ちょっと聞いてよ 2022年11月16日

生タイプラーメンのゆで汁がコーンスープの味

スーパーなどで必ず売っている生タイプのラーメン。あれをゆでた汁が、なぜか「コーンスープ味」だという事実に、ついに行き当たりました!

1978年東京生まれ。酒場ライター。著書に『酒場っ子』『つつまし酒』『天国酒場』など。ライター・スズキナオとのユニット「酒の穴」としても活動中。

前の記事:柚子胡椒が柚子胡椒じゃないことに気づいたので真の柚子胡椒を作ってみた話


犯人はいたって明快

何年も前から気になっていたことがあったんです。

僕は、各種具材をこんぶなどのだしとお湯で煮るだけの「水炊き鍋」が好きで、昔からよく家で作っては食べていました。そのシメに、ごはんでもうどんでもなく、生タイプの中華麺を入れたときだけ、なぜか鍋の汁が最終的に「コーンスープ味」になるんですよ。

料理や化学に関する知識がなく、ずっとその理由はわからないでいました。ただ、毎回必ず、それをやったときにだけ、コーンスープの味は感じる。僕は長らく、その犯人は「白菜」だと、なんとなく思っていたんです。煮崩れてくたくたのとろとろになった白菜の芯。細胞壁すら壊れてしまったそれが、中華麺のなんらかの成分と反応し、コーンスープ風味になるんじゃないかって。

ところが、それは間違いだったということに最近気がついたんです! というか、タイトルにもあるとおり、ずばり、生タイプラーメンのゆで汁、それ自体がコーンスープ味だったんですよ!

かんすいが怪しい

01.jpg
こういうラーメンの
02.jpg
こういう麺

通常は、麺をゆでたらゆで汁を切って捨て、別に沸かしたお湯で、スープを作って合体させますよね。

03.jpg
そう書いてあるし
04.jpg
ところが
05.jpg
麺をゆでた
06.jpg
このゆで汁

ざるかなんかで麺を受け、ざーっとシンクに捨ててしまうんではなくて、試しにとっておいてみてください。で、それをマグカップかなんかに注いで、飲んでみてください。

07.jpg
生タイプラーメンのゆで汁

これが、

08.jpg
なぜかコーンスープ味なんですよ!

もちろん、味はうっす〜いけどね。

だけど、ほのかな塩味と、どこからやってきたのかわからないコーン風味で、なんだか妙に癒されるんですよ。これが。

原因として考えられるのはやはり、

09.jpg
中華麺ならではの食材、「かんすい」の存在

これが、熱を加えることによって、小麦やら塩やらとなんらかの化学反応を起こし、とうもろこしと似た風味、香りになるんじゃないかと思われます。

とはいえ、僕が予想できるのはそこまで。あとのことは、そういうのに詳しい人に任せた!(っていうWEBの記事、あんま見たことないですが)

いったん広告です

ゆで汁ラーメンも作ってみよう

パッケージのとおりにこのラーメンを作ると、スープの様子はこんな感じ。

10.jpg
どこまでもクリア

ここにいつもはなんらかの野菜を加えて食べたりするんですが、今回は検証の意味もあり、完全なる“素”の状態で作ってみました。これを食べてみてびっくりしたんですが、ただの素ラーメンなのに、ちゃんと鍋で炒めた野菜の旨味みたいなものをしっかりと感じるんですよね。これだけでちゃんと、タンメンを食べている気分になるというか。すごいな、マルちゃん。

が、せっかくのコーンスープ風味のゆで汁です。もう、スープ用に別でお湯を用意するなんてことはせず、

11.jpg
麺をゆでた汁に直接タレと調味油を入れちゃいましょう
12.jpg
ゆで汁そのままラーメン

さっきの素ラーメンと比べると、あきらかに白濁感あり。

13.jpg
とろみもある

この、ゆで汁そのままラーメンが、キリッとしたタンメン味にまろやかな甘みととろみが加わり、なんとも美味しい。そもそもゆで汁に塩気があるので、タレの量はお好みで調整してもいいかもしれませんが。

14.jpg
缶詰コーントッピングが合いすぎる

念のため。かんすいには、とりすぎると健康に良くない影響もあると聞きます。あくまで自己判断で、個人的にたまに味わうぶんには、好きですね。ゆで汁コーンスープ風味ラーメン。

15.jpg
ちなみに、パスタのゆで汁はコーンみゼロでした
▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ