特集 2020年6月1日

通知バッジを森羅万象に付ける

右上に燦然と輝く赤いそれは単なる数字という枠を越え、現代人の心をかき乱す。

アプリの右上で通知の数を示すバッジだ。

LINEのバッジはお友達が多い証であり、

Twitterの大量バッジはバズった証であり、

メールに大量のバッジは仕事が滞っている僕である。

 

1984年生まれ岡山のど田舎在住。技術的な事を探求するのが趣味。お皿を作って売っていたりもする。思い付いた事はやってみないと気がすまない性格。(動画インタビュー)

前の記事:取り壊しが決まった淡路島の世界平和大観音へ

> 個人サイト オカモトラボ

バッジとは

001.jpg
iPhone用アプリの右上についている赤い丸と数字。今回はこれについて話そう。

まるで啓示のように、ときおりアイコンの右上に現れる赤い丸と数字。スマホを使っている人ならば見たことがあるだろう。

しかし、これが「バッジ」という名前であることはあまり知られていない。

改めて説明するまでもないが、この「5」はアプリ内でユーザーに向けたお知らせが5件ある事を意味している。

この時はヤマト運輸からの「荷物が届く」と「PC版LINEでログインした」だった。

アプリを開かなくてもアプリ内の大まかな情報を知る事ができる。

028.jpg
Googleが提供するスマホ用OSのAndroidのバッジ。

Androidにもバッジがあるが、Android のバッジには数字が無い(設定を変えると数字を出す事もできる)。しかしやはりお知らせがあるかどうかが、アイコンの右上に現れる。

僕はこの小さなマークが気になって仕方がないのだ。

バッジはアイコンの進化

僕はアイコンに特別な思い入れがある。小学校低学年頃、初めてマウスを目にした時の衝撃は忘れられない。

それまでパソコンの入力はキーボードのみだった。初めて見たマウスはキーボードに比べてはるかに小さく、ボタンの数も少なく、どう使えば良いのか分からなかった。

029.jpg
最初、マウス対応のソフトもほとんど無かった。

マウス操作に適した「アイコン」を見たのもその頃だ。

当時はモニターの解像度は低く、必然的にアイコンもドット絵の様にガタガタだった。バッジを表示するような余地はない。

時代を経て解像度が徐々に上がってきてもアイコンは小さいままだった。その方が一度にたくさん表示できるし、アイコンはマウスポインタやスタイラス(=とがったタッチペン)で触るものだった。

しかしスマートフォンの登場でアイコンは”指で触るもの”に変わり、指の太さに合わせアイコンは巨大化し、右上にバッジが現れた。

バッジに一喜一憂する

そしてバッジはスマホ以外にも広がる。

027.jpg
会員交流サイトFacebookの画面より。

バッジの登場によってメッセージが届いたことや、投稿に「いいね」が付いたことが分かるようになる。

バッジの数字が少なければちょっと不安にもなるし、思いのほか多ければ満たされた様な気持ちにもなる。

いつしかバッジの発現に一喜一憂していた。

画面の中にとどめておくのはもったいない

そんな特別な思い入れがあるバッジだが、画面の中だけなのはもったいない。

008.jpg
パソコンでデザインを作る。

難しいところは特にない。似たフォントを探す事くらいだ。

016.jpg
百円均一で下敷きを買ってくる。
010.jpg
先ほどのデザインをプリントアウトした紙の裏に糊を塗り、
014.jpg
下敷きに貼る。
009.jpg
そして下敷きごとハサミできる。

そういえば、僕が初めてマウスを見た頃、”下敷きを切る”という行為にはもの凄い罪悪感がつきまとった。当時の僕にとって下敷きは高価なものだった。

しかし今では、眉一つ動かさず下敷きを切ることができる。

011.jpg
切り取った。
019.jpg
周りを赤色のマーカーで塗る。

どうしても外に切り残しが出来てしまうので、赤色のマーカーで周りを塗ると輪郭がはっきりとして綺麗に見える。

画面のこちら側に具現化したバッジ。

030.jpg
画面のこちら側にバッジができた。

知らず知らずの内に、僕その存在を神聖視していたようだ。

紙とプラスチック以上の”価値があるもの”が手のひらに乗っている。

015.jpg
手近な時計に貼ってみる。

そして何かの右上に付けたい衝動に従い、目に留まった時計につけてみた。

バッジが表示されたアプリを何千回、何万回とタップしてきたので、現実世界でもバッジが現れると注意がそちらに引っ張られる。

022.jpg
換気扇にも。

シルエットが長いものや細いものには合わない。なるべく縦と横の比率が違わない方が良い。そういう意味で換気扇もとても良い。

バッジを付けると、換気扇が別の世界とつながったような感覚になる。バッジは人との繋がりの象徴だからだろう。

005.jpg
エビ丼(=エビフライ丼)。秘密のケンミンショーで岡山県民が熱愛と言っていた。

食べ物につけると心なしか美味しそう。

複雑なディテールには懐かしいバッジが似合う

020.jpg
ちょっと昔のバッジ。

このデザインのバッジを見るのは久しぶりだ。

スマホが登場してしばらくの間、バッジはこの様に周りに白い余白があったし、グラデーションも掛かっていたし、数字も太かった。

032.jpg
現在のデザインに変わったのは2013年のこと。

今ではほとんどのアプリアイコンはフラットデザインと呼ばれるシンプルなデザインで統一されているが、以前はこの様に細かな質感まで描かれていた。

031.jpg
タヌキの置物もまた質感が細かい。

ディテールの細かなタヌキの置物には懐かしいデザインのバッジがよく似合う。

改めて見るとディテールの細かなデザインもかっこ良い。実際、デザインの歴史は複雑とシンプルを行ったり来たりしているらしい。

バズった気持ちになれるバッジ

021.jpg
数字が大きなバッジ。

数字が大きなバッジには特別な意味合いがある。

SNSなどに面白い内容を投稿すれば多くの人に拡散される(いわゆるバズる)。

ネズミ算式に増えた数字は「時の人」になった事の象徴だ。そんな現代のドリームを具現化した逸品だ。

018.jpg
オーストラリアお土産のコアラのぬいぐるみ。

コアラのぬいぐるみに大量の通知を付けてみると、まるでコアラのぬいぐるみがバズっているかのよう。

とある芸術家が1968年に「将来、誰でも15分間だけ世界的な有名人になれるだろう」と予言し、SNSの登場はその言葉を裏付けた。しかし、その言葉の通り注目は短い時間しか続かない。

このバッジを付ければずっとバズった気持ちでいられる。

バッジはバッジとなりうるか

012.jpg
大きいサイズのバッジを作った。

バッジを、服に付けるほうのバッジにはできるだろうか。

017.jpg
なんだろうこの残念な感じは。

ただの大きなバッジ(服に付ける方)に見えるだけでバッジ(通知の方)には見えない。

…うん、いまいちだ。分かっていたけれど。

023.jpg
カバンに付ける。

カバンに付けるのはまあまあ良かった。

モノにバッジを重ねるとストーリーが見える。

024.jpg
みんな大好きアマゾンの箱。

冒頭、ヤマト運輸からのLINEで予告されていた荷物が届く。荷物に貼ると新しい視点を与えてくれる。

この状態で届いたら再配達が5回あったかのようだ。

006.jpg
ネコが寝ている。

猫が寝ていたのでこっそり通知を付けてみる。

体に何かを乗せられた事に気づいたネコは、まず何を乗せられたのかと鼻を近づけて臭いを嗅ぐ。

007.jpg
起きた。

食べ物でないことが分かると即座に臨戦態勢に移行。

バッジを取り返そうと手を伸ばすとすかさずネコパンチが飛んできた。

皮膚科のクリニックへ行く

話は変わるが、僕はここ2年ほど汗をかいたところが痒くなることに悩まされていた。5月からその症状が出ていた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言も明け、皮膚科のクリニックへ行く事にした。

新型コロナウイルスの影響で受付には透明なシートが貼られ、マスクで顔を覆った受付のおねえさんは新型コロナ対策で待合室で待つことは出来ない事と告げ、番号札を渡してくれる。30分後に戻ってきてくださいとのこと。

そのクリニックは田んぼの中にあり、30分も時間をつぶす場所はない。

026.jpg
自動販売機のジュースにバッジが。世界はバッジで溢れている。

他の場所に行くには30分は短く、スマホで時間をつぶすのは長い。カバンの中を探すと、使い切らなかった透明下敷きとバッジを印刷した紙が出てきた。

004.jpg
マンホールのふたに通知がついている。

バッジの紙は糊がなくても静電気で下敷きに引っ付ついている。

クリニックの周りを右手にスマホ、左手に下敷きを持ち歩きながら写真を撮る僕を、同じく外で待っている人が訝しげに見ていた。

003.jpg
三角コーンにも。

30分経って受付に戻ると。

「あと15分経ったら戻ってください」

バッジが登場する以前、メールが来ているかを確認するために毎回アプリを開かなければならなかった事を思い出した。


033.jpg
駐車場にて。これも一種のバッジだ。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ