特集 2020年2月19日

遊び方のわからない外国製ボードゲームを遊ぶ

遊び方がわからないボードゲームを解読しながらあそんだ

香港に行ったさい、港鉄(香港の地下鉄)をモチーフにしたボードゲームをお土産に買ってしまった。

ただ、遊び方の説明書が英語と中国語の2種類しかなく、英語も中国語もさっぱりわからないため、遊び方がまったくわからない。

鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。(動画インタビュー)

前の記事:ぞくぞくする難易度〜「ここはどこでしょう?」47回

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

とりあえず集まってやってみた

港鉄のボードゲームは、「PMQ元創方」という、警察の寮を改装したクリエイターのためのスタジオやシェアオフィスの集まった施設で売っているものを見つけた。
日本円で4000円近くするうえに、箱がけっこうデカかったのだが、路線図好きとしては、なかば義務感にかられて購入するに至った。

02.jpg
「港鉄沿途有礼」

「港鉄沿途有礼」というタイトルらしい。漢字のわかり具合が中途半端なので、意味が掴めそうでなかなかつかめない。礼ってマナーのことだろうか。

03.jpg
折りたたまれたボードを広げるとこんなかんじ

中にはいっているボードをひろげると、たたみ半畳分ほどの香港の地下鉄路線図が展開される。
鉄道路線図が好きで、鉄道路線図が描かれたものをあつめている身としては、買わざるをえないデザインだ。

ちなみに、香港の地下鉄構内で見かける路線図はこんな感じである。

04.jpg
海がちゃんと描かれている

地下鉄で実際に使われている路線図には、香港島と九龍のあいだにあるビクトリア・ハーバーなどの海があるが、ボードゲームの路線図に海はえがかれていない。純粋に路線図の造形だけである。

05.jpg
海はえがかれていない

さて、こうやって、ただ路線図をながめるだけでもかまわないのだが、まったく遊ばないというのも、この路線図にもうしわけない。そこで、路線図マニアであるライターの井上マサキさんと、編集部の林さん、古賀さんを呼びつけて、あそび方を解読しつつ、試しにプレイしてみることにした。

遊びかたを解読する

06.jpg
この三名にきてもらいました

西村:というわけで、英語と中国語の説明書しかないんですが……、みなさん大卒ですから、英語力と漢字の知識でなんとか、説明書を解読してプレイしましょう。

07.jpg
英語の説明書を読むインテリゲンチャ

井上:まずは、どういうゲームかの説明じゃないですかね、これは……素早く目的地についたもの勝ちみたいなことが書いてあるんじゃないかな。

林:ここas quickiy as possible……。

井上:できるだけ素早く、ですね。

林:both safely and courteously? 安全……と紳士的? 協力的?

08.jpg
最後の方なんて書いてあるかわからない

古賀:これ、協力してってことですか?

林:結構(そこを読み間違えると)根幹にかかわりますよね……。

古賀:そちらが英語を解読しているうちに、こっちは漢字を解読しましょう。西村さん、漢字得意ですよね。

西村:いや、漢字わかっても中国語はわかんないですよ……。

09.jpg
中国語の最初のページ

西村:「關於遊戯」かんおいてゆうぎ? 「ゲームに関係すること」かな。でも、なんか見たふんいきだと、このページには、具体的な遊び方は書いてないんじゃないですか?

西村:とりあえず、コマとかカード出しますか。

10.jpg
ボードの上にカードとコマを並べる

古賀:わー、かわいい。

11.jpg
コマはかわいい

井上:ディズニーランドありますね。

12.jpg
ディズニーランド

古賀:あ、ほんとだ! でも、なんか見たことない字ですね、アブラ……。

西村:アブラじゃないです。これ(迪)は「ディ」みたいに読む漢字ですね。士尼は「ズニー」でしょうね。

古賀:あー、尼僧(にそう)の尼(に)ですね。

ボディランゲージ

西村:カードが複数ありますけども……。どのカードがなにをするのかがわからないですね……。

13.jpg
カードは何につかうのか

西村:手のマークが付いてるやつは、35張客務中心卡。35ハリってのは35枚ってことかな。お客様センターカード35枚? もう一つは「34張命運站卡」命運駅カード34枚。

林:これは? 置き石?

14.jpg
アイテムカード

西村:置き石するなってこと? なんかハードすぎません?

古賀:え、置き石で人の邪魔ができるってこと?

井上:アイテムカードって書いてありますよ。……なんか、目的地っぽいんですよ。このミッションカード……。

15.jpg
ミッションカード

西村:「11張任務卡」はミッションカードのことか。これ、下に駅が3つありますけど、それに行けってことじゃないですか?

井上:ミッションごとに目的があるみたいですね……。

林:これ(スピン)を回して、進む駅数を決める……そこでチャンスカードや、カスタマーセンターカードが出たらそれを引く……Customer Service Center Card to other players and within a 1-minutes time limit, use words or body language to allow other players to guess the object or subject……他のプレイヤーにボディランゲージで当てさせる?

西村:え、ボディランゲージですか? 謎だな。確かに漢字でも「身體言語」って書いてありますよ。

古賀:でも、ボディランゲージで表現するものに「FREE Wi-Fi」とかありますよ。どうやって表現するんだ。

16.jpg
ボディランゲージで表現しなければいけないもの

4人が持ちうる限りの知識を総動員し、侃々諤々したおかげで、なんとなく大まかなルールがわかってきた。

わかったルールをまとめてみたい。

①    各プレイヤーは、ミッションカードを引く。ミッションカードには、スタートの駅、アイテムカードのある駅、ゴールの駅が記されている。
 
②    順番にスピンを回し、でた目の数だけ駅を進める。
 
③    スピンで、カスタマーセンターカードが出たら、カスタマーセンターカードを場から1枚引き、書かれている内容をボディランゲージで表現する。他のプレイヤーは、それがなにかを当てる。当たったら、カスタマーセンターカードを引いた人と、当てた人が2マス進める。
 
④    スピンで、チャンスカードが出たら、チャンスカードを場から1枚引き、その指示に従う。
 
⑤    スタート駅を出発し、アイテムカードのある駅でアイテムを回収し、ゴールに戻るのが、一番早かった人が勝ち。

以上である。細かな部分は間違っているかも知れないが、やり方が根本的に間違ってることもないのではないか。

ひとまず、以上のルールに基づいてプレイしてみることになった。

いったん広告です

一番最初に誰がボディランゲージすんのか

そんなわけで、全員がルールをふわっとしか理解してない状態でスタート。それぞれがミッションカードを引き、スタート地点の駅に自分のコマを置き、スピンを回す。

井上:まずはこの、ボディランゲージのところをだれが最初にやるかですね……。

林:これ、知ってる駅ならもっと盛り上がるだろうなぁー「王子かーみたいに」アイテムカードなんかも、香港の人にとったら「あー、はいはいあれね!」みたいな感じなんでしょうね。

西村:うぁー、方南町の方にはいっちゃった! みたいな。

17.jpg
おっかなびっくりゲームをはじめる

古賀:(スピンをまわす)(カスタマーセンターカードが)でた! テッテレー! じゃ、やります!

18.jpg

西村:え、なんだろ。

19.jpg

井上:お、電車待ってる。

20.jpg

西村:え、なになにこれ?

21.jpg

一同:えー、ちょっとまってください。これ、なんなんですか?

古賀:それを当てるんですよ!

西村:マナーが書いてあるんですよね?

古賀:いえ、駅の設備ですね。

西村:え、なんだろう。

林:整列乗車?

古賀:林さん正解!

井上:当たった人と、ジェスチャーした人が、2個すすめるんですよ。

西村:あーなるほど。そういうしくみなんですね。(まだよくわかってない)

林:次、僕ですね、チャンスカード。

22.jpg
どんな内容でしょうか!

井上:林さんが引いたチャンスカードはもう一回スピンが回せるというカードですね。

西村:チャンスカードにはそれぞれ、良いマナーと悪いマナーが書いてあって、良いマナーのカードを引くと、コマを進めることができたり、ちょっといいことがあるわけか。

23.jpg
降りる客がおりてから乗ろう、ということだろうか

古賀:マナーをまもろうねという、啓発になってるわけか。

西村:なんとなくわかってきた! おもしろくなってきた。

そうこうするうちに、またもや古賀さんがジェスチャーをすることに。

古賀:わかるかな、これ……ちょっとやらさせていただきます。

24.jpg

西村:見て納得?

25.jpg

井上:んー? え? なになに? 四角柱?

26.jpg

井上:花が咲いた。

林:空気ばね?

27.jpg

井上:ほっとするわー

古賀:終了ぉー。

一同:えぇー!

西村:花みてほっとするわーって駅の設備?

林:あ、わかったー、駅の改札にある生花?

古賀:正解―!

西村:ちょっとまって! そんなのあるの?

古賀:だって、コミュニティーアートギャラリーですよ。

28.jpg
コミュニティーアートギャラリー

古賀:コミュニティーアートギャラリー、意訳して改札の生花ですよ。

西村:たしかにそうだ、反論できない。しかし、これをジェスチャーで当てろと、むずかしいなー。

古賀:私と林さんは2マス進めるんですね。

林:あ、香港駅と中環駅だ。これ、つながってるのかな。

29.jpg
香港駅と中環駅

西村:香港駅と中環駅は地下でつながってて、歩いて行けますね。

古賀:梅田駅と大阪駅みたいなもんですかね。

西村:その例えが出てくるのなかなかですね。

よくわからないもののジェスチャー

4人とも、一進一退を続けつつ、進めていると、今度は林さんがジェスチャーを行うことになった。

30.jpg

林:えぇ、これジェスチャーなのかな……。やってみます。

31.jpg

西村:ん? なんだろう、耳?

32.jpg

井上:動物? 動物園? 

西村:動かなくなっちゃった。銅像?

33.jpg

古賀:待ち合わせだ。

34.jpg

西村:えー、さっぱりわからない? まちあわせの銅像だ?

井上:わかんない……ギブアップだ。

林:これちょっとわからないんですよ。正解。

35.jpg
港鐵車站藝術建築?

井上:え、こんなのあるの?

西村:これって東京の民芸品の犬に似てません? なんなんだ? 謎すぎますね。流石にこれはちょっとネットで検索してみます……。

36.jpg
日本人アーティスト、吉田朗さんの作品でした

古賀:あー、あった。吉田朗の作品だって。

井上:なるほど、駅の中にあるオブジェですね、名古屋のナナちゃんみたいなやつだ。

西村:香港の人なら「あー」ってわかるんでしょうね……。

「人生における人間」みたいなジェスチャー

さらに、井上さんのジェスチャーもなかなか難しいものがあった。

37.jpg

井上:えー、わかるかなこれ……。

38.jpg

古賀:え? 運転手?

西村:施設とかだよね?

39.jpg

西村:え、アクションがでかくておもしろいけどわからない。なんだこれ。

井上:んーっ。ギブアップでいいですかこれ。正解、電車そのものなんですよ。

40.jpg

西村:うわー、当てづらい! それそのものだ。

井上:人間に人間のジェスチャーしろって言ってるようなもんですよ。

古賀:人生ゲームで人間を当てろみたいな。

西村:意外とこういうの難しいんだな……。


ほぼジェスチャーゲームとなった

ゲームの方は、ジェスチャークイズで連勝した林さんが、最終的にいちばん早くゴールに到着し、優勝となった。

ボードゲームの、すごろく的な面白さもさることながら、このゲームはジェスチャークイズの面白さを再発見させてくれたような気がする。

ジェスチャーをみんなであてるの、意外とおもしろい。

できることならば、東京の地下鉄路線図を使って、このゲームの東京版を作りたい……。

41.jpg
優勝おめでとうございます!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ