特集 2019年5月17日

「ラーメンを頭からかぶってしまった人」になれる帽子

麺が毛糸で出来ていれば、こんなことも簡単にできる

編み物で、麺を作るのにハマり始めた。麺に乗っている具を作るのも楽しい。

毛糸で出来た麺なので、頭からかぶろうが投げようが、どうとでも扱える。「うっかりラーメンを頭からかぶった人」というような写真も好きなだけ撮れる。

きっかけは2017年末に編んだラーメンだった。

島根県生まれ。毛糸を自在に操れる人になりたい。地元に戻ったり上京したりを繰り返してるため、一体どこにいるのか分からないと言われることが多い。プログラマーっぽい仕事が本業。(動画インタビュー

前の記事:タイ米でパエリアを作りつつ、平成米騒動を振り返る

> 個人サイト それにつけてもおやつはきのこ

以前編んでたラーメン

前に「麺」をテーマに編み物作品を作った。当サイトのライター玉置さんが作っている「趣味の製麺」という同人誌に寄稿するために。2017年末のことだ。

帽子にもお面にもなる麺を毛糸で編んで、それをマンガっぽくまとめてみた。

001.jpg

このとき編んだ麺がこちらだ。チャーシュー、なると、味付け卵、メンマ、海苔、ネギ。

「肉の脂身をどんな層にしてやろうか」とか、「味付け卵の色は卵がまあまあ染みた感じにしてやろう」とか、そんなことを考えつつ作っていくのが好きだ。

002.jpg
味がよく染みた油そばっぽい見た目になった
003.jpg
溢れ出る、麺

ちょっと前(2018年末~2019年始)に地元である島根のギャラリーの一角を借りて、小さな展示イベントをやったのだが、そのときにこの麺はかなり活躍してくれた。

お客さんたちが進んでコント的な写真を撮りたがってくれたのだ。

004.jpg
「おっとっと……こぼれるーー!!」(これは自分。後ろにちらちら写ってるのは展示物)
005.jpg
子供ウケがよかった。お面はずっと前に編んだ般若。どうでもいいが、麺とか面とか紛らわしい

麺を使って存分に遊んではもらったが、だんだんこれひとつだけでは物足りなくなってきた。

このラーメン以外にも、もっと他の種類の麺も作ってみたい。

えび天入り具だくさんうどんを編む

日本でメジャーな麺というと、とりあえずラーメン、うどん、蕎麦あたりだ。

なので、つぎはうどんを作ることにした。

006.jpg
器から編み始める
007.jpg
和風の土の器っぽいテイストにしようとしたが、なってるだろうか……

器が出来たので、スープを入れて、そこからニョロンと一本うどんを生やしてみる。

008.jpg
ニョロン

欲を言うと、もっとスープに透明度が欲しいところだが、そこは仕方ない。麺を増やしていこう。

009.jpg
麺よ、増えろ

つぎは具を作っていく。

まずはこんな感じに幼虫のようなかたまりを編む。そしてちょっとほわほわ気味の毛糸を用意する。

010.jpg
幼虫のようなかたまりとほわほわ気味の毛糸

このほわほわの毛を幼虫っぽいやつにまとわりつかせ、更にオレンジ色のしっぽを付けると……

011.jpg
えびの天ぷら

ほかには油揚げ、かまぼこ、ネギなど、うどんに入っていそうな具も追加した。

012.jpg
うどんの麺って、実際はこんなに白くないだろう……とちょっと思うがまあいいか

ついでにずっと前に作ったものの、特に使い道がなかったきのこも投入してみた。

明らかに食べられる柄じゃないが、意外と馴染んでいる。

013.jpg
たぶん食べたらアウトなやつ

シンプルなざるそばを編む

つぎは蕎麦を編んでいこう。こちらも容器から編む。

最初に座布団のようなものを編み……

014.jpg
小さい座布団っぽいものを編んだ

この上に、すだれっぽいものを装着させよう。本当のすだれは取り外せるが、今回は取れて欲しくないのでくっつける。

015.jpg
すだれがくっついた

そして器の壁面をつける。これで蕎麦の器っぽくなってくれるか。

016.jpg
蕎麦の器っぽくなった

またこの器から生えてるかのように蕎麦を装着。その上に海苔をかけると……

017.jpg
うどんに比べ、だいぶ質素(この写真、なんでこんなに台も壁も写ってないんだ……。浮いてるっぽく見える)

ラーメンやうどんと比べるとかなりシンプルだが、これで完成としよう。

なんとこの蕎麦、ひっくり返すと角帽のようにも使うことができる。このまま外出しても意外と大丈夫なんじゃないか。

試しにライターの江ノ島さんにかぶってもらったら、こういう学生に見えた。違和感がまるでない。

018.jpg
似合いすぎ

ショートコント風に遊んでみる

これまでに作ったラーメン、うどん、蕎麦をすべて使うと、こんな遊びができる。

019.jpg
「お待たせしましたー」
020.jpg
「うわっ、つまづいた!!」「ギャーーー!!!」
021.jpg
(スローモーション)
022.jpg
「アアアアアアアア……」

ちゃんと麺をうっかりかぶってしまった人に見えるし、扱い方によっては躍動感も表現することができる。いい感じじゃないか。

部屋も汚れないし、思いっきり投げても壊れることもないし、身体に装着もしやすい。これは意外と小道具としてもいけるのでは!? そんな需要がどこかにあればいいなと思う。


増やしたい、麺

3種類できたところで、他の麺も作りたくなっている。つぎ作りたいのはナポリタンだ。沖縄そばもいい。最近、どういう麺なら作りやすいだろう? と、編み物視点で麺を見てしまいがちだ。具を作る楽しみもあるので、今後もバリエーションを増やしていきたい。

 

結彩の蔵 ラーメン鉢 赤巻三ツ竜 6.8寸 切立丼 ト688-086
結彩の蔵(Yusainokura)
売り上げランキング: 11,420
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓