特集 2022年7月5日

俺たちの5大ドームツアー

全部ドームでの写真です

5大ドームツアー。選ばれし者がここぞという時にやる大イベント。

だが、言葉の意味の上だけであれば僕でもできる。きっとあなたにもできる。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:土曜のお便り 〜そもそも肉寿司を落としてない


『5大ドームツアー』という権威

5大ドームツアー。

アイドルやアーティストにとって、芸能活動における成功を確固たるものにする最後の到達点。そういうイメージがある。

面と向かって「この間、5大ドームツアーをやった」と言われたらどうだろう。

「5大ドームツアーを終えた僕と写真を撮ろう」「5大ドームツアーの疲れがとれない、肩を揉んでくれ」そんな事言われたらもう黙って従うしかない。力のある言葉だ。

ちなみにこちらの記事によると、2017年時点で嵐、SMAP、関ジャニ∞、Mr.Childrenなどが5大ドームツアー実施回数上位にいる。文句のつけようのない成功者たち。

しかし

しかし、『5大』と『ドーム』と『ツアー』、3つの単語に分解するとその権威が無くなる。

5つの、ドームの、ツアーだ。グーグルマップを開いて「ドーム」と検索する。

都内で見つけたドームたち。マンションや会社は除いた。こんなにあるんだ。

ドームとは、半球形をした屋根のことらしいが、今回はとにかく名前に「ドーム」と付いている場所を探した。そこがドームと名乗っていることに価値があるのだ。

そしてツアーとは回遊旅行、観光旅行のことだ。

そう、つまり上の表にあるドームを5つ選んで巡れば5大ドームツアーだ。僕でも5大ドームツアーができる。

開幕である。5大ドームツアーが!

【丸の内】Le Dome

先ほどのリストから回りやすい5つのドームを選んだ。

「5大」には「代表的な5つの」という意味があるが、今回は「都内で回りやすい代表的な5つ」という意味が込められている。

(都内で回りやすい)5大(名前に)ドーム(とつく場所)ツアー

である。カッコをとると5大ドームツアーになる。

最初のドーム。丸の内にあるセレクトショップ、Le Dome(ルドーム)

このお店の何がドームなのか、または僕の思うドームとは違う意味なのか、調べたが分からなかった。 

そして今回の5大ドームツアー、人を呼びました。

デイリーポータルZライターのりばすとさん(左)と米田梅子さん(右)。ドームツアーなんだからメンバーがいた方がいいだろうと思ったのだ。

すっかり出演する側の気持ちでいたら米田さんはドームツアーのお客さんの仮装をして来てくれた。でもマイクも持ってきてくれている。小道具は演者。

「ドームツアーをしましょう」と言われて演者マインドで来る人と客マインドで来る人がいる。心理テストみたいだ。

とにかく最初のドームに入る。

筆者(トルー):店内も球体とかないですね。

りばすと:でも良いドームだなあ。きれいで過ごしやすい

米田:思ったより入りやすいところでしたね

りばすと:あ、でも値段は優しくないな。ドーム価格だ

トルー:ドーム価格か、そうか、ドーム価格だと思えばね

米田:そうかそうか

ありがとう!

合成みたいな写真が撮れた。「よし」と言って次のドームへ向かう。こんな感じで各地のドームを巡る。待っていてくれよな! 

いったん広告です

【築地】タイムドーム明石

道中でドームツアーをやる僕たちの設定(楽器とかグループ名とか)を考えてみたが、特に決め手のないまま会話が流れていった。

『5大ドームツアー』を単語で分解してその概念だけなぞる僕たちもまた、概念みたいな存在なのかもしれない。『移動する点P』みたいな。

狭いファミリーマートの入り口を見たり
マジのドームの雰囲気に慄きながら(築地に読売旅行の本社があった)
着きました!

タイムドーム明石は別名中央区郷土天文館というところで、郷土資料の展示室と区民ギャラリー、そしてプラネタリウムがある。多分プラネタリウムを指してドームと言っているのだ。

ちょうどイベントが始まる時間だったみたいで、子どもたちが続々とタイムドーム明石に入って行くのを見た。

その活気を見てりばすとさんが「良いドームだ…」とまた感心し、米田さんは館内の七夕飾りの、ぐじゃぐじゃと描かれた短冊を見て「良い…」と呟いていた。

衝動を感じる。
館内でも写真を撮ってもらった。

展示も見たかったが時間の関係で諦めた。次のドームへ急ぐ。待ってろよ! 

【汐留】Shiodome

次のドーム、新橋にあるRock Bar 童夢への移動中、電車中の電光掲示板でりばすとさんが見つけた。

「汐留(Shiodome)ってドーム(dome)入ってますね」

膝の力が抜けてその場に倒れそうになった。完全にdomeと入っている。

この素晴らしい発見を放ってはおけないと思い、汐留駅で降りてここを3箇所目のドームとすることにした。 

ありがとうShiodome!

やはり僕たちはただ概念から概念を移動する点Pではない。主体的に意志を持ち、汐留からドームを見出すことだってできる、5大ドームツアーの主催者なのだ。 

人の意志の素晴らしさを教えてくれた3つ目のドーム。
そして3つ目のドームから、仕事で遅れていた江ノ島さんが参加。ドームツアー中にメンバーが増えるアーティストっているんだろうか。
いったん広告です

【明治神宮外苑】神宮バッティングドーム

汐留からドームを見い出し、4人組になった僕たちは次のドームを探しながら歩いた。喫茶店のドトールを見て「ドトーム」と呼んでみたり、「106」という数字を「ドーム」と語呂合わせしたりした。

「このクリニック、ドームにありますよ! ほら、電話番号の下の住所が!」「本当だ!」
ドームを探しながら予定していたドームへ向かう。

青山一丁目の駅を降りたところでKnollというインテリアのショールームがあった。

トルー:クノールはかなりドームだなあ(正しい読み方はノルでした。この時は間違えてしゃべっています)

りばすと:クノールはかなりドームですね

トルー:ですよね、音の響きが。「クノール」と「ドーム」って

米田:あ、ちょうちょ

トルー:ちょうちょはドームじゃないかなあ

りばすと:ちょうちょはドームじゃないですね

米田:珍しいちょうちょでした

江ノ島:みんな暑さでおかしくなってるなあ…

とても暑い日だった。
そして神宮バッティングドームに着きました!

バッティングセンターにはその形状からか、ドーム球場を連想させるからか、よく「ドーム」という単語が付く。

4つ目にしてなかなかちゃんとしたドームに来れた。

じゃんけんに勝った二人がやろうということに。まず江ノ島さん。
ヘルメットしっくりくる選手権優勝でした。
016.jpg
そしてりばすとさん。
017.jpg
りばすと「そもそもおかしくないですか? あんな細い棒であんな小さい球を打たなきゃいけないって、どういうつもりなんですか?」

江ノ島さんを野球そのものとして文句を言うりばすとさん。江ノ島さんは黙って聞いていた。

うっかり楽しく遊んでしまったけどこれは5大ドームツアーで、次がいよいよ最後のドームである。待っててねー!

いったん広告です

【秋葉原】昌平童夢館

秋葉原にある小学校、図書館、児童館などが一緒になった複合施設。米田さんが検索で見つけてくれた。

左が昌平童夢館。連絡通路の先には公園がある。
「童」の「夢」でドーム。
最後のドーム! みんなありがとう!

最後のドームなので客席にTシャツを投げたりしたかったが、ここは小学校であり図書館なのだ。童夢館の皆さまを脅かしてはならないと思い、僕だけが図書館に入って、記念に本を借りてきた。 

かなり悩んだ。待たせてごめん。
020.jpg
『本当にあった? グリムドーム』とー
『ボーイズドーム』とー
022.jpg
『アノニマス・ドーム』とー
『ドームの休日』借りてきた。

ありがとう!!

以上が『俺たちの5大ドームツアー』のレポートである。

これであの憧れのセリフ「この前の5大ドームツアーでさー」を言うことができる。状況が許す限り言っていきたい。

023a.jpg
みんなありがとう!!

パンケーキ食べた

打ち上げということででかいパンケーキを食べた。

ドーム状のパンケーキ
りばすとさんの頼んだやつが特にドームだった
暑い中たくさん歩いたのでみんなスイスイ食べて飲んでいた。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ