特集 2019年4月23日

選挙運動真っ只中、おれも自分のたすきを作って街に出る

自分の名前のついたタスキをかけていい選挙運動期間は自意識の確変だ!

ある日自分の名前を大声で連呼するものが現れはじめた。選挙運動期間が始まったのだ。

候補者は選挙前の一定の期間だけ名前のついたタスキをかけたり拡声器で名前を連呼したりできる。

そんなことやったことあるだろうか。自意識が確変中みたいな状況ではないか。自分のタスキを作って選挙運動中の街を歩いてみた。

1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます(動画インタビュー)

前の記事:駅前に自転車を置くとカゴにゴミが集まるが骨壷の箱を置くとどうなるのだろうか

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

「選挙へ行こう!」タスキを自作することにした

選挙運動にはいろいろあるが、一番手軽なものをと考えてタスキを自作することにした。

無地のタスキに自分の名前をカッティングシートで入れた。作ってるときから自意識はふくれ上がっていく。

名前だけだと簡素すぎるようで本物らしくなく見えた。本物は「2019年参議院選挙」など候補者であることも入れるようだ。

しかし私は候補者ではないので「選挙へ行こう!」と選挙全体の盛り上げ運動として文言を入れた。遠目に見ると候補者だがよく見るとただの選挙ファンのタスキである。選挙に行ってほしいというのはもちろん本心ではあるが、ここでは逃げ道としての意味合いが大きい。

001.jpg
タスキはもちろん業者に発注することもできるが、時間がなくて自作。カッティングシートに自分の名前をプリントした紙を貼り付け切り抜く
002.jpg
無地のタスキがパーティーグッズとして売ってたので貼り付けていく
004.jpg
小4の娘がおれの名前を連呼しながらはしゃいでいた。街の異常事態を感じ取って、気になってたのだろう
003.jpg
選挙候補者っぽい格好ってなんだろう? と考えた結果、スーツっぽさと目立つジャンパーという結果になった

選挙運動期間最終日、駅前に立つ

娘が最寄り駅ではやめてくれというのでゆかりのない街に出た。東急線のターミナル駅でもある駅前では選挙運動の声がよく聞こえる。徒歩の候補者やスタッフもちらほらいる。

チャンスだ。自分の名前の入ったタスキをかけても目立つことがない。こんなチャンスは選挙運動期間しかないのだ。 

格好はネクタイしめて派手なジャンパー。歩きやすい靴。私の考える選挙運動ルックである。さあ、自分の名前のタスキをかけるときが来た!

005.jpg
さあ自分の名前をかけてみよう。む、これは…
006.jpg
……めちゃくちゃ居心地が悪い!!
007.jpg
野良だからか!? 立候補すればこの居心地の悪さはましになるのか!?

恥ずかしさよ!

やっぱりだ。タスキをかけたところで注目されない。選挙運動最終日の駅前。自分の名前のタスキをかけてこんなに注目されない日はない。ここまではよかった。

しかしそれでも恥ずかしいのだ。 街には何人もタスキをかけた人がいるはずなのに、この恥ずかしさはなんだろうか。

ああ、自分の名前が大きい。大きい上に自分で誇示している。『AKIRA』という映画でこんな場面を見た。自意識という名のAKIRAくんはどんどん大きくなっていくのだ。

たとえば私が歌手になってCDを発売したことが大きなポスターになっていたら恥ずかしいだろうか。いや、きっと恥ずかしくない。

どうやら恥ずかしさの理由は、私が本当の候補者じゃないことからだ。一般の人がただ名前を大きく出すとものすごい自意識の膨張にさいなまれることがわかった。

008.jpg
手など決して振れない。白い手袋は手汗を止めるためのものかもしれない

 

009.jpg
駅前に候補者が立つ、
010.jpg
そしてなんにもしない。ここまでなんにもしない候補者見たことない。もう選挙に受かった感じだ
011.jpg
かつてここまでぶらぶらする候補者がいただろうか
012.jpg
あ、もう、あのひとはなにもしなくても受かるんだなという感じだ。それかただのバカか
013.jpg
他の候補者やスタッフがいると大きな緊張が走る…!! 候補者は面倒なことになるといけないのでできるだけ避けよう
014.jpg
候補者風の人は他候補のチラシをもらえないことがわかった。そして選挙以外でもコンタクトレンズのチラシももらえなかった。この時期、候補者は特別な立場を持つ
015.jpg
五右衛門のスパゲッティを選ぶ候補者の図。余裕が見える
016.jpg
八百屋の列に並んでみる。まだ当選したわけではないのに人々の気持ちを味わおうとしている
017.jpg
一方これが不動産の案内になると、この候補者は家がないのかもしれないな…と不安になる
018.jpg
自転車を駐輪禁止の位置まで持ってくると、とたんに「こんなやつは落とそう」感がただよってくる
019.jpg
そしてコンビニからアイスを買って出てくる候補者もいない
020.jpg
ベンチでアイスを食べる候補者。こいつはダメだなという感じがすごい
021.jpg
ここで状況が変わった。今まで「あ、そういう候補者がいるんだな」と特に注目されなかったのだが、アイスを食べることで途端に注目されはじめたのだ。
022.jpg
「なんだあいつは」「候補者じゃないんじゃないか」ということだろう
023.jpg
ここになぜか知り合いが通りがかり、記念写真を撮ることになった。あ、やっぱり候補者なんだなと信頼が回復した
024.jpg
ベンチの溝にゴミを詰めてみる図。こんな候補者はいないな…
025.jpg
ハトを追いかける候補者
026.jpg
「一票くれー!」こういうタイプの候補者は見たことがないぞ!
027.jpg
候補者は何をしないだろうかと考えたときに「舌を出して歩く」というのが思い当たった。すごい。こんな候補者はいない
028.jpg
知り合いが今お店をやってるというので行ってみた。洋風を物色する候補者はなかなか見ない。もっと選挙運動をしないと落ちるからだ
029.jpg
これなんか色がちょうど、おしゃれを気にしはじめる候補者。これはいない
030.jpg
あと木登りする候補者もいないなと思った
031.jpg
選挙運動最終日、日が落ちるにしたがってだれてくる候補者
032.jpg
池の水面を見つめる候補者。落ちたんだろうな……
033.jpg
こんなわかりやすく悲しい写真があるだろうか!? 供託金の三文字が水面に浮かぶ!
034.jpg
他にもいろいろわかったのだが、ビールを飲んでる図はそこまで変でもない。おめでたいことがあったんだろうなという感じだ
035.jpg
しかしこれが棒に刺さった食べ物となるととたんにこんなやつダメだ、ということになる
036.jpg
コンビニの脇で第三のビールと棒に刺さった食べ物、こんなだらけた候補者はダメだろう
037.jpg
危ない! 本物がやってきたぞ! 逃げて! 候補者!
038.jpg
ここでついに本物の候補者と対面。「どうも…?」と声をかけられることとなった

本物の候補者と酒飲んでる選挙運動ファン

とにかく街のいたるところで選挙運動はされていた。駅前を離れて公園に移動しても選挙カーが追ってくる。そして気を抜いてビールを飲んでいたとき、ついに本物の候補者とすれちがった。

タイムスリップしたとき、人はその時代の自分とは会わない方がいい。タイムパラドックスが起きるからだ。そんな緊張感があった。

基本的には候補者同士が対面すると「◯◯候補もがんばってください」という挨拶をかわすらしい。ところがこちらはただの選挙運動ファンである。

「……?? どうも?」

と言う候補者の目がまんまるだったのを覚えている。私はうなずきながらビールを飲んでいた。タイムパラドックスは起きず、世界の秩序は保たれた。

039.jpg
立候補していないが敗北感だけ味わうこととなった。

立候補するから自意識の確変が起きるのでは?

こんなにタスキをしてる人ばかりなら、自分の名前をタスキにしても目立たないだろう。自意識の確変を起こすチャンスだ。そう思っていたのだが、そこにあったのは恥の概念だった。

やっぱり自分の名前を大きく掲示するのは恥ずかしい。それは何もしてないからだ。

もしかしたら候補者も恥ずかしさを感じているのだろうか。いや、さすがにそんなことはないだろう。自分の名前が大きく出るたびに当選が近づくのだ。脳内麻薬がドバドバ出ているにちがいない。おれだおれだぞ、おれの名前がおれの名前が…と自意識を肥大させていく喜びを感じるためには立候補するしかない。

「選挙に行きました~!」に「いいね!」をもらって承認欲求を満たすことにあなたの脳が満足しなくなったら、次なる一手は立候補しての自意識の肥大遊びじゃないだろうか。

もしかしたらあの人達はそういうアブノーマルな人たちなのかもしれない。見方はなんであれ、へんなことになってるかもしれない政治はよく見ていたいものだ。

IMG_0267.jpg
タスキを買ったときに「おもしろ」だろ?と言い当てられていた

 

ライターからのお知らせ

プープーテレビの年末年始特別企画として製作した短編映画『Windows Updateは突然に』『iPhoneがバリバリ伝説』が5/7〜10上映されます!
渋谷でお昼から500円です。5/10には主演の藤原浩一と登壇します
 
 
40811_w400.jpg
『Windows Updateは突然に』より

ライターからのお知らせ2

明日のアーのコントがあります。5/24,25ユーロライブ主催の渋谷コントセンターvol.36に登場。3人の新たな俳優さんとともに30分の新作を書き下ろしています。おしゃべりとコントの間を開発したのでぜひ新しいので見てみてください。

予約方法など詳細はアーのTwitterなどで

https://twitter.com/asunoah

40810_w400.jpg

 

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓