特集 2020年8月21日

「昔の人が考えた地球」バッグを作った

有りか?…有りだな!

「昔の人が考えた地球」はいくつかの有名な画像が知られているが、中でも群を抜いて突拍子もないあの画像は何かに似ている。そうだバッグだ。バッグを作ろう。「昔の人が考えた地球」のバッグをだ。

1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。(動画インタビュー)

前の記事:「無限リポビタンDのキャップ」を作る

> 個人サイト 妄想工作所

雨降って地球固まる

大蛇の上に巨大ガメ、その上に象、そして半分の地球、また象、一番上にイチゴ、じゃなくて須弥山、というあまりにも有名な画像。

古代インド人の地球観として私も長く認識していたのだが、数年前、どうもそれは誤解のようだと、ネットで話題になったらしい。ガーン。ガーンジス。インド人、こんな地球観じゃなかったそうだよ。じゃこの絵はなんなんだよ。

01.jpg
本当になんなんだ。

もう古代インド人関係なくても、誤解でも、まったくの出まかせでもいい、私はこの絵がなんだかんだ好きである。何かっちゅうとこれをモチーフにして物を作りがちなのだ。過去にもデイリーポータルZでこれをおもちゃの組み合わせなどで再現するリアルタイム更新工作を行った覚えがあるのだが、なんと画像が見つからなかったので、他で作ったものをここに晒す。

00.jpg
左「猫が考えた地球」Tシャツを作ったことがある。右は最近作った張り子。

Tシャツは「ビジネス猫好き」っぷり炸裂で、しかも2枚しか売れなかった。超恥ずかしい。それは置いといて。

今までうっすら思っていたことだが、どうもこの地球絵、バッグになりそうな気がする。数々のハードルはあろうが、どうにもバッグにしてみたい欲が今頃湧いてきたので、懲りずに作り始めることにする。

02.jpg
いきなりここまで来ました。

しかしどうやって作っていけばいいか、ラフを描いてみたものの、とてもじゃないがここに出せるほど考えがまとまらず、見切り発車で始めて数時間。何の型紙もないまま、まるで彫刻のように布を構築した。もうこのまま進めるわ。この時点でほぼノープラン。

03.jpg
ざっくり切って、当てながら考え考え進める。

あ、ノープランと言ったけれども、イメージはさすがにある。もとの版画のテイストを生かし、白地に黒い線画で、蛇を持ち手にするのだ。そんなわけで、ボディは生成りの帆布、持ち手は少しは丈夫なように、合皮。色は売り場にあった金色の合皮がセールだったのでそれにした。思いがけない色だったが、金色の蛇、案外それっぽい。

05.jpg
原画だとコブラっぽいので、そこは活かそう。どう活かすかはまったくわからないが。
06.jpg
原画では蛇が尾をくわえているので、Dカン・ナスカンという接続金具を取り付けることにした。これは尾につけたDカンのほう。
07.jpg
底面にも蛇がトグロを巻いてらっしゃるので、そこも再現できればと、筒にワタをつめる。
08.jpg
そう、ワタを入れて丸みを持たせたら、無理やり底面に縫い付ける。へ、蛇だ!
09.jpg
須弥山は、別パーツにしてスナップボタンをつけた。褒めて。
いったん広告です

帆布製の素のボディが現れたときは途方に暮れたが、こうして少しづつ、製法の選択肢をクリアしてきたら、案外行ける気がしてこないでもないような。

大きすぎてべヨンべヨンしちゃって形がパキッと決まらないかと思ったが、合皮を使うことでハリが出た。後はイラストでどれだけ間を持たせられるかにかかっている。最後にどでかいハードル来た。

10.jpg
当初はカーボン紙で絵柄を転写…なんて思ってたが、立体成形にしちゃったので諦めてガッツリと模写だ。
12.jpg
布用染色ペンでここは簡単に済ませるつもりだが、その数倍簡単じゃない工程が待っている。
11.jpg
ええい、もう合皮には油性ペンでペン入れしちゃう。

絵のうまさで勝負できないので、「それっぽく、それっぽく…」の呪文を唱えながら、なるべく線を描き込む。そして明け方出来上がったのがこれだ!

14.jpg
いいですか…薄目で遠くから見るのです…あの絵が見えてきますでしょう…
15.jpg
ああっ近くに寄って見てはいけません…遠くから見るのがいいかと思います…
16.jpg
蛇の頭の膨らみに、何か入れられるようにポケットつければなおよかったな。というかどんな頭の蛇だ(いちおう原画に忠実な感じです)。
17.jpg
底面は半魚人みたくなっております。
19.jpg
うん、普通にバッグになっている。よくやった私。

 

21.jpg
昔の地球とともにゆく。

…なんだろう。ネタで始めたバッグだったけど、私これ欲しい気がする。いちおう実用に耐えるかとは思うが、もっとちゃんと作りたくなってきた。珍しいこともあるもんだ。

となると、合皮部分は蛇皮か?ボディは羊皮紙か?など、楽しく考え始めております。


告知

このバッグもこの際、展示しちゃおう。動物多いし。ということで、以下日程で香川県で個展が始まります(コロナで在廊はたぶん無しです。ご了承ください)。

「ナナメウエノ動物園 in TOYTOYTOY」

2020.9.5(土)〜9.27(日)12:00〜16:00 月曜休
場所:高松市仏生山町「TOYTOYTOY」ギャラリーにて
URL:www.toytoytoy.jp


※必ずマスク着用の上、ご来場ください
※入口のアルコールジェルご使用をお願いします

naname.jpg

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ