特集 2020年3月4日

落ちてるマスク観察報告

銀座の道端で見つけたマスク。体をくの字に折って横たわっていた

道にマスクがよく落ちている。今年はマスクの当たり年のようだ。

落ちてるマスクと言っても、きれいなマスク、使用感があるマスク、何日も野ざらしになっていたマスクなど様々だ。

その様子がなんだかおかしくて、落ちているマスクを撮りためることにした。

あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。

1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。(動画インタビュー)

前の記事:山に登るなら『隠れピークハント』をしてみよう

> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

まずはザっと見てください

まずは写真を見て、落ちてるマスクを感じて欲しい。かつて、かのブルース・リーもそんなような事を言っていた。

IMG_20200301_210902.jpg
マスクが力なくグッタリしていた。コインパーキングの横に落ちていた。
IMG_20200301_210858.jpg
車の乗り降りのスキに逃げ出したか?

落ちてるマスクが春の季語になりそうなくらい、落ちている。

IMG_20200301_210814.jpg
多くの人に踏まれたのか、ぺちゃんこになっていた。

 汚れ方も様々だ。

IMG_9920.JPG
野生に放たれてから数日経った感じのマスク。
IMG_9918.JPG
上のマスクは工事用の柵の横にいました。

野生のマスクと称することにした

マスクの一生は環境によって違うが、数時間で寿命になってしまうものから、数日以上生きるものまでいる。

通常は、使われて役割を終えるとゴミ箱行きとなり一生を終える。が、まれに逃げ出して野生化するものがある。

僕はそのようなマスクを『野生のマスク』と呼ぶことにした。

IMG_2169.jpg
薄暗い道に棲息する野生のマスク。活きが良いのでブレた。
IMG_2167.jpg
夢の国の近くにいた野生のマスク。
IMG_2166.jpg
「やぁ!」って甲高い声で言いそうなマスクだが、僕の見立てでは発情期のマスクだと思う。この口の形は、そういう事だ。野生マスクの貴重な発情シーンを撮ってしまった。

大抵は使役されていた痕跡があるが、中には家畜時間が短く、すぐ野に放たれたような野生マスクもいる。

IMG_2148.jpg
大都会のキレイなビルにいた野生マスク。

慣れてくると、マスクの家畜時代がどれくらいの期間だったか分かるようになる。

IMG_2147.jpg
プリーツの感じからすると、ほぼ使われずに野生化した可能性が高い。
IMG_20200302_163343.jpg
これなども、使われずにすぐに野生化したものだろう。雨の路上で寒そうだ。

 車道の脇に棲んでいるものも多い。

IMG_20200302_195536.jpg
いずれ車にひかれてしまうのだろう。そこでついに形を失うのだ。

これらのマスクは光を、自由を追い求めて野生化したのかもしれない。

IMG_20200302_195654.jpg
毎日毎日咳を受け止める日々に嫌気がさしたのだろう。
IMG_2161.jpg
光の指す方へ逃げ出した野生マスク。

意味わかんないだろう?

IMG_2177.jpg
この野生マスクも比較的短時間で逃げ出したっぽい。道の先にある光は、ラブホテルのものだ。果たして関係はあるのだろうか。

野生のマスクを探しに銀座にも行ってみた。 

IMG_9872.JPG
心なしか歩いている人が少ない銀座の路上にも、野生のマスクがいた。
IMG_9890.JPG
冒頭に写真を載せたマスク。囁きのような切ない吐息を止めていたのだろう。
IMG_9843.JPG
みずほ銀行銀座支店の前にいた、ちょっと高そうな野生マスク。さすが銀座。
IMG_9840.JPG
銀座のカンカン娘もきっと今ならマスクをするのだろう。
IMG_9836.JPG
銀座は雨に濡れ、野生のマスクも道端で濡れていた。
いったん広告です

見間違いも多い

野生のマスク探しをしていると、よく誤認をすることがある。どういうものと間違えやすいのか見ていただきたい。

IMG_9805.JPG
思わず走って撮りに行ったら違った。
IMG_9806.JPG
正体はコレ。レジブクロマスクモドキだ。

野生のマスクを探すようになると、あらゆるものがそう見えてくる。人は見たいものを見たいようにしか見ないという寓話のようだ。 

IMG_20200302_163408.jpg
雑巾がマスクに見えた。アツヌノマスクモドキ。
IMG_9904.JPG
白いタオル。ホソヌノニセマスクだな。
IMG_9798.JPG
これも見間違えた。カサブクロマスクモドキ。
IMG_20200301_211133.jpg
絶対に野生マスクだと思ったら違った。正体はペイントニセマスクだった。

もっとも多いのは、チリガミマスクモドキである。そこら中に落ちている。 

IMG_20200301_211004.jpg
2mまで近づかないと野生のマスクと判別できない。

というように野生のマスクを見つけては写真に撮ってきたが、今のところの優勝は、やはり野生の発情マスクであろう。 

IMG_2166.jpg
優勝!

今後もたぶん撮っていきます

僕は道端に落ちてい物を撮るのが好きで、色々撮ってきた。傘、手袋、オニギリ、ネギ。最近は人骨も落ちてました(通報しました)。今後はマスクも撮っていきたいと思います。

それにしても、今年は本当にマスクがたくさん落ちています。落ちているという事は使っている人が多いという事なんでしょう。すでに花粉も飛んでいるらしいし、今後もしばらくは野生のマスクを観察できそうです。

いいんだか、悪いんだか。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ