あぶなく忘れるところだった平成を思い出す 2019年4月29日

シングルCDの謎の下半分を折りまくる

平成ってCDが売れまくった時代、だった気がする。今と違って。ミリオンセラーが出まくり、シングルも売れまくっていたもので、みんなも何かしらは買ったことだろう。

そんなシングルCDって、パッケージが(今は正方形だけど)昔は縦長だったのだが、ずっと気になっていたことがある。なんだかシングルCD納入部の下半分に、謎の板が付いていたのである。まったく使い道のない不要な存在感にて。

アレは一体なんだったのだろう。

そこで今回は、平成というシーンに引導を渡すためにも、今こそアレを折りまくってみたいと思うッ!(そして折りまくることでその存在意義が今明らかに!!)

※この記事は2019年のゴールデンウィークとくべつ企画のうちの1本です。

多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:「万葉集」的に「令和」なら「多摩」でもいいのでは

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

a01.jpg

a02.jpg

a03.jpg

a04.jpg

a05.jpg

a06.jpg

a07.jpg

a08.jpg

a09.jpg

a10.jpg

a11.jpg

a12.jpg

a13.jpg

a14.jpg

a15.jpg

a16.jpg

a17.jpg

a18.jpg

a19.jpg

a20.jpg

a21.jpg

a22.jpg

a23.jpg

a24.jpg

a25.jpg

a26.jpg

a27.jpg

a29.jpg

 
はい、以上いかがでしたでしょうか、今週の「いきなり神田川」。今こそシングル聴きましょう。よろしくお願いいたします。

zz.jpg

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓