特集 2019年3月20日

「しまうま」と見せかけて「のまうま」

まず、しまが無いんですけどね。

日本の馬で最も小さい馬は愛媛県今治に住む「野間馬(のまうま)」といって、名前がなんかシマウマっぽい。現在50頭ほどしかいない希少な馬とシマウマの違いはなんなのか?自明すぎる答えを求めて今治「野間馬ハイランド」を訪ねた。

1975年神奈川県生まれ。毒ライター。
普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。
最近バレンチノ収集を始めました。(動画インタビュー)

前の記事:ウェルカムマットコレクション

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

日本在来馬とは

ハブやら蛇やらを探して訪れた南国で小さい馬を見かけた。

002.jpg
日本の最西端、与那国島の与那国馬。
003.jpg
車道をフリーダムに闊歩する。
004.jpg
トカラ列島の宝島ではトカラ馬。

「日本在来馬」と呼ばれ古くから日本で洋種と交配する事なく残ってきた馬達で現在8種が存在している。北海道の道産子が有名だ。

005.jpg
馬の写真を持っていなかったのでこれで。

サラブレッドなどの洋種と比べると体格はかなり小型、古くから軍馬や農耕馬として活躍してきたが1960年代のモータリゼーションによる需要減などで飼育数も減少の一途をたどり、現在では各産地で保存会などの保護活動により命脈を保っている。

006.jpg
いわゆる「ポニー」とは特定の品種ではなく体高147cm以下の小型の馬の総称で、在来馬もこれに含まれる。母方の実家、静岡の伊豆にあった今は亡きスーパー「ヤオハン」の小規模店も「ヤオハンポニー」だったとよけいな情報も記しておく。

「日本最小の馬」野間馬(のまうま)

小ささが特徴の在来馬8種の中でも小さいオブ小さいのがタオルで有名な愛媛県今治にいる「野間馬(のまうま)」というシマウマっぽい名の馬らしい。シマウマはもちろんトカラ馬や与那国馬、ヤオハンポニーと何が違うのか。ぜひとも見に行こう。

007.jpg
JR松山駅。アミューズメンチュエルカム。
008.jpg
駅前の擬木ベンチがかっこよかった。今までで一番大きい画像を使ってまでして言うほどの事なのかはわからないが。
009.jpg
駅には今治タオルのディスプレイ。
010.jpg
海峡を横断して広島の尾道にぬけるサイクリングロード「しまなみ海道」を擁する今治ではいたる所でサイクリング推しである。駐車場にもバイシクルオブジェ。
011.jpg
スーパーの食品売場でもバイシクル。俺の中のフレディ・マーキュリーがうずきだす。

街をブラブラしていても特に野間馬をアッピールするような施設、メディアは見当たらない。

012.jpg
かつて村上海賊が活躍した今治はもともと港から栄えた街である。中心街から今治港に向かう道筋にいくつかの商店街が伸びている。

今治港近くの土産店で聞いたら「あんまり地元で宣伝みたいなことはしてないですね、けどみんな知ってはいるんじゃないですか」との事だった。

013.jpg
「ダーウィンが来た、あれが好きでね,よく見てるんですよ」店主が生き物にも詳しかった。いろいろおまけしてくれてありがとうございました。
014.jpg
焼豚玉子飯というローカルメニューがうますぎてアゴがもげるかと思った。
いったん広告です

街に野間馬の気配はあまりない。そんじゃあどこに行けば会えるのか。今治の市街地から車で15分ほどの丘陵地に開かれたランドにいるのだ。その名も「のまうまハイランド」

015.JPG
くにゃんとしたサインが目印だ。
016.jpg
入口の階段を一気にかけのぼる勢い、マスコットキャラクターの「まあくん」と「のんちゃん」

野間馬の保存・繁殖を目的として結成された「野間馬保存会」によって運営される野間馬の飼育・展示施設である。

017.jpg
マンホールも野間馬、のまうマンホール。

平成元年に前身の「野間馬放牧場」から整備拡張され「のまうまハイランド」として開園された。敷地内には野間馬を観察したり触れ合える放牧場や遊具、資料館が設置されている。

018.jpg
水飲み場もホースフル。
019.jpg
カバと、穴を掘って逃げようとするツチブタかな……
020.jpg
と思ったらマッコウクジラだった。

入ってすぐの放牧場ではエサを食べた野間馬達がぼちぼちぶらつきはじめていた。

021.jpg
いた!のまうま! 小さい!

だいたい皆高さ1mと少しといったところか。実際の大きさよりも顔や脚など各パーツのバランスが小さい感を強調している。

022.jpg
顔が大きくて脚が短い。
023.jpg
かわいい…
024.jpg
同じ在来馬でも与那国馬は脚が長くてスラッとしている。

間違えて子馬の体に大人の馬の首を乗っけてしまったような、コンテナをつけていないトラックのようなアンバランスさが愛らしい。

025.jpg
とっておきのかわいいピンナップ出しちゃおう。

「シマウマ?ははは、いやもう全然違うでしょう」

そんなもん話題にした事もないわといった感じで答えてくれたのは園長の小澤 剛さんである。

026.jpg
へんな事聞いてすいません。
027.jpg
シマウマと野間馬の違い:「全然違う」

「まあでもシマウマなんかは動物園で見てもどこか野性味があるけど、野間馬は人なつっこくてそういう緊張感は無いからね、そういうのは実際見てみるとわかる違いかもしれないですね」

――たしかに。野間馬はがんがんこっちに近寄ってきますね。

028.jpg
「東京から来たんすか、マジっすか」

こちらの姿を見かけたら駆け寄って来る。 

カメラに異様に興味をしめす。「ソニーのミラーレスじゃないっすか」 

「噛まれるおそれがあるので口の前には手を出さんようにしてくださいね。首の横あたりを撫でてやるといいです」

031.jpg
軽く掻いてやったり撫でてやったり。

そうかと思うと突然立ち止まってこちらに全く興味を示さなくなった。ムラッ気あるなー。

「いや。あれは寝てるんですよ、片方の後ろ足をちょっと曲げて休んでるんです」

032.jpg
現在最高齢(27歳)の「らん」、野間馬の寿命はだいたい25年ほど。

――馬は立ったまま寝るんですね。

「危険を感じたらすぐ逃げ出せるように基本は立ったまま寝ます。ただ、うちのは…」

033.jpg
ゴロン。

「安全なんでしょっちゅう座ったり横になったりしますね。時々お客さんから『牧場で馬が死んでますけど』と言われるんですが……」

――死んだと思うのも無理がないくらい弛緩しきってますね……。

034.jpg
「一見死んでるように見えるが寝てるだけです」っていう看板立てるのもアレですしね。

4頭しかいなかった

日本一小さいといわれる野間馬だが具体的にはどのくらいの大きさなのか。

「体高といって体の高さが105cmくらいから今では大きくても120cmまでいかないぐらいですね」

035.jpg
野間馬の特徴まとめ。街で小さな馬を見かけたら要チェックだ。

――何頭ぐらいいるんですか?

「今、ハイランドで飼育しているのは49頭です。一時は80頭を越えましたが、施設の規模の問題なんかもあって他の動物園に譲ったり貸し出したりしています。みんな昔最後に残った4頭からの子孫です」

――たった4頭から!

036.jpg
そういえば駐車場のオブジェも4頭だった。レジェンド達だろうか。
いったん広告です

小さい馬が残された

野間馬のルーツは今から380年ほど前の江戸時代、当時の藩主久松定行が舎弟の今治城主久松定房に命じて、来島海峡の馬島という小さな島に軍馬用の放牧場を作らせて馬を育て始めたという。

037.jpg
野間馬ハイランド内「まきば館」資料より。

――昨日馬島行ってみましたよ、何か名残りがないかなあと思って。

来島海峡の最も四国寄りにある小さな島 

「行きましたか、(馬情報は)何もなかったでしょ」

――何もなかったですねえ(笑) 

039.jpg
波止浜港から船で移動。なんで私が、馬島に(四谷学院っぽく)
040.jpg
島の上を来島大橋が通っているが島民以外は車では入れない。自転車や原付なら橋脚中央の「馬島エレベーター」で降りる事ができる。

それもそのはず、馬島なんて名前がついているがここでの放牧はエサ不足や病気のため、あえなく失敗に終わったのだ。

041.jpg
馬でなくてめっちゃ笑ってる狛犬はいた。

そこで馬を松山領の野間郡(現在のハイランド周辺地域)の農家で育て、体高が4尺(約121cm)より高い馬は買い取り、それより低い馬は農家に無料で払い下げた。こうして小さい馬どうしの子供が生まれ、また小さい馬を生み、野間馬が出来上がったのではないかと言われている。

おとなしい性格で粗食に耐え、小さい割に力もあった野間馬は農耕や荷運びに活躍していた。

042.jpg
こちらも「まきば館」展示。みかん畑で荷運びに従事する野間馬の写真。
043.jpg
当時使われていた鞍なども展示されている。

しかし、明治中頃から後期になると法律で定めた基準に満たない馬の種付けが禁止され、さらに第二次世界大戦後には冒頭で述べたようにモータリゼーションや農業の機械化によって飼育数は激減、昭和30年代にはなんと今治市に1頭もいなくなり、日本中でもわずか6頭と絶滅まったなしというところまで落ち込んだ。

044.jpg
やばいじゃないですか。

しかししかし、そのうち4頭を守り育てていた松山市の愛好家、長岡悟さんが昭和53年に今治市に全頭を寄付、すごい、ノブレスオブリージュだ。

そのノブレスオブリージュにこたえるべく、今治市は「野間馬保存会」を結成し、地域ぐるみで保護・繁殖活動に取り組んできた。

045.jpg
昭和54年以降は順調に数を回復。年上を押しのけてエサにありつく若者に苦言を呈す園長。

昭和60年に日本馬事協会より全国で8番目、つまり最新の日本在来馬として認定され、昭和63年には今治市の指定文化財に認定された。

046.jpg
乗馬体験(体重制限あり)も地元の子供達にも大人気だ。このようなふれあい促進活動も野間馬保護の啓発に役立っている。

――奥の方で飼われている馬もいますね。

047.jpg
ブリリアントな午後。

「ここではオスだけを飼っています。繁殖用の牧場で複数のオスを入れると喧嘩してしまうのでオス1頭とメス複数のグループを作り、他のオスはここで飼っています。その中でも相性があるのでさらに分けて飼わなきゃならない。馬は社会性を持った動物なので飼育下での維持繁殖にはいろいろケアが必要になります」

――あーあの更に奥にいるやつですか。

048.jpg
向かって右手のオス、唯一相性のいい馬と2頭で隔離されている。

「あれは気性が荒くて他の馬をすぐ攻撃するので離して飼っています。私も後ろ脚に止まったアブを払ってやろうとしたら胸のあたりを蹴られました」

049.jpg
「めちゃめちゃ痛かったですよ、顔だったらほんとやばかった」笑顔だけど話がこわい。

希少な在来馬、野間馬が育ち、寝転ぶハイランドで社畜が家畜から貴重な学びを得た。

「のまうまは全然シマウマじゃない」

「馬とゴルゴ13の後ろには立つな」

積極的に前に立っていこう。


ちなみに野間馬は2008年に上野動物園にも寄贈されているので上野に行けば野間馬も、なんならシマウマも一度に見る事ができるのだがやはり原産地に行く。それが私のノブレスオブリージュなのだ(なにが)

051.jpg
ノブレスオブリージュは言いたいだけです。

■取材協力

のまうまハイランド
〒794-0082 愛媛県今治市野間甲8
・入園料・駐車場:無料 ※一部有料の施設があります。
・休園日:毎週火曜日(祝日と重なった時は翌日)・年末年始
※園内入場可能ですが、まきば館、乗馬、小動物ふれあい、メロディーペットはお休みです。

オフィシャルサイトはこちら

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓