特集 2019年5月29日

朝ごはんに鍋を食べてから出社すると絶望感がすごい

出社前に鍋を食べています(この後ものすごい絶望を味わう)

朝ごはんに食べるものといえば大体相場が決まっている。ご飯とみそ汁に焼き魚、パン派ならトーストにコーヒー、あとはシリアルや果物、そんなところだろう。

しかし世の中には様々な「ごはん」がある。朝ごはんはこういうものと決めつけずにもっと色々食べてみたらいつもとは違う一日が待っているかもしれない。

よし、普段は食べない朝ごはんを食べてから出社してみよう。

1992年東京生まれ。普段は商品についてくるオマケとかを考えている会社員。好きな食べ物はちくわです。最近子どもが生まれたので「人間ってすごい」と本気で感じています。(動画インタビュー)

前の記事:エレベーター専用改札にダンジョンを感じる

> 個人サイト 日和見びより

寿司でQOLをあげよう

明け方近くまでやっているお店は多いが、朝の時間帯まで営業しているとなるとさすがに数が絞られてくる。

ということは朝ごはんを食べることは24時間営業のお店だけに許された醍醐味であるとも言える。しかしカフェなど一部のお店を除けば、朝ごはんに外食をする機会はほとんどない。

これでは醍醐味を堪能できていない。いったい私たちは24時間営業のうちの何時間を知っているのだろう。

そんなわけで24時間営業のお店を存分に堪能してやるぞ!という気持ちも抱きつつ、今回は寿司、焼肉、鍋の3つのメニューを朝ごはんに食べてから出社したい。

 

まずは寿司だ。

豪華な朝ごはん_190526_0001.jpg
会社近くのすしざんまい。高架下のお店なので夜みたいな明るさだが朝6:45だ。

会社の近くにあるすしざんまいが24時間営業なので、出社する時にいつかここで朝ごはんを食べてやろうと思っていた。今日がその日だ。

豪華な朝ごはん_190526_0002.jpg
24時間変わらない姿勢と笑顔で社長も例のポーズを披露している

7時前に店内に入ると、3組ほどのお客さんがいた。どの組も夜通し飲んで最後のシメとしてすしざんまいに腰を落ち着けているようだ。

一晩中飲んでいる猛者ばかりだからか皆一様に声がでかい。甲子園決勝9回裏のような全力投球で喋っているが、こちらと言えば1時間ほど前に起きたばかりでウォーミングアップすらままならない。なんなら起きてからまだ一言もしゃべっていないという準備の出来てなさなので、定員を呼ぶ声が周りの声にかき消されて全然届かない。思わぬハードルだ。

よっぽど甲子園の砂よろしくすしざんまいのシャリを集めて帰ろうかと思ったが、なんとか声を張り上げてオーダーを通すことができた。そんな状況で1貫ずつ頼んでいたら出社前に喉を潰してしまうのでお得なセットを頼むことにした。

豪華な朝ごはん_190526_0006.jpg
頼んだのは「こころ粋《大名椀付き》」というセット

なかなか豪勢な朝ごはんだ。すしざんまいは回るタイプのお寿司ではないのでそれなりにお値段がする。このセットで2,000円ちょっとするので、朝ごはんとして日常使いするにはきつい。

それでも、まぁちょっと奮発すれば食べられるレベルだ。前日の飲み会で二次会に行かなければ捻出できる。それに普段朝ごはんにここまでお金をかけることはないので、夕飯をちょっと豪華にするよりも朝ごはんを豪華にした方が幸せの向上率が大きい気がする。

豪華な朝ごはん_190526_0012.jpg
大好きな数の子を前に思わずにやつく

食べている感じとしては、早起きして築地(今だったら豊洲)に来たという感じだ。東京でなくとも、例えば旅先で朝早く起きて市場に行ってみるイベントを体験したことのある人も多いのではないだろうか。その時と同じような感覚だ。

要はちょっとしたレジャーに来ているような楽しさがある。しかも市場に行く時ほど早起きしなくてもいいし、出社前にサクッと食べられるので、かなりお手軽にレジャーを感じることができる。これはいいぞ。

豪華な朝ごはん_190526_0019.jpg
窓ガラスから出社する人たちを眺めながら寿司を食べる。今だけはブルジョアで居させて

入店して20分ほどで先客の3組は示し合わせていたかのように店を出ていった。人間には夜通し飲んでいても7時をすぎると「帰らなきゃ」と思うスイッチが備わっているのかもしれない。

他にお客さんがいなくなると店内は一気に静かになった。自分しかいないので当たり前だが、他のお客さんの声のボリュームがおかしかったこともあり、ギャップが激しい。急に気分が落ち着いて、窓の外を見ながら「みんな仕事に行くんじゃのう」とおじいちゃんのようなことを思ったりした。

豪華な朝ごはん_190526_0015.jpg
自分以外にお客さんがいない。朝にしかない優雅な時間が流れている。
豪華な朝ごはん_190526_0017.jpg
落ち着いて見てみると卵焼きがエッシャーのだまし絵みたいに複雑な形をしている

そんなことを思いつつ、入店から30分ほどで完食。ここから出社が待っている。そうだ、途中出社する人たちを横目におじいちゃんのような気持ちになってしまったが、自分もこのあと出社するのだ。

しかし、そんなに嫌な気持ちはしない。むしろ良いものを食べて、今日も一日頑張ろうという気持ちがあふれている。寿司は一日のスタートには案外向いているのかもしれない。QOLが一気に向上した気がする。

豪華な朝ごはん_190526_0004.jpg
あがりを飲んでからの出社。これから一日が始まります。

いつもは朝ごはんにおにぎりかパン1個くらいしか食べないので、その日常と比べるとさすがに腹の持ちは良かった。とはいえランチも普通に食べたし、メニューとしてはそこまで影響を及ぼすものではなかった。

特筆すべきは口の中の幸せ感が長く続くことだろう。酢飯を食べると口の中に酢の余韻がけっこう残る。それが「今朝は寿司を食べてきたんだ」と思いださせてくれる。この日の午前中は口の中がずっと寿司モードで、朝の優雅なひと時を噛みしめ続けることが出来た。

お財布事情が許せば朝ごはんに寿司は全然ありだ。大事なプレゼンがある日には出社前に寿司を食べてやる気をアップさせ、ライバルに差を付けよう。

■出社前に寿司を食べて分かったこと
・夜通し飲んでいるお客さんがいると店員に声が全然届かない
・感覚としては旅先で早起きして市場に出向く感じ
・出社することへの憂鬱感は少なく、今日も一日頑張ろうと思える
・仕事のやる気を出したい時にぴったり
・午前中いっぱいは口の中が幸せ

 

焼肉は食べ過ぎに注意

寿司とくれば次は焼肉だ。寿司とは別の日に渋谷にある24時間営業の焼肉屋へとやってきた。

豪華な朝ごはん_190526_0060.jpg
いかがわしいお店の隣にある24時間営業の焼肉屋。素直な欲望が隣り合っている感じが渋谷っぽくてよい。

先ほどの寿司はそれこそ旅先や築地で朝ごはんとして食べた経験があったため何となく感覚が分かっていたが、焼肉、それもちゃんと網で焼く焼肉を朝ごはんに食べたことはこれまでにない。一体どんな感覚なのだろう。

寿司と同様に7時前に入店するとこちらもお客さんの姿がちらほらみられた。渋谷という土地柄もあり、夜のお仕事をしている人たちが仕事終わりに来ているという感じだ。筆者が入店したあとにもライブハウス帰り風の4人組が新たに来店していたので、この時間の焼肉需要は確かに存在している。

豪華な朝ごはん_190526_0066.jpg
一方こちらは一仕事も何も終えておらずまだ眠い

当然のことながら、朝ごはんとして焼肉を食べに来ていると思われるお客さんは筆者以外にいない。そしてまだ眠いので全然テンションが上がらない。普段焼肉に来るときはそもそも「今日は焼くぞ!」という高いモチベーションで来ることが多いので気付かなかったが、肉を焼くにはテンションが必要だ。

豪華な朝ごはん_190526_0072.jpg
それでもメニューを見ていたらだんだん楽しくなってきた。これが肉のパワーか。
豪華な朝ごはん_190526_0074.jpg
気付いたらこんなに頼んでいた。恐るべし焼肉。

朝ごはんに焼肉を食べるメリットの1つは一人で来ても恥ずかしくないということだろう。

どうしても「一人焼肉」というとハードルを感じてしまうが、朝ごはんであればそもそも朝ごはんに焼肉を食べる人がいないので、焼肉=みんなで食べるものという暗黙の共通認識がそこにはない。朝焼肉=一人で楽しむものという顔をして堂々と焼肉を楽しめる。

筆者も一人焼肉は初めての経験だったが、これはいい。誰に気兼ねすることなく好きなものを頼めるので、大人数では避けてしまう変化球メニューも頼み放題だ。ただあれもこれもと思うと各1人前ずつであっても結構な量になってしまう。それが先ほどの写真である。ついつい頼み過ぎてしまう構造をご理解いただけただろうか。

豪華な朝ごはん_190526_0075.jpg
いよいよ肉を焼く。まずは牛タンから。

網に肉を乗せるとさすがにテンションがあがってきた。肉がジュージューと焼ける音は時間に関係なく食欲を刺激するようで、朝でも意外と食べられる。

そして出社前の焼肉はちょっと悪いことをしているような気分になる。「誰も知らないところで俺は朝から肉を焼いている」という非現実的な状況に、暗黙のうちにみんなが守っている禁忌を破っているような気がしてくるのだ。中学生の時、ルールを破って放課後にカラオケに寄って帰ったあの時の気持ちだ。

豪華な朝ごはん_190526_0082.jpg
ワルなのでご飯も頼んだ
豪華な朝ごはん_190526_0085.jpg
さらに卵スープも頼んでしまった。悪すぎないか、俺。

調子に乗って頼み過ぎたらかなりお腹がいっぱいになってしまった。夜ごはんだったら余裕で食べられる量だが、これは朝ごはんである。普段よりもかなり多い、それも焼肉という異質なものが入ってきて胃がビックリしているのが分かる。身体は正直だ。

お腹がいっぱいになってくると、それに反比例して仕事へのやる気がそがれていく。焼肉でこんなにお腹いっぱいになったらその後は帰って寝られるものだろう。その意識が身体に染み込んでいるので、このあと働かなければいけないことにやり場のない怒りが湧いてくる。

豪華な朝ごはん_190526_0084.jpg
お腹がいっぱいになったら食べる前の低いテンションに戻ってしまった
豪華な朝ごはん_190526_0093.jpg
これから仕事に向かう憂鬱を吹き飛ばすように消臭スプレーを吹きかけまくった

この日は朝ごはんの満腹感がずっと続いていた。特に午前中は身体が重く、注意力も散漫になってしまった。朝ごはんに焼肉を食べる時は頼み過ぎないことを心掛けたい。焼肉は用法用量を守って正しくお食べください。

それともう一つ気になったのはやはり匂いだ。消臭スプレーは吹きかけまくったものの、ふとした瞬間に焼肉の残り香を感じてしまう。本当に臭っているのかどうか自分ではもはや判断がつかないが、話している人が皆心なしか鼻を押さえているような気がする。焼肉ハラスメントで訴えられたらどうしよう、略し方は焼ハラスになるのかな…。

そんな余計なことばかり考えてしまうなど出社前の焼肉は色々な代償を伴うが、肉を焼いている時の背徳感はクセになりそうなのではまらないように気を付けたい。

■出社前に焼肉を食べて分かったこと
・肉を焼くとテンションがあがるが量には気を付けろ
・一人で朝から焼肉を食べる背徳感はクセになりそう
・お腹いっぱいになると仕事のやる気が出ない
・臭いのせいで一日中焼肉が脳裏から離れない
 

最後は鍋を囲もう

最後は鍋を食べたいのだが、鍋を一人で食べるのはさすがに寂しいのでデイリーライターの北向ハナウタさんと編集部藤原さんに集まっていただいた。お二人とも会社で働くサラリーマンなのでこのあと出社が控えている。

豪華な朝ごはん_190526_0023.jpg
ハナウタさん(左)と藤原さん(右) 藤原さんは普段スーツ出社ではないが出社感を高めてもらうためにスーツで来てもらった。

集合は朝の7時に新宿アルタ前。普段だったらお二人とも寝ている時間だという。それをたたき起こして鍋を食べようだなんて、こちらが声をかけておいてなんだがよく来てくれたと思う。全然鍋を食べたくなさそうな表情がお二人の葛藤を物語っている。

unnamed.jpg
でも今日はすごいんです。なんと4階のふぐちり鍋のお店が24時間営業なのだ。

わざわざ来ていただいた二人にも満足してもらうべく、朝ごはんとしていただくのはふぐちり鍋だ。実は鍋がメインの店がここくらいしかなかったという事情もあるのだが、そんなことは置いといて朝からふぐである。

もし実家で母親が朝ごはんにふぐちり鍋を出してきたら、まだ夢を見てるのか、あるいは死亡フラグとしか思えない。ふぐの毒にあたってバッドエンドを迎える未来が見える。そんな食材を出社前に食べるのだ。これはまだ夢の可能性があるな。

豪華な朝ごはん_190526_0026.jpg
夢かうつつか分からなくなりつつもとりあえずウーロン茶で乾杯。初めて「おはようございま~す」の掛け声で乾杯をした。

焼肉の時も暗めの席に通されたが、このお店はさらにThe居酒屋といった作りで、完全に外の様子が分からない。外界から遮断され、複数人いると乾杯も出来るので、夜なんじゃないかという錯覚が生まれてくる。

豪華な朝ごはん_190526_0025.jpg
居酒屋なのでお通しもある。一日の最初に口にするのが煮凝りというのは何のバグなのか

ハナウタさんは普段フルグラを、藤原さんはトースト2枚程度を朝ごはんとして食べることが多いようだ。筆者もおにぎりかパンを1個程度なので3人とも比較的軽めの朝ごはんがルーティンになっている。それを考えるとふぐちり鍋の異常性が一層際立つ。

そして寿司と焼肉は他のお客さんがいたが、このお店は他のお客さんが一切いなかった。やっぱりこれは夢なのかもしれない。もしくはドッキリか。自分が企画しているのにそんな気がしてきた。

豪華な朝ごはん_190526_0028.jpg
机の上では着々と鍋の用意が進んでいる
P1140746.jpg
どう見ても退社後ですが、朝7:30くらいです

朝早くて眠いのでみんな何となくボーっとした状態で鍋を作っていく。一体我々はなんの作業をしているのだろうか。途中でハナウタさんが普段起きている時間にアラームが鳴り、夢感が増した。藤原さん曰く「現実世界が起きろと言っているような感じ」だ。哲学である。

あと夜の飲み会では他のつまみを食べつつ鍋を作るが、今回のように鍋だけをじっくり作ると出来上がるまで意外と時間がかかるという気付きを得た。朝ごはんは手軽に済まして睡眠を確保したいという人が多いなかで、時間のかかる鍋をあえて食べるというのはかなりの朝ごはん上級者だ。普通の人とは違うステージの朝ごはんを楽しんでいる感じがする。

豪華な朝ごはん_190526_0037.jpg
そうこうしている内に鍋が完成した。普通に美味しそうな仕上がり。

3人:いただきまーす

藤原:美味しい…

ハナウタ:普通に良いですね…

いまいずみ:全然アリだな…

食べるまでは違和感を感じまくりだったが、一口食べると3人それぞれから素直に良いコメントが出た。考えてみれば野菜とふぐを煮たものなので、具材的には朝に食べてもそこまで違和感はない。みそ汁と焼き魚がまとめて鍋に放り込まれている感じだ。

ハナウタ:実家でお雑煮が朝ごはんに出ることがあったんですが、それに近いですね

藤原:ちゃんとしたもの食べなきゃダメですね…

うっかり藤原さんを反省させてしまった。

豪華な朝ごはん_190526_0048.jpg
最後にはしっかり雑炊で〆た。朝ごはんの向こう側を見た気がする。
豪華な朝ごはん_190526_0049.jpg
雑炊をすする二人からはすっかり「今日もお疲れ様でした」という感じが出ている

 鍋は思った以上に朝ごはんとして成り立った。難点としては、これは寿司も焼肉も同様だが、出費がかさむという点くらいだろう。

良い朝ごはんでしたね、とホクホクしながらお店を出た瞬間に絶望が訪れた。

豪華な朝ごはん_190526_0058.jpg
外は清々しすぎる朝だった。分かりやすく肩を落とすハナウタさん。

外界と遮断された席だったことが災いし、朝であることを頭では分かっていても身体が忘れかけていた。そのせいで凄まじい絶望感が襲ってきたのだ。

これは一人の時よりも複数人でいる時の方が絶望が大きい。おそらくより夜の飲み会に近いかたちだからだろう。

よりによってこの日は晴天で気温的にも一番過ごしやすい日だった。こんなにも「清々しい朝」を恨んだことがこれまであっただろうか。全部夢であってほしかった。

豪華な朝ごはん_190526_0059.jpg
戸惑いつつも出社していく二人の背中はどこか悲しげで、その一方で勇ましかった

このふぐちり鍋を食べた日がどうだったか、後からお二人に聞いてみた。

ハナウタ:店を出た瞬間が一番衝撃でした。こんなに感情がジェットコースターみたいになるとは。終始現実感がなくて感情がバグりそうになりました

藤原:店を出た時の天気の良さは1日が始まるのか終わったのか混乱させられました。終始不思議な気持ちでいましたが、雑炊のやさしい味だけはこれが朝ごはんであることを思い出させてくれました

この脳が混乱する感じはけっこう面白かったので定期的に脳にドッキリを仕掛けてみてもいいかもしれない。

ハナウタ:午前は普段よりもシャキシャキ動けました。良いもの食べたからか、朝から人と話したからなのか理由は分かりませんが…午後は普通にへばりました

藤原:お昼ご飯を何にしようかすごく迷いました。結局普段あまりいかないラーメンを食べました。ひょっとすると無意識で〆のラーメン的な発想に行き着いたのかもしれません

藤原さん、朝ごはんも雑炊で〆たのにお昼にまた〆ている。イメージと違って〆たがりなのか。

ハナウタ:ふぐちり鍋は朝でも食べやすくていいですね。ただ鍋が出来るまでに時間がかかるので、朝ごはんに1時間は確保したいです

藤原:鍋だからか、朝ごはんなのに1時間だと短いと思っちゃいました

二人ともいつもならなるべく手早く済ませたい朝ごはんだが、鍋なら時間をかけたいというマインドになっていた。これぞスローライフだ。生活の質が高まっている。店を出た時の絶望さえ乗り越えられれば朝ごはんに鍋はありと言っていいだろう。

■出社前にふぐちり鍋を食べて分かったこと
・メニューとしてはあり、というかかなり良い
・時間はかかるが鍋なら時間をかけてもいいと思わせる力がある
・店を出た時のバグ感と絶望感が異常
・いい天気の日に食べるのはやめておいた方がいい
・全体的に夢っぽい

朝活としての朝ごはん

寿司→全然いける

焼肉→けっこうハードル高い

鍋→思った以上にいけるけど絶望感はすごい

寿司、焼肉、鍋の結果をざっくりとまとめるとこのようなところだろう。焼肉はちゃんと量をセーブすればまた違った結果になっていたかもしれない。

最近は朝活といって朝の時間帯に色々やる人が増えてきているが、いまいちど朝ごはんを朝活と捉えて全力で楽しんで行こう。

豪華な朝ごはん_190526_0022.jpg
朝7時のアルタ前。「7時にアルタ前集合」が19時じゃなくて本当に7時なことは多分これが最後だ。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓