特集 2018年11月27日

銭湯の開店準備をした後のお風呂が最高すぎる

銭湯の開店準備を実際にやってみたら銭湯のありがたさに気付きました

ときどき思い立ったように銭湯に入りたくなる。2年前まで住んでいた家が、引っ越してから1ヵ月くらいお湯が出ないというボロアパートで、その間は銭湯にお世話になっていた。その頃の名残なのか定期的に銭湯に入りたい欲が湧きあがるのだ。

何と言っても銭湯は気持ち良さが違う。家のお風呂にはない開放感が味わえる。そんな銭湯の気持ち良さをもっと味わうにはどうすればよいのか。大事なのは苦労することだろう。自分で打った蕎麦は美味いし、自分で稼いだ金は尊い。この理論でいけば自分で開店準備した銭湯は気持ち良いはずだ。

最高の気持ち良さを求めて、銭湯の開店準備を体験させてもらった。

1992年東京生まれ。普段は商品についてくるオマケとかを考えている会社員。好きな食べ物はちくわです。最近子どもが生まれたので「人間ってすごい」と本気で感じています。

前の記事:夜の美術館のカッコよさを伝えたい

> 個人サイト 日和見びより

地味だからこそ伝わる大変さ

今回、銭湯の開店準備を体験させていただいたのは高円寺にある小杉湯さん。

002.jpg
高円寺駅から徒歩5分、THE銭湯という風格を漂わせている

この小杉湯は銭湯好きの間では「交互浴の聖地」として有名なのでご存知の方もいるかもしれない。その他にも営業前や定休日に銭湯関係のイベントを開くなど、銭湯界の盛り上げにめちゃめちゃ貢献しているすごい銭湯だ。

003.jpg
今回、開店準備を指南していただく小杉湯のみほさん(左)と塩谷さん(右)
004.jpg
体験するのは筆者(左)とDPZライターのトルーさん(右)。バイト先にいそうな2人でお送りします

準備を開始したのは12時頃、オープンは15時30分なので15時前には終えられるように進めていかなければならない。早速準備に取り掛かろう。

005.jpg
まずはバスタオルを畳むところから

スーパー銭湯ではバスタオルの洗濯は業者に任せているため既に折り畳まれた状態で仕上がってくる。しかし小杉湯を始めとした多くの銭湯では少しでも安価にバスタオルを貸し出したいという想いから、洗濯や畳む作業を自分たちで行なっているそうだ。ありがたい話である。

006.jpg
タオルを畳んで重ねていくと私にも徳が積み上がっていく気がした

タオルを畳み終えたら次は足拭きマットにコロコロをかけていく。

007.jpg
サイズが大きいのでコロコロのしがいがある

実は洗い場の床をゴシゴシ磨く、みたいな大掛かりな掃除は前日の晩の営業終了後に既に終わっている。必然的にオープン直前の準備は細々した作業がメインになってくるわけで、この記事の作業風景は基本的に地味だ。しかし地味だからこそ作業の大変さがよく分かる。地味とは身近で共感性が高いことを私たちは地味ハロウィンで既に学んでいる。

008.jpg
普通は絶対通ることのできない男女の浴室を隔てる扉を自由に行き来できるのは地味ながらじわじわと興奮する

銭湯は“数の多さ”が大変

さて次はいよいよ銭湯の裏手に回っていく。

009.jpg
一回入ってみたいと思っていた扉の向こうにいざ潜入
010.jpg
湯屋感のあふれるバックヤード!

様々な道具が揃っているが、きれいに整理整頓されている。これはみほさんのこだわりでもあり、見えてるところだけではなく裏もきれいに保つという心がけから何か一つ使ったらきちんと元の場所に戻すことを徹底しているという。当たり前だけどなかなか出来ないことの一つだ。とりあえず押入れに何でも放り込みがちな筆者は耳が痛い。

011.jpg
勝手口から外に出ると何やら家庭用サイズの浴槽が
012.jpg
浴槽の中からはお風呂用の椅子が!

お風呂用の椅子が洗剤につけ置きされていた。椅子は1週間に一度、桶は毎日つけ置きしているという。考えてみれば必要な作業だが、これまで銭湯を使っていて意識したことがなかったので、思わず「そうか、これもか…」という声が出た。やることがたくさんあるぞ、銭湯。

013.jpg
紐で縛られているとどうしても出てしまうチャーシュー感
014.jpg
この椅子は水風呂の浴槽まで運び、そこで一つずつ磨いて洗剤のぬるつきを落としていく

中腰になって汚れを落とし続けるのはかなり腰に負担がかかる。最初のタオル畳みもそうだが、一つ一つの作業自体は単純でもなにせ数が多いのだ。デイリーの記事はいっぱいあるものやでかいものに興奮しがちだが、多ければ多いほど、でかければでかいほどその裏には努力が隠れている。すげぇすげぇ言うだけではなく、もっとありがてぇありがてぇと言っていかなければならない。

015.jpg
この作業くらいからこの後に入るお風呂は気持ちいいことを確信し始めた
016.jpg
それと椅子を縛っていた紐はこういう風にかけておくと忘れてしまうことがあるので、すぐにしまおう。銭湯の開店準備をする時のために覚えておいてほしい

だんだんと疲れがたまってきたが、やるべきことはまだたくさんある。 

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓