はげます会限定記事(途中から有料) 2023年1月31日

1.8kgのすげえでかいポーク缶がある生活

そそり立つポークタワーを刮目せよ

味付けされた加工豚肉の缶詰、ポークランチョンミートこと「ポーク」。

沖縄では様々なメーカーのものを総称して「ポーク」と呼んでいるが、本土では「スパム」の呼び方のほうが馴染みがあるだろうか。
一般的なポーク缶のサイズは300〜400g程度なのだが、先日訪れた業務スーパーで1.81kgというすげえでかいやつと目が合ってしまった。

※この記事は「デイリーポータルZをはげます会」会員限定記事です。途中まで無料で読めますが、途中から有料です。会員の方はこちらから全文をどうぞ!

沖縄B級ポータルDEEokinawaです。沖縄のおもしろネタを平日毎日更新しています。

前の記事:揚げたてを頬張れ!沖縄のスイーツ、ターンムパイ


ポークが、でかい

今では沖縄の味としてすっかり定着したポークだが、そもそもは太平洋戦争後のアメリカ統治時代に沖縄に広く普及したと考えられている。
もともと豚食文化のあった沖縄なので、豚肉の代用として使われるようになり一般家庭に浸透していったようだ。
スーパーなどで安価で手に入り長期保存が可能とあって、沖縄では常にストックしているという家庭も少なくない。
沖縄の食堂メニューでおなじみの「ポークたまご」をはじめ、チャンプルー料理や味噌汁の具、ジューシー(沖縄風炊き込みご飯)にと幅広く活用できる便利食材なのだ。

ポークたまごについては以前の記事「沖縄の食堂でポークたまご定食を食べ比べてみた」もご覧いただけると嬉しい。  

pork01.jpg
手前側に並ぶ通常サイズと比べてみてほしい

そんなポークなのだが、先日業務スーパーを訪れた際にまさに業務用の巨大なポーク缶が店頭セールで並んでいた。
重さ1810gとある。1.81kg。2kg近い。スーパーなどで売られている一般的なサイズが300〜400g程度なので約6倍だ。

pork02.jpg
片手で持つと手首がぐらんとなる

はじめは食堂を経営している人とかが買うのかな、などと冷やかし目線で眺めていたが、ふと思い出したのだ。石川さんの名作「5リットル入り、すげえでかいアイスが家にやってきた」を。
すげえでかい。それだけでなんだか日常が非日常になって愉快じゃないか。なによりこのすげえでかい缶を、この手で開封してみたい。
幸いポークはアイスと同じく食べきれなかった分は冷凍保存もできる。よし、買うか。 

開封する、その前に

缶を開ける前に、このポーク缶の重さを活かしてやってみたいことがあった。 

pork03.jpg
きゅうりよ、覚悟するがよい

冷蔵庫の野菜室から取り出したしなびかけたきゅうりに塩をまぶし、ラップをかぶせて上からポーク缶をどすん。

pork04.jpg
隣のピエトロおじさんもびっくりだ

そう、ポーク缶を漬物石がわりにした浅漬けだ。まさかポーク缶もこんな用途にされるとは思ってもみなかっただろう。

pork05.jpg
見えるだろうか、バットの端にたまった水分を

冷蔵庫に入れて半日ほど寝かせると、ほどよく水分が抜けて美味しいきゅうりの浅漬けができていた。 

いよいよ開封の儀に移る 

pork06.jpg
久しぶりに見るアレ(なんと言うのだろう?)に心躍る

最近の缶詰はプルトップが主流となり、この鍵状のものをクルクル回して巻き取って開けるタイプの缶詰は最近めっきり見かけなくなった。
巻き取り型の代表格だった「ノザキのコンビーフ」も、2020年にこの巻き取り型缶詰の生産終了を発表。新素材のパッケージに移行し大きな話題となった。 

pork08.jpg
第4コーナーを曲がればクライマックス

久々のクルクル体験に心が躍る。慎重に、慎重に。
息を殺してクルクルすること数分。軌道をそれることなく最後まできれいに巻き取りきることができた。

pork09.jpg
MOMAに展示されていてもおかしくない美しさ
pork012.jpg
缶を逆さまにして少しずつ上に引っ張っていくと・・・
pork13.jpg
すぽん!

もしうまく抜けなかったら缶からほじくり出さないといけないのだろうかと案じていたが、油分が多いせいか存外に滑りが良く最後まできれいに抜けてくれた。 

pork14.jpg
いやはやきれいに抜けたもんだ

ポークタワー現る 

pork15.jpg
改めて、でかい

でかいポークをしばし鑑賞するとしよう。

缶の形状そのままの完璧な角丸四角柱。ポークタワーだ。ターンテーブルにのせて回したくなるほどの美しさだ。
もし筆者に仏像を彫る趣味があったならば、即座に彫刻刀を取り出していたことだろう。 

pork16.jpg
反射した姿も美しい。逆さ富士にも負けていない
pork17.jpg
ちょっと味見をね、しましょうね

そそり立つポークタワーの上部を薄くスライスし、フライパンでこんがり焼いていく。

pork18.jpg
お行儀悪いがそのままかじっちゃう

わっはっは、うまいうまい。
焼いたことで表面がカリッとなり、ジャンクな旨味の詰まった油がじわっと溶け出してくる。これはとんだ飯泥棒じゃないか。

pork19.jpg
家族が見たらいったいなんだと思うだろう

食品保存用袋に入れて次の出番まで冷蔵庫で寝かしておく。
隣に並ぶ調味料たちに温かく迎え入れられて心なしかポークも嬉しそうだ。

 

 

一般公開はここまでです。会員の方は全編へどうぞ! → 続きを読む 

気になる方は入会をご検討いただけたらうれしいです。 → 入会ご案内

またにしまーす! という方も、会の存在だけでも知っていただけたらこれ幸いです。 → 「はげます会」とはいったい何なのか

はげます会_bt_20220201.jpg

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ