デジタルリマスター 2023年6月20日

ざるに絵を描く(デジタルリマスター)

そうめんがおいしい季節だ。

このところ、わが家でもたびたび夕食にそうめんを食べている。天かすを入れたり、錦糸玉子を入れたり、ツナを入れたり、具をえらぶ楽しさもあって、しかもうまい。

などと書いておきながら、今回はそうめんの話じゃなかったりする。

あるとき、そうめんがすっかり空になったざるを見ていて、机に不思議な模様が映っているのを見つけた。一瞬、それが何なのか分からず、少ししてようやく意味を理解した。

まずは、何が映っていたのかということからご紹介します。

2008年8月に掲載された記事を、AIにより画像を拡大して加筆修正のうえ再掲載しました。


ざるが映し出す模様

机の上のざるが映していた模様というのは、これです。

boutou1_photos_v2_x2.jpg
ドットの粗いコンピュータ画面のようにも見える

さすがにこれだと何だか分からないかもしれないので、もうちょっと全体が見えるようにしてみると、こう。

boutou2_photos_v2_x2.jpg
こういうことなのでした

つまり、そうめんの水分がざるに残り、網目ごとに少しづつ乾いていく途中でこういう模様が見えた、ということなのだった。

boutou3_photos_v2_x2.jpg
犯人はこの水滴だ
いったん広告です

何か描いてみよう

ここからがようやく本題。ざるでこんなふうな模様が作れるなら、何か書いてみようじゃないか、というわけです。

というわけで、ざると筆、それに水を入れたパレットを用意し、金網の目にひとつずつ水滴を落としていく、ということをやってみた。最初にできたのがこれ。

zaru1_photos_v2_x2.jpg
矢印のところに、うすーく水滴がみえる

この時点では何が書いてあるのか分からない。だけど、これを明かりにかざすと、こんなふうに文字が浮かび上がってくるのだ。

zaru2_photos_v2_x2.jpg
「ざる」

分かりやすい。だれがどうみてもざるでしょう。

そしてまた、ぼくはひとつの可能性を思う。タイプライターを渡された猿が、偶然シェークスピアの一節を書き上げる可能性はゼロじゃない。同じように、そうめんを食べ終わったざるの底に、ぐうぜん「ざる」の模様に水滴が残ることだってあるだろう。

とても長い時間がかかるかもしれないが、ぼくはそんな瞬間が見てみたい。

⏩ 次ページに続きます

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ