ちょっと聞いてよ 2022年12月1日

うちの横をアライグマらが歩いている

自宅の横をいろんな動物が通る。

変わった動物が登場するし、ワイルドなのら猫の姿も撮れたので見てほしい。
 

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:芝公園のペリー像が似てない

> 個人サイト webやぎの目

まずアライグマ

夜、カーテンを開けて仕事をしていたら視界の脇で動くものが見えた。見るとタヌキのような生き物がこちらを見ている。

しかもiPhoneを掴んで写真を撮るまで待っていた

あまり警戒しているようすもない。

驚くとフリーズする生き物がいると聞いたことがあるが、これがそうなのかは分からない。でも勝手に家の横通っておいて驚くもないだろう。
顔としっぽの縞模様がくっきりしていて、身体は太いが手足はキュッと締まっている。

調べたらタヌキではなく、アライグマだった。

言っておくがうちは世田谷である。駅で言えば経堂だ。環八の内側にもアライグマがいたとは。またアライグマが見たくて窓の外に向けてカメラをセットしておいた。

するとまた現れた。

あ、また出た!でも顔の模様が違うな

ハクビシンだった。ハクビシンはバルコニーでくつろいでいたら一度見かけたことがあったが、よく来ていたのか。よく来るなら言ってよ。

しかも何か食べていた

除草されたあとなのでほとんど何もない。わずかな冬芽だろうか。ハクビシンはこれを含めて2回登場した。 

使っているカメラ

atom cam2というカメラ

動いているものがいたときだけ録画してくれるカメラで、なぜか3480円という激安価格で売っている。
動きがあるとスマホに通知が来るのでいつアライグマが来てもOKだ。

日々、こうして窓の外を監視している

窓の外はマンションの中庭で居住者も立ち入ることができない。だから意外な動物が行き来するし、管理会社が除草をサボるとジャングルみたいになる。

 

雑草をひと月撮り続けたのもここだ。雑草も好きなのでうちの前だけ除草しないでもらいたいと思っている。

013.jpg
夜は動物たちが警戒しないようにカーテンをしめている。

毎日朝起きたらマネーフォワードで株価を見るよりも先に動物が写ってないかチェックしている。 

いったん広告です

のらというか、野生の猫

夏にカブトムシを撮ろうとしたこともあった。このときはバルコニーにカブトムシ用のゼリーを置いてカメラをセットした。

カブトムシじゃなくても、うまいゼリーに群がるカナブンでもいい。ゴキブリだったら嫌だなと思っていたら。

ネズミが写っていてドン引きした

バルコニーとはいえネズミいるのかよ!台紙もゼリーもカメラも消毒してふて寝した。うちには入り込んでいるようすはないのでいないと信じたい。

窓の外にはよくのら猫が通るので、あいつらただ歩いてないでねずみ捕まえてくれればいいのに。

でかい猫がのすのす歩いている
レギュラーはたいてい3匹ぐらい

だが、ある日、通った猫の映像を見るとなにかくわえていることに気づいた。

これ、ねずみじゃないかな

本当にねずみを捕った。この調子でがんばってもらいたい。

僕がリモートワークしている横でアライグマやハクビシンが現れ、猫はネズミを捕っていたのだ。

野生、である。 

ネズミを捕った猫がうちをチラ見して通り過ぎていた

 これからも野生動物をチェックしていく次第である。

キジバトもよく来るがよくカモフラージュされているのでカメラが気づかない
014.jpg
ハクビシンがいたあたりに警戒している猫もいた。匂いが残っているのかもしれない。
▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ