特集 2022年1月11日

マスクの下でドキドキお歯黒ライフ

マスクが必須の今だからこそ、マスクの下でこっそりお歯黒を楽しみます。スリル満点のお歯黒ライフ、スタートです。

大阪生まれの大学院生。工作や漢字が好きです。ほら貝も吹けます。先日、教授から「あなたは何を目指しているのか分からん」と言われました。

前の記事:すっぽんの甲羅で鎧を作る~すっぽん甲羅王への道

> 個人サイト 唐沢ジャンボリー

お歯黒への憧れを今こそ実現

私は大学で美術史を勉強しています。江戸時代の浮世絵を見ることが多いのですが、そこに描かれている女性の多くはお歯黒をしています。

2マスクの下でお歯黒 .jpg
Wikipedia「お歯黒」 より引用

それを見るたびに混乱しつつ、同時に心をときめかせてもいました。


そして最近気づいたのです。

3マスクの下でお歯黒.jpg
発見です

お歯黒をしてても、マスクをすれば出歩けます。基本的にバレることはありません。

今こそハリのないマスク生活に非日常をもたらしましょう。

お歯黒をやってみる

以前、DPZの加藤まさゆきさんが伝統的なお歯黒にチャレンジしていました。

この記事によると、昔のやり方では歯が元の色に戻らない可能性があるようです。あと、染める液体がめちゃくちゃ不味いらしいです。嫌です。

軽く路頭に迷い、ネットで「お歯黒 道具」と投げやりな検索をすると、なんとお歯黒ができる演劇用品がヒットしました!演劇用品の包容力!

4マスクの下でお歯黒 .jpg
「三善 トゥースワックス オハグロ」

伝統的なお歯黒用の液体は、古鉄をお茶などで発酵させた液体ですが、この「オハグロ」は、熱すると柔らかくなり、冷えると固着するワックスです。

しかも、歯磨きで簡単に落とせるそう。これは買いです。


さっそく手に入れ、歯を黒くしていきましょう。

5マスクの下でお歯黒 .jpg
すっぴんトゥースの私

まず、ワックスがしっかり着くように歯の表面をふき取ります。

6マスクの下でお歯黒 .jpg
ティッシュを食べてる訳ではありません

次に、ワックスをライターであぶり柔らかくします。

7_1マスクの下でお歯黒  (2).JPG
やや目がやばい

この「ライターで炙る」という過程に、何とも言えない背徳感があります。

7_2マスクの下でお歯黒 .jpg
ワックスが冷える前に塗る、時間との戦い

5分くらい悪戦苦闘して塗り終えました。


やっぱり歯が黒いと怖い。笑顔が恐怖。

初めてのお歯黒の仕上がりはコチラです。

8マスクの下でお歯黒 .jpg
笑顔が不気味

やっぱりお歯黒すると怖いです。笑顔が心なしかひきつってるように見えます。

9_1マスクの下でお歯黒 .jpg
歯茎をむき出しにするともっと怖い

歯茎のピンクと歯の黒のコントラストがなかなかです。

同じ笑顔でも、歯が黒いと警戒してしまいます。なんか今からほふられそうな気がします。

これで出歩くのは何かを失う覚悟が必要です。でも……

マスクさえすればオールオッケー

マスクがすべてを隠してくれます。

9_2マスクの下でお歯黒.jpg
がっつりお歯黒をしていても、
9_3マスクの下でお歯黒 (20).jpg
一切見えない。オールオッケー。

あたかもお歯黒などしていない人のようです。

これなら家を出て街に繰り出せます。さっそく出かけてみましょう。

いったん広告です

レベル1:近所の郵便局に行く

まずは肩慣らしです。近所の郵便局に行ってみます。

玄関を出るとき、やはり緊張します。

10マスクの下でお歯黒 .jpg
さっっっっぶい

この日は強風が吹き荒れていて、まるで「お前は家から出るな」と言われているようでした。

「すれ違うおばちゃんがエスパーだったらどうしよう」

郵便局のある商店街に近づくにつれて、どんどん行き交う人が増えていきます。

途端にドキドキしてきました。

11マスクの下でお歯黒 .jpg
すれ違うだけで不安

おばちゃんが前から歩いてくると、「あ、お歯黒してんのバレたらどうしよう」とソワソワします。マスクをしているから大丈夫なのですが、「このおばちゃんが透視能力持ってたら終わりや……」という思いが消せません。

下校中の子どもとすれ違うときも、「子どもの方が第六感持ってるって言うしな……」といらぬ勘ぐりをしてしまいます。

12マスクの下でお歯黒 .jpg
郵便局に到着、ATMで振込み

セキュリティ万全のATMでも、お歯黒を探知することはありませんでした。一安心です。「お金を振り込む」という普通のことも、お歯黒をした状態でやるとスリル満点です。

レベル2:大学の研究室に行く

行動範囲を広げてみましょう。次は大学の研究室に行きます。

移動距離が倍になる上、知人と会う確率がほぼ100%です。「レベル2」と書いてますが、心理的には「レベル68」くらいです。

何食わぬ顔で同期と談笑

研究室に行くと、一生懸命勉強している同期がいました。どこか「こっそりお歯黒をやっているうしろめたさ」が生まれました。

13マスクの下でお歯黒 .jpg
何食わぬ顔で同期の子と喋ります。

当たり前ですが、同期はお歯黒やってることに気づくはずもなく、いつもと同じように接してくれました。ふたりで仏像の話をしました。

あと、同期の目の前でせんべいを食べてみました。かなりの冒険でしたが、マスクを外す時間を短くするのがベストな世の中なので、歯が見えないようにコソコソお菓子を食べても変ではないようです。

お歯黒の文献に共感する

今度は大学図書館に行きます。自然とお歯黒に関する本に手が伸びます。

14マスクの下でお歯黒 .JPG
右:原三正『「お歯黒」の研究』(人間の科学社、1994年)
左:陶智子『江戸美人の化粧術』(講談社、2005年)

これらの本によると、お歯黒が古典にちょくちょく登場するようです。たとえば、

清少納言『枕草子』(三十一段)
心ゆくもの「はぐろめのよくつきたる」

あの清少納言もおはぐろのノリがいいと気持ちがあがったみたいです。

15マスクの下でお歯黒.jpg
「わかる~あるある~」の波

まさか、古典作品にこんなに共感できるとは思いませんでした。

レベル3:友人と食事

お歯黒をして6日もの歳月が経ちました。初めて迎える休日です。

ほどよく感覚が麻痺してきており、「仲のいい友達とならお歯黒したまま食事に行ってもええかな」という気分になってきました。

お歯黒コーデを楽しむ

せっかくのお出かけなので、お歯黒にあった服を選びます。

16マスクの下でお歯黒.JPG
ブラックのポンチョコートと黒マスクで、お歯黒との統一感を出してみました。

ファッション業界に、モノトーンコーデにお歯黒をプラスすることを提案したいです。

「怖い」以外の感想が得られなかった。

友人の四谷くんと「餃子の王将」に行きます。

17マスクの下でお歯黒.jpg
四谷くん。何しても大体うけとめてくれる

四谷くんは、すっぽんの甲羅で鎧を作った時に撮影を手伝ってくれたほどの人なので、ドン引きすることはないと踏んで誘いました。

18マスクの下でお歯黒.JPG
ちらつく歯の黒み

四谷くんが歯の黒さに気づき、お歯黒していることを知らせると、

19マスクの下でお歯黒.jpg
しっかりと「怖い」と言ってきました。

「急に非日常が目の前に現れたみたいですごく怖い」そうです。確かに、なんら変わらぬ素振りの友人の歯が突然黒くなっていたら、これを境に日常が崩れていきそうです。

20マスクの下でお歯黒 .JPG
油分で溶け出すお歯黒

「そろそろ見慣れたかな?」というタイミングで、四谷くんにもう一度お歯黒の感想を聞いてみたら、

21マスクの下でお歯黒 .jpg
やっぱり「怖い」としか返ってきませんでした。

そりゃそうですね。私はどんな言葉を期待していたんでしょうか。

いったん広告です

レベル4:電車に乗って都会へ出かける

1週間経ちました。ここらで人が集まる都会へ出かけて見ようと思います。

「お歯黒してるのに遠くへ行ってしまっている」感覚

22マスクの下でお歯黒.jpg
いつもの線路じゃないみたい

ただの最寄り駅も、いるだけでソワソワします。

23マスクの下でお歯黒 .jpg
電車が来ました

異様な笑顔で公共物と自撮りすると、爆弾魔チックで我ながら恐怖です。

乗客のみなさんも全員マスクをしているのですが、「もしや、みんな同じようにマスクの下は……?」というどえらい錯覚に陥ります。

24マスクの下でお歯黒 .jpg
大阪駅に着きました

ついに来てしまいました。頼れるものは一つもありません。

企業説明会に参加

実は、この日は企業説明会に出席するため大阪に来ました。「話聞くだけならマスク外すこと無いやろ」と高をくくっての行動です。

25マスクの下でお歯黒 .jpg
オフィス街を歩く

せわしなく歩く会社員の人たちとすれ違います。「今からビジネスの世界に足を踏み込むのか……(歯を黒く染めた状態で)」とドキドキします。

会場に着き、名前を告げて着席します。

26マスクの下でお歯黒.jpg
会場でのおとなしい私

この頃になると、お歯黒にだいぶ慣れ、誰かに指摘されることもないと分かり切っていました。


しかし、いざ説明会がはじまると、

27マスクの下でお歯黒 .jpg
めちゃくちゃ危険なことしてる気分に。

「もっともお歯黒が似合わない場所に、お歯黒で潜入しているのだ自分は」という言葉がぐるぐるします。こんな奴、どこの会社が採ってくれるのでしょうか。


変な緊張で頭がさえて、企業説明がしっかり頭に入りました。謎の効果です。

28マスクの下でお歯黒.jpg
眼鏡を拭くため「ハーっ」って息で曇らせようとして、寸手のところでやめる

危うくマスクを外す1コマがありました。慣れが生んだ危機一髪です。

お歯黒ライフを終えて

お歯黒をしている非日常感に加え、「バレたらどうしよう」というドキドキが異常でした。

武器を隠し持っているような緊張感を持てますし、最悪バレてもお縄にならない安心設計です。マスクをするあらゆる人におすすめしたいです。

29_1マスクの下でお歯黒.jpg
化粧ポーチにオハグロとライターを入れていた

あと、「歯茎の際まで黒く塗った方が美しい」「笑った時に見える歯は全部黒い方がいい」などの、どのファッション雑誌にも載ってない私1人だけの美意識が誕生しました。


黒マスクくらいの感覚になってくる

1週間続けると、「お歯黒って普通やん」とだんだん麻痺してきて、「黒いマスクみたいなもん」という脳になります。

今では、「歯を緑やオレンジにするのもアリ?」と、行き過ぎの最先端ファッションも現実味を帯びてきました。

29マスクの下でお歯黒 .JPG
お歯黒してたらイカ墨パスタに何の気兼ねもない

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ