっとした細工で写真が一気に昭和の雰囲気になるのは興味深い。

むかしの父親コスプレを通じて昭和の写真をとってきました。けっこうどこの家のお父さんにも当てはまる雰囲気だと思いますよ。

注) 茶色の文字で書かれたキャプションは創作です。

2007年9月に掲載された記事の写真画像を大きくして再掲載しました。

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:地味ハロウィン2020開催されました!

> 個人サイト webやぎの目

むかしの写真の特徴を考える

当サイトにもときどき古い写真が載っている。古くなったカラー写真の特徴として以下の点があげられると思う。

・赤が鈍い色に
・全体に青かったり黄色かったり
・フチ+日付がある
・ざらついている

全体に彩度が低い。これらを参考に画像加工ソフトで写真を加工してみた。

001.jpg
ことしの7月、新橋のお祭りで
002.jpg
昭和51年6月

けっこう昔っぽい写真になったと思う。あとはポーズと服装だ。

 

むかしの写真には照れがない

むかしの人はみなポーズを決めているのだ。

ポケットに手を突っ込んだり腰に手を当てたり。ピースではなく、全身でポーズ。石原裕次郎の影響だろうか。カメラに正面から向き合っていてカジュアルな表情を撮ろうなんて意識はゼロだ。

今回、記事を書くにあたって僕の周りの30代に聞いてみたがどこの家も両親のむかしの写真はかっこつけていると言っていた。よかった、うちの両親だけじゃなくて。

ポーズを変えてみよう。

003.jpg
2007年の僕。
004.jpg
1977年の僕。

ついでに服装も変えた。

むかしの父親風の服を古着屋で買ってきたのだ。細くてぴったりしてる。ズボンはすそが広がっていてかっこいい。左のいまの僕がはいているような破れたジーンズなんてはくわけがない。ましてやニットキャップなんて、である。

白シャツのほか、茶色でコーディネートした服も用意した。秋の父である。

005.jpg
もうこれだけで昭和の海だけど

肩にジャケットをかけた堂々としたポーズ。これだけでじゅうぶん昭和な雰囲気だが、写真を加工すると………

006.jpg
会社の慰安旅行で訪れた真鶴にて

ポケットにウイスキーを忍ばせてそうな写真になった。

髪型もぴっちり。きっちりしていることがかっこいいのだ。そういえば父は僕の髪が長いと「なんだその病人みたいな頭は!」と言っていた。

しかし勢いあまって変態に

当時を意識してタレ目サングラスをかけたところ、むかしの人というかちょっと変態っぽくなってしまったのが気になるところだ。

007.jpg
ヘンタイ王子

タレサンは浜崎あゆみさんも愛用して流行りのアイテムになっているはずなのだが僕がかけるとアブノーマルな匂いがしてくる。

ファッションもエッジが立ちすぎると30年後には変態っぽくなるということだろうか。

では、30年前にタイムスリップして写真を撮ってこよう。

008.jpg
カルチャーカルチャーのまわりでちょっと写真撮ってきます。

ここで30年戻る

009.jpg
昭和50年。できたばかりの13号地にて

 

いったん広告です

1970年のデイリーポータルZ

古いファッションでポーズを決めればお台場だろうがどこでも昭和である。お台場には派手な色のオブジェも大阪万博に見えるし、車のショールームはモーターショーだ。

010.jpg
大阪万博スペイン館の前で。
011.jpg
晴海の東京モーターショーにて。憧れのセダン。
012.jpg
常磐ハワイアンセンターで。
013.jpg
浦安の海岸で。このころはあの辺の海もまだ泳げた。

だんだん興じてきてノリノリでポーズをとっていたら「デイリーポータルZのひとですよね」と声をかけられた。サイトを見てくれているそうだ。ありがたい。

014.jpg
でもこんな状態だ

「林、ふだんはへんな服」って思ってる人がひとり増えた。

 

なんでも昭和に見えてくる

写真を撮っていたらたまたま走り回っている子どもが写っていた。なんの変哲もないいまの子どもなのだが、昭和が横に現れるとその子も昭和の子どもになった。おそるべし昭和の引力。

コーラやタバコもそれだけならなんてこともないアイテムだが、この雰囲気だと昭和っぽさを引き立たせている。

015.jpg
横に昭和が立つだけで三丁目の夕日に
016.jpg
瓶のコーラは1本190ml。すくない。
017.jpg
そしてむかしの人はどこでもタバコ吸っていた

僕は全く煙草が吸えないのでこの写真のためにはじめて煙草をくわえた。30年前にも煙草を吸わない大人はいたのだろうか。


写真がフイルムだからか

写真がフイルムだと1枚のコストは高いし、フイルム1本で24枚しか撮れない。観光地でカメラの正面でポーズを決めているのはそのせいかもしれない。一回勝負の緊張感。

しかし今回の昭和写真は顔に力を入れて撮ってみたのだが、本当のむかしの写真のように大人っぽくならない。同い年ぐらいだと思うのだけど。

018.jpg
むかしの人、自動改札に驚く

2020年から追記

この記事を書いたのは2007年、平成19年でした。途中の「2007年の僕」の写真のニットキャップとジーンズがなんとも平成っぽい。

昭和を懐かしがっている平成の人もまた懐かしいという複雑な記事になってしまいました。

いまなら「平成の写真を撮る」って記事ができるかもしれないですね。プリクラかな。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ