短い記事 2022年4月7日

履くだけで前向きになれるPUMAのスニーカー

1年くらい前に出会って以来、気に入って愛用しているスニーカーがあります。これが、実際の性能はもちろん、履いていると心にまで良い影響を与えてくれるという珍しいスニーカーなんですよね。

1978年東京生まれ。酒場ライター。著書に『酒場っ子』『つつまし酒』『天国酒場』など。ライター・スズキナオとのユニット「酒の穴」としても活動中。

前の記事:「蒲焼さん太郎」を焼き「ビッグカツ」を揚げる


靴に励まされるという体験

そのスニーカーというのがこれ。

1.jpg
PUMA「SPEED LITE 2」

いわゆるシンプルめなデザインのランニングシューズなんですが、ぱっと見でちょっと気になるところありません?

そう、左右それぞれの両サイドに、どう見ても

2.jpg
「ハハハハ」

って書いてある!

いや、そういう意図のデザインではないとは思うんですが、一度見えてしまったらもうそうとしか見えないですよ、これ。

何気なく見ていたサイトで偶然発見し、この能天気な感じに完全にやられ、即刻購入したのでした。

で、実際に届いて履いてみたところ、信頼と実績のスポーツブランドのランニングシューズということで、めちゃくちゃ軽くて、適度なクッション性で歩行をサポートしてくれる感覚もあり、スニーカーとしての性能がものすごくいい。

ただ、それだけじゃないのは冒頭で述べたとおり。

たとえば夕方、公園のベンチでひとり、

3.jpg
「な〜んか最近、心身ともに疲れちゃったなぁ……」

なんてたそがれてしまうこと、誰にでもありますよね。

ところがふと足もとを見ると、

4.jpg
「……ん?」
5.jpg
「あ、靴に『ハハハハ」って書いてある〜!」

じっと見ていると、まるでスニーカーに「HAHAHA! 小僧、そんなにちっぽけなことで悩んでないで、酒でも飲んでいったん寝ちゃえYO!」と励まされている気持ちになってきます。

6.jpg
「いろいろとどうでもよくなってきたな〜。明日っからまたがんばろ!」

ところでこのSPEED LITE 2、1年間履いてもまだじゅうぶん現役なんですが、より長持ちさせるため、そろそろもう1足買っておこうかな、できれば色違いでいいのがあれば……なんて探してみたところ、すでに生産が終了しているようでした。後継の「SPEED LITE 3」というモデルも出ているものの、デザインの方向性は同じながら、なんと肝心の「ハハハハ」が消えている!

Amazonなどの通販サイトを見ても、サイズやカラーによってかなり売り切れだらけになっているので、万が一ご興味を持たれた方はお早めに。あと、このスニーカーの在庫が潤沢にある靴屋さん情報などをご存知の方は、よかったら教えてください!

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ