特集 2019年4月2日

ネコはいい鰹節と普通の鰹節を見分けられるのか

君らにその違いはわかるのか?

知り合いのしらす専門店がペット用の釜揚げしらす&鰹節セットを発売するという。人間でも食べられるしらすや鰹節をペット用にするなんて、なんとも贅沢な話だ。

しかもただのしらす、ただの鰹節ではない。

しらすは、おいしいしらすが獲れることで全国的にも有名な駿河湾用宗港で獲れた新鮮なしらす。鰹節は、鰹水揚げ全国一位を誇る静岡県焼津市で製造・販売されている高級鰹節を採用するという。

なんだかすごそうなのはわかったが、果たしてネコにその良さが伝わるだろうか?

発売前に実験してみた。

※この記事は4月1日はテキストなしで公開されていました(テキストなしバージョンはこちら)。

1988年静岡生まれ・静岡在住。平日は制作会社勤務、休日は大体浜名湖にいる。
ダイエット目的でマラソンに挑戦するが、練習後温泉に入り、美味しいものをたらふく食べるというサイクルを繰り返しているため、半年で10kg近く太る。

前の記事:コケリウムみたいな作品を苔を使わず食材でつくった


わたしが食べたいくらい贅沢な内容

こちらがペット用釜揚げしらす&鰹節セットの内容。

002.jpg
獲れたて新鮮釜揚げしらす。しかも新物!

通常市販されている釜揚げしらすには塩が入っているためペットには不向きだが、ペット用釜揚げしらす&鰹節セットを販売予定のしらす専門店「まるましらすや」の釜揚げしらすは塩を入れずに調理しているため、そのままペットに与えられる。

塩抜き不要で手間がかからず、しらすが持つ栄養素も損なわずに与えられるので一石二鳥だ。

そしてこちらが、実験のキーとなるいい鰹節「鰹細花」。

003.jpg
パッケージからして高級そう!

ここまでがペット用釜揚げしらす&鰹節セットの内容だが、今回はネコがいい鰹節と普通の鰹節を見分けられるか実験するために、葬式の香典返しでもらった鰹節も用意した。

004.jpg
わたしは普段からこの鰹節をいただいている。こっちだってもちろんおいしいよ

これらをキャットフードの上に釜揚げしらす→鰹節の順にかけ、準備完了。

005.jpg
出されたら人間だって普通に食べちゃうやつ

参加選手紹介

この度の実験に参加してくれる2匹のネコを紹介しよう。
2匹ともわたしの実家で平和に暮らしているネコである。

エントリーナンバー1、黒猫「ラック」。

006.jpg
オスの成猫。基本的にはなんでも食べるが、気分やなので気分がのらないと食べない可能性あり

わたしがもらってきたネコなのに、いまだに帰省すると玄関先でうなるのをなんとかしてほしい。

エントリーナンバー2、茶色いネコ「ミー」。
何猫というかわからないので、知っている人は教えてほしい。

007.jpg
メスの成猫。ずんぐりむっくりのくせに食に興味がない。ほかのネコが好むようなものもあまり食べない

ミーはわたしが撮影に追われなかなかエサを与えないため、かなり沈んでいる様子。

以上が実験に参加してくれるネコの皆さんだ。

実験開始

いい鰹節の威力を知るため、いい鰹節が入った器1つに対し普通の鰹節が入った器2つと、あえていい鰹節を不利な状況に設定した。

右の赤い器がいい鰹節。左の緑の器2つが普通の鰹節。協力者はマイマザー。

008.jpg
おーっと!既にこの時点で2匹ともいい鰹節が入った赤い器に興味津々かー!

 

009.jpg
2匹ともいい鰹節に向かったが、ミーはラックに押し切られ普通の鰹節に向かった模様

 

010.jpg
時々互いの器を気にするそぶりを見せるが…

 

011.jpg
ラックは最後までいい鰹節を守り切った

ミーが度々いい鰹節奪還を試みたが、ラックがまったく譲らなかった。もう少し優しい男になれよ。

012.jpg
いい鰹節は食べられなかったが、これはこれでご満悦のよう。食べているラックにもろかぶりだが動じないミー。邪魔だよ

普通の鰹節が1皿+ミーが残した分余ったが、ラックはいい鰹節しか食べなかった。

よって実験結果は、「ネコはいい鰹節と普通の鰹節が見分けられるが、普通の鰹節でもまぁまぁ満足するネコもいる」。


黒猫撮りにくい

実家ではこれまで3代に渡って黒猫を飼っているが、黒猫はいつまで経ってもうまく撮れない。

黒根飼い主の共通の悩みではないだろうか。

014.jpg
顔を洗う様子を撮りたくてもこの有り様。鳩サブレ―の方が目立っちゃってるよ…

まるましらすや
https://まるましらすや.com/

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓