特集 2022年9月8日

修行か温泉か!秋田にある河原毛大湯滝が滝なのにいい湯

怖い!痛い!でもあったかい!

秋田にある河原毛大湯滝という滝は落ちてくる水がお湯らしい。つまり滝行してるつもりが打たせ湯になっちゃうのだ。

打たれてきました。

行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。愛知県出身。むかない安藤。(動画インタビュー)

前の記事:天然記念物はサバ缶が好き(デジタルリマスター)

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

雨天決行の花火大会がすごい

先日、秋田の大曲で開催された花火大会を見に行った。この花火大会が土砂降りの中での開催で本当に最高だった。

50.jpg
土砂降りだけどなんか文句ある?
48.jpg
関係ないよね!
49.jpg
最後は感動の涙なのか土砂降りの雨なのかわからなかったです。

だいたいの花火大会は雨天中止だろう。だって雨が降ったら見に来る人がいないから。

しかし秋田はやる。そしてみんな見に来る。

河川敷で打ち上げるので川が氾濫したら延期らしいが、それ以外は雨天決行なのだ。今年は当日の天気予報でも降水確率90パーセント。まあ確実に降るとわかっていた。それでもやるとわかっていたので近所の友だちと現地に向かったのだ。

そしたら降った。すごい降った。

大曲の花火は今回が94回目ということで、過去にはきっともっと天気の悪かった年もあっただろう。でも今年のもきっと伝説回に数えられる回だったと思う。そのくらいすごかった。花火に感動したのか雨がつらかったのかわからないが、僕はもう途中からずっと泣いていた。

いったん広告です

翌日は滝へ

明けて翌日。

秋田の雨はまだ降り続いていた。

46.jpg
それはもうきっぱりとした大雨だった​​​。

この日やってきたのは滝である。

滝なんて晴れていてもどうせ濡れるのだから雨でいいのだ。みなさんも旅行に行くときはあらかじめ濡れるのがわかっている場所に行くのがいいと思います。天気とか関係なくなるから。

43.jpg
河原毛大湯滝。

河原毛大湯滝は湯沢市にある温泉場である。

毎年大曲の花火を見に来ている友だちに聞くと、この滝は落ちてくる水が温泉なので、滝に打たれる=打たせ湯となるのだとか。

話を聞いた時にはそんな修行なのかスーパー銭湯なのかわからないようなのあってたまるかと思ったが、ここは秋田である。きのう土砂降りの中で絶好調の花火大会をやった土地だし冬には鬼が出たりもする。何が起きたって不思議ではない。

15.jpg
川にこんな注意書きがあってももう驚かない。
42.jpg
あっつ!

滝までは駐車場から歩いて15分ほどだった。雨の降る森の中を歩くのは太古に戻ったみたいでいい気分だった。

しかしである

26.jpg
ちょっと待ってくれ。
17.jpg
滝ってもしかしてあれですか?

森の奥から地鳴りみたいな音がしている。まさかあれが打たせ湯?もっとこう、銭湯にあるみたいなちょろちょろしたやつを想像してたんですが。

32.jpg
「ドドドドドドドド(安藤くん、今日はやばいかもね)」
09.jpg
「ドドドドドドド(やばいですよね)」

滝が鳴っている。

毎年来ている友だちいわく、例年は滝つぼに入って滝に打たれることができるらしい。僕もそのつもりで来た。

しかし今年は昨日からの大雨で水の量が爆増していた。あんな滝つぼ、入ったらまず出てこられないだろう。

31.jpg
ドドドドドドド!!!!!
40.jpg
ズガガガガガガガ!!!!

出てくるマイナスイオン全部つぶす勢いだ。口をぱくぱくさせながらしばらく眺めていた。

なにしろ滝の迫力に圧倒されてしまうが、周りがほんのり硫黄くさいことでここが温泉だったことを思いだす。温泉といっても施設や管理人さんがいるわけではない、いわるゆ野湯。

16.jpg
近くに更衣室だけはありました。ただ、周囲は完全なるオープンなので入る人は水着が必要です。

あまりの水の勢いに気圧されていると、一緒に来たメンバーのひとり小林さんが果敢にも滝つぼに近づいて行った。

36.jpg
しかし滝の勢いにすぐに吹きとばされる。

一緒に行った友だちは「小林という苗字のやつはだいたいああだ」と言っていた。それは言い過ぎですよ、と思ったが、そういえば僕の友だちの小林もああだなと思い当たる(非常に狭いところで話していますよ)。

小林さんだけに任せておけないので僕も滝に打たれに行った。

01.jpg
すでにずぶぬれなので上だけ脱いで入ることに。
06.jpg
このへんですでに風圧を感じる。

雨で増水したからだろうか、お湯はすこしぬるくて、長湯の苦手な僕にはちょうどいい具合だった。

ただし、滝つぼでなければ、である。

38.jpg
あ!!やばい、やばいっす!!!

強力な水圧と風圧により、真下に行くことはかなわなかったが、ギリギリまで近づくことができた。落ちてくる水が体に当たるとデッドボールを受けたみたいに痛い。頭に当たったら危険球だろう。

痛い、怖い、だけどお湯の温かさが優しい。

top02.jpg
痛い痛い痛い。温度は優しいけど痛い。

この温泉の水は強酸性らしく、目に入ると痛いし口に入ると酸っぱかった。そんな強酸性のお湯が位置エネルギーをわしづかみにして襲ってくるのだ。行く前は「修行しながら打たせ湯なんて最高じゃーん」なんて言っていたが、違う。この日の滝は完全に修行寄りだった。

みなさんも晴れが続いた後に、ぜひ行ってみてください。

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ