特集 2023年12月4日

香川県、小豆島・大部港⇔岡山県・日生港のフェリー航路がなくなるので乗った

緊張の乗船

014.jpg
開口部から人、続いて車が降りる。

フェリーが接岸すると乗っていた人と自動車が降り始め、そろそろ車に戻らなければならない。

013.jpg
ナンバープレートには東京や福井、大阪など遠くから来ている車も多い。

乗船が始まり車は一台づつ順番に乗り込む。いよいよ僕の番となる。

015.jpg
どこに行けばいいのかわからん。

そろりそろりと進むとフェリーの中は外から見るよりも広い。体育館くらいあるだろうか。

016.jpg

誘導の人が大きなジェスチャーで案内してくれる。駐車場みたいに自分で駐める場所を選ぶ訳ではないのだ。

024.jpg

車を駐めるとすぐにタイヤに輪止めをしてくれる。

当初の心配に反してあっけなく乗ることができた。

017.jpg

車から降りて駐車スペースの横の階段から二階へと移動する。

いったん広告です

平成を感じる客室

011.jpg

ほぼ同じタイミングでぞろぞろと乗客が客室に流れ込むので、椅子取りゲームの要領で席が決まっていく。

010.jpg
この日のお客さんはそれなりに多い。船内は他の交通機関にはない豪華さを感じる。

久しぶりのフェリーの客室の中に入るとコーヒーの美味しそうな香りが充満している。

僕が子供のころ(平成初期ごろ)には岡山香川エリアの昼の時間帯にしきりにフェリーのCMが流れていた。

当時の雰囲気がそのまま残されている。

008.jpg

客室の中央には売店があり、小腹が空いたらお菓子やうどんなどの軽食も食べることができる。

009.jpg

そして向かいにはゴミ箱と机。小豆島の地図は色褪せている。

低い唸りを上げて船が動き出すと船内すべてのものが振動を始め、声を出すと「ワレワレハウチュウジンダ」になる。

005.jpg

あのスペースはかつての公衆電話のスペースじゃなかろうか。その横の階段はデッキへと繋がる。

002.jpg

自由に歩き回って探検できるのも船旅の醍醐味だ。

004.jpg
海の真ん中で遮るものがない開放感。強い風が吹き抜けていく。

重い扉を開けるとすでに海の真ん中にきていた。

寒いためかデッキの人影はまばらだが、大小のカメラを携えフェリーとの思い出を残している。

018.jpg

島の間を通り抜けるように進みヨットとすれ違う。

大小の島々がたくさんあって穏やか。いかにも瀬戸内海らしい風景。

019.jpg
雲に手が届きそうなほど近く感じる。

船の速度は想像以上に速く、まるで早送りの様に雲と海面が流れていく。

⏩ 次ページ:小豆島に到着!

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ