特集 2023年11月13日

旅先でマンタ(イトマキエイ)を買って食べた

スーパーにマンタが売られていた理由

ところで、なんで普通のスーパーにマンタが丸ごと売られていたのかが気になる。なぜ一般客に売れるとは思えないマンタ(買ったけど)を仕入れたのか。

ようやくマンタを食べ切った頃に佐渡市の魚市場へ取材に行ったら、たまたまエーコープの仕入れ担当の方がいらしたので、その理由を伺うことができた。

036.jpg
佐渡のエーコープでは、仕入れ担当者が市場に通って直接仕入れて、すぐに店頭へ並べているそうです。だからこそ安くて新鮮な魚が並んでいるのだ。

「あのマンタを買ったんですか、それはありがとうございます。残りは切り身で全部売ったみたいですよ。

マンタは俺が仕入れたんじゃないけど、うちはセリの担当が、俺を含めてちょっと変わっているもんで、珍しいというか、めぼしいものがあれば欲しくなる。

俺も前にシュモクザメを仕入れてみましたけど、あれは売れませんでしたね。堅実な人がやっていれば、こんなことにはならないとは思います。でもお客さんがTwitter(現X)とかに上げてくれるから、広告になって人が来てくれるじゃないですか。

目指しているのは小さな水族館なんです。うちの魚売り場を見て、お客さんに佐渡の魚はおもしろいって思ってほしい。地元の人も知らないおいしい魚、珍しい魚がたくさんあるので、いろいろ並べたいんですよ。今日はシマアジが欲しかったけど、競り負けました」

037.jpg
普通のスーパーだと売りにくい、数やサイズが揃わないマイナーな魚の詰め合わせとかを仕入れたくなっちゃう気質のようだ。
038.jpg
「このサメも運ぶ手段さえあれば欲しいです!」とのこと。サメで集客して商売ジョーズというやつですか。

佐渡にはスーパーがいくつかあり、どこも新鮮な魚を並べているが、最近はエーコープに珍しい魚が多いと島の友人から聞いていた。その理由は仕入れ担当者の方針だったのか。

たとえ仕入れ値が安くても、それらを並べることで売れ筋の魚を陳列するスペースが狭くなってしまうというリスクもある。それでも佐渡の海で捕れた魚をいろいろ並べたいという方針、個人的には大賛成である。

039.jpg
できるだけいろいろな魚を仕入れて、佐渡の海にはこんな魚もいるんだよと並べている。毎日通いたくなる魚売り場だ。
040.jpg
それにしてもイカが新鮮だ。

なかなか濃密な佐渡旅行一日目だった。この島に何度も訪れているからこそ前のめりに突っ込めたハプニングであり、さすがに初めて訪れた土地だったら、マンタは半身でも買わなかっただろう。

マンタのフルコースもいいけれど、今度はもっといろんな佐渡の魚を食べまくりたいなと思った。あと野菜も食べたい。また来よう。


当日食べきれなかったマンタは、翌日サトイモと煮たりして食べ続けました。旅先でうっかりマンタを買うと、旅行中ずっとマンタを食べ続けることになるので気をつけましょう。

041.jpg
キモを入れるとパンチがすごいぜ。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ