特集 2019年1月29日

並んでわかったタピオカミルクティー行列の理由

行列の先がタピオカミルクティー。なぜ今!何が起こってるんだ?

ある日行列ができはじめ、何だと思ったらその先にはタピオカミルクティーがある。そういうことが一昨年くらいから増えた。

タピオカミルクティーの流行はちょっと前じゃないか? 一体どうしてこんなことになったんだ。

行列に並んでみたらその謎も解けるかもしれない。私達の日常に隣り合わせるあの謎に迫る。

1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます(動画インタビュー)

前の記事:天然の炭酸でハイボール作りたい

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

わかりましたので報告スタイルでいきます

(5店回ってわかったことがたくさんあるので、今回は編集部へのご報告という形で記事を進めます)

ライター 大北:タピオカミルクティーが流行ってますが、うんと前にも流行った気もするし、ほんの少し前にも流行った気もする。日本がタピオカミルクティーのバグにハマって、永遠に流行り続けてる気がしていて…
デイリーポータルZ編集部 古賀:タピオカミルクティーに関しては、一回衰退したところまで見届けたぞ、という気がちゃんとしてます私。池袋のロサ会館の近くにあった店がちゃんとつぶれた。
大北行列の先がタピオカミルクティー!?
古賀なんで!?っていう
大北:前にやってなかったその番組!?って
古賀:デジャヴュですよね
大北:我々が疲れているのかもしれない。

大北:でもとりあえずあの行列に並んでみようと。金曜午後と土曜にかけて5店行ってきました。後で検索で仕入れた情報もあるのでその辺もまとめます
古賀:ウォォ、いま明らかになるんだ!タピオカミルクティーの謎が!

P1066340.jpg
阿佐ヶ谷の駅ビルに入っているゴンチャ(他にも支店あり)。台湾からの上陸店

一店目、世界1400、都内15店舗のゴンチャ

大北:まず一店目は阿佐ヶ谷駅にある「貢ぐ茶」と書いてゴンチャですね。台湾から来た専門店です。駅ビルにありますね
古賀スタバ感覚だ
大北:そうですね、スタバ感覚、まさに。
古賀:中央線沿線かあ、意外なところにあるんだ
大北:阿佐ヶ谷に行列ができてるって聞いて、意外なとこに行列できてるんだなーと行ってみたんですが世界で1400、都内で15店舗あるみたいです。

reP1066345.jpg
一番オーソドックスなタピオカミルクティーを飲んでいきます

大北:平日午後ということもあり、行列自体はなかったです。注文してすぐその場で作ってくれるるんですけど、シーリングっていうんですか、フタがピターッと密封されてたりするんです。ちょっと手間がかかってる。時間も思ったよりかかるので、行列もできやすいんだろうなと

タピオカは余るほど入れてくる

大北基本的にはタピオカは沈むものなんですが、写真では訴求したいがために上がってきました
古賀:タピオカをシズル要素にしてるんだ。それは意外!

P1066342.jpg
タピオカが超常現象で浮力を得る。シズルとしてのタピオカ

古賀:うわわわわ、タピオカ思った以上にたっぷりだ。こんなに要るっけ!?タピオカって
大北:こんなに要るっけ!?というのは今のブームの特徴かもしれません。普通こういうトッピング的に入ってるものは途中でなくなるじゃないですか。気をつけてバランスよくいこうと思ったら……ごぼっと余りました


ガムだ! タピオカはガムだ!

大北:タピオカを食べたんですが、想像より大きくて、これがまあ本当にもっちゃもっちゃしてて。ガムだ!!と思いました。ここまでモチモチのものは餅超えてガムだなと
古賀:弾力があって噛み切れないという感じ?
大北:そうですそうです、くっちゃらくっちゃら感というか噛んでる時間が一つの遊びみたいな

P1066352.jpg
こ…これは、ガムだ! もっちり超えてもはやガムレベルのくっちゃくっちゃ感だ!

古賀:ミルクティーも紅茶としておいしいんでしょうか?
大北:専門店だけあっておいしいです。今まで飲んできた紅茶よりも鮮烈な香りがしますね。あとガッツリ甘いです。ファーストインパクトがなかなか強い。甘い、そして香る。
古賀:あっ!紅茶がそんなに香るんだ!
大北:そのあとすぐにドゥルッドゥルッてタピオカが入ってくるんです。
古賀:すごい
大北:で、ガムかよってくらいもっちゃりする。なかなかに忙しいですよ。一つ一つが、お、そうきたか、みたいなのは確かにあります
古賀まさに「珍しきもの」
大北:そうですね、お殿さまも褒美をとらせたと思います。
古賀:なんか一気に「良いものなのでは?」という気持ちになってきました
大北:一つ一つ感覚を書き出したらそういうことであって、想像するタピオカミルクティーがちょっとおいしくなったくらいが実感かもしれません。

P1066348.jpg
ここは珍しくSサイズがあって少し小さい。他はTallやMからはじまって量も多い

官能的な食感

大北:古賀さんが前に口唇期の欲求を叶えるような食べ物が人気あるのでは?と言ってましたよね
古賀:食感の記事のときですね
大北:唇が喜ぶような、単刀直入に言うとエロい、官能的な食感。つるつるしたタピオカがドゥルッて入ってくと唇とか舌が喜びます。もっちゃもっちゃもまさに。これが小さいとプチプチどまりですが大きいのがまさに。
古賀:餅だともちゃもちゃしすぎ、ゼリーだとやわらかすぎる、グミだとかたすぎる、みたいな、あのへんの食感のたべものの良さが極まったのか…!!
大北:ええ、例えばおしるこじゃなぜダメなのかとおばあちゃんたちは思ってると思うんですが
古賀:思ってますかな…
大北:おしるこはストローから飲まないのでドゥルッがない。ガムくらいおしるこくちゃくちゃ噛んだら歯にくっつくと思いますね。
古賀:あと思うんですが、甘味としてタピオカミルクティーって攻撃力が低いよね。 おしるこはものすごく攻撃的。食べてて疲れますよね。
大北:いや、はたしておしるこは飲み物でしょうか?
古賀:言い出したのはお前だ!

タピオカ残ってる問題2019

大北:そして飲み終わってもタピオカ残ってる問題ですよ。ちょっとしたうれしさもあるんです。そこまで入れてくれてたの!?という
古賀:あああ~~っ。こぼれる日本酒みたいな。アトラクション性あるサービスを感じられるんだ
大北:こぼれた日本酒はあとから足せばいいじゃないですか。残ったタピオカね、けっこうしんどいんです
古賀:笑!!!
大北:ストローで狙って吸っていかないといけないでしょ。で、ミルクティーがあってはじめてドゥルっとしてたのが、タピオカだけで吸うとなんていうんですか、エアシューターみたいな。シュポッ!!って勢い良すぎてのどまで直接飛んでくんですよ
古賀:のどの奥に当たるんだ
大北:ムホッ!とむせるし、直接飲み込んで踊り食いみたいなことになる
古賀:どういう体験だ??

P1066363.jpg
タピオカが残ったものをストローで一つ一つ吸っていったが……これは苦行だ!

大北タピオカはやっぱり飲み物じゃないなとここで思います、直接飲み込むとじわーっと嫌な感じもある。なので途中からコツを編み出すんですね、吸って舌に当てて口の中に落とし込む
古賀:攻略するんだね
大北:でもそれがなかなか難しくて喉の奥をタピオカが直撃してくるんですけど、こんなことある!?って思って。女子がいっぱい並んでる飲み物が喉の奥を攻撃してくることある!?って。
古賀:みんなどうしてるんだろう、残ったものは
大北:友人の張江さんが知り合いの女の子に聞いたところ量が多いから捨てることもあるとか。
古賀:あ!そういえばわたしが好きな「すみっコぐらし」というキャラクターに「たぴおか」ってキャラがいるんですが、そのキャラは「飲み残されたタピオカ」という設定ですね。あるあるなのかも
大北:中国文化圏はちょっと残す、みたいなとこから来てるのかもしれないですね

P1066372.jpg
二店目は新宿駅ルミネ1に突如生まれた行列ジアレイに。流行の中心地と思われる

 

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓