短い記事 2021年12月17日

そうめんとそばを混ぜると、おもしろい

1年中乾麺を茹でて食べている。そうめんとそばのローテーションだ。

ふたつ同時に茹でてみたらおもしろかったので、そのあともちょくちょくやっている。

別においしいわけではない。まずくもない。ただ、おもしろいのだ。
 

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:無人の部屋のテレビに映ってるとなんでも泣ける

> 個人サイト webやぎの目

つくりかた

まず、そばを茹ではじめる。
だいたいそばは4~5分のものが多いので、2分経ったところでそうめんを入れる。

量はひたすら適当です
そしてまた2分茹でる。
そばを茹でたお湯で麺つゆをうすめる

そば湯なのでおいしいのだが、そばちょこが持てないぐらいの熱さになる。3回ぐらい「熱っちい!」と叫んだ。いちどで憶えないのが我ながら人間らしい。

見栄えがするように海苔やねぎをのせた

撮影用に皿に盛った。ふだんはボウルに入れたまま食べている。
刻み海苔はamazonの定期お届け便にしたらいきなり5袋届いて中止した。刻み海苔はサブスクにはまだ早かったようだ。

いただきます

写真撮ってるあいだにちくっついてしまったが自分用なので構わない

食べてみると、そばを食べていると急にそうめんが現れる。食感が違う麺がにゅるっと現れるのがおもしろい。

でも麺つゆで同じ味になるのでするっと食べられる。

逆にそうめんのなかにそばが出てくるのもおもしろい。「僕」の集団の中に一人称が「わし」のキャラが現れたようだ。

でもやっぱり麺つゆに絡め取られて喉奥に消えてゆく。

おいしいとかまずいじゃなくて、おもしろいのだ。

これは自分のために作ったことしかなく(そもそも人に作ってあげるような料理?ではない)、人が食べてどういう感想を持つかは分からない。

でも、ひとりでしょっちゅう混ぜて食べている。無言で。

「おいしいから好き」といったわかりやすい感情ではない。なんとなくで無意識だ。ネコじゃなくてハトを見たときの感情に近い。

体験したい方は体験してみてほしい。注意点は特にない。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ