特集 2022年2月18日

冬の海が寒いのでお風呂でシュノーケリングをする

シュノーケリングというものがある。水中メガネとシュノーケルをつけて海に潜り、海中の様子を観察するものだ。美しい魚を見ることができたり、ウミガメが泳いでいたりと、地上では見ることのできない世界をのぞくことができる。

そんなシュノーケリングをぜひやりたいと思う。しかし季節は冬だ。冬の海は寒いのでシュノーケリングはできない。寒さなんて我慢しろよ、と言う人もいるかもしれないけれど、寒いのは嫌なのだ。そこで寒くないシュノーケリングをしようと思う。

1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:ツルが集い、タツノオトシゴが泳ぎ、佐多岬が遠い旅 ~地元の人頼りの旅in鹿児島県~

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

冬のシュノーケリング

島国である日本は海に囲まれている。その海には魚が生息している。季節問わず、海と魚は存在し、水中メガネをつけて海に潜れば、いつだって美しき世界を見ることができる。 

002.jpg
シュノーケリングしたいよね!

問題は、現在は冬であり、寒いということだ。寒い季節に海に入るのは何かの修行的なこと以外では避けたい。なぜならとにかく寒いから。震え上がるから。冬の海は地獄なのだ。

003.jpg
夏以外の季節の海は地獄!

ただシュノーケリングはしたい。でも寒い。我々は常にこの問題を抱えて生きている。人生においての一番の悩みと言ってもいいかもしれない。駅前を歩く、あの人もこの人も、みな「シュノーケリングがしたい、でも寒い」と悩みながら歩いているのだ。

004.jpg
寒いんですよ!

私は悩んだ。全人類の悩みを解決できないかと。そこで思いついたのだ。シュノーケリングとは、水中メガネとシュノーケルをつけて、水に顔をつけて、水中の様子を見ることができればいいわけだ。だったら、と素敵な解決方法を思いついた。

005.jpg
お風呂です!

海中の下準備

海である必要はないのだ。お風呂でいいのだ。湯船にお湯をためて、水中メガネをつけてシュノーケルを咥えて潜れば、それはもうシュノーケリングなのだ。寒くない完璧なるシュノーケリング。だってお湯だもの。

006.jpg
水中の、
007.jpg
様子を、
008.jpg
撮影します!

問題はお風呂には、魚がいないこと。海の世界がないことだ。だってお風呂だから。しかもお湯だから。本当の魚を入れたら、煮えてしまう。岩などを置くのも手間だ。ただ何もしなければ、私の家のお風呂の場合は、白い浴槽の底を見続けるだけになる。

009.jpg
そこでプロジェクターを、
010.jpg
準備しました!

水族館で水中の様子の動画や静止画を撮影した。それらをプロジェクターで浴槽に投影するのだ。さすれば、浴槽に本当に岩などを置かずとも、カクレクマノミ等を泳がせなくとも、海の世界が完成する。

011.jpg
美しいですな!

お風呂を海にする

プロジェクターと映す映像は準備できた。あとはお風呂にプロジェクターを置く場所を作ればいいだけだ。シュノーケリングとはもはや海に行かずともいい時代になったのだ。

012.jpg
突っ張り棒を、
013.jpg
お風呂に設置します!

地震などの時に家具が転倒しないように使う突っ張り棒を2本、お風呂場に設置した。その上にプロジェクターを置く。ちなみにこのプロジェクターはモバイルバッテリーで動くので、プロジェクターにつなぎ、先の映像が入っているスマートフォンもつないだ。

014.jpg
完成です!!!

ここからがお風呂シュノーケリングのいい点だ。お湯だ、お湯を湯船にためるのだ。水ではないので寒くない。これを撮影した日は、外は当然一桁の温度という寒い日ではあったけれど、お湯だから寒くないシュノーケリングを実現できる。

015.jpg
お湯をためるで!!!

ちなみに私の家のお風呂は冬場、水にしては温かく、お湯にしては冷たい温度の液体しか出ないので、湯気などでプロジェクターが曇るとかそういうことがない。だってお湯にしては冷たいから。もしかすると我が家はシュノーケリングをするためにある家なのかもしれない。

016.jpg
準備は整いました!

いざ、お風呂シュノーケリング

我が家のお風呂が海になった。塩辛くはない、寒くもない。しかし、そこには水(お湯)があり、水中には魚が泳いでいる。海である。海なのだ。もはやお風呂ではない、海なのだ。シュノーケリングをするしかないのだ。 

017.jpg
シュノーケリングです!
018.jpg
ウツボが泳いでいるよ!
019.jpg
サメだ!!!

湯船の中に海の世界が広がっている。ウツボが穴から顔を出し、タコが泳ぎ、サメが登場し、カクレクマノミが気持ちよさそうにしている。そんな世界が私の家のお風呂に広がっている。泳ぐ必要なく、そこに顔をつけておけば、いろいろな海の様子を見ることができる。

020.jpg
カクレクマノミだ!!!

本当のシュノーケリングでは、違う魚を見ようと思えば、多少は移動しなければならないだろう。しかし、お風呂シュノーケリングは事前に準備さえしておけば、次々にいろんな海で暮らす生き物が出てくる。

021.jpg
ずっとこの状態でいい!

動画をプロジェクターで映せば、臨場感もある。目の前で魚が泳いでいるように感じるのだ。寒くなくて、好きな魚を好きなだけ見ることができる。完璧ではないだろうか。事前に準備する手間はあるけれど。

022.jpg
楽しいよ!

あとこれは私の家に限るかもしれないが、泳ぐという感じではない。浴槽が狭くて、プロジェクターの映像部分を考えると、ほぼ身動きは取れなくて、顔をつけるしかできない。でも、考え方だ。泳げない人でも楽しめる、楽なシュノーケリングと思えばいいのだ。

026.jpg
海は素敵だな!

しかもだ、この後、シャンプーできるし、体を洗うこともできる。それがお風呂シュノーケリングのいい点だ。お風呂の可能性は無限大なのだ。お風呂とはもはや海なのだ。海を見に行こうと言って私の家のお風呂に行けばいいのだ、寒くないから。

024.jpg
楽しかったです!

お風呂の可能性

お風呂は体を洗ったりする場所だと思っていた。しかし、それは大きな間違いだった。海なのだ。お風呂という名の海なのだ。自宅に海があるのだ。川の様子を映し出せば川にもなる。シュノーケリングはもはや寒くない時代になったのだ。

025.jpg
風呂上がり感があるけど、実際にそう!

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ