れんさい企画「小出し記事」 2020年7月14日

ショルダーアーマーのある暮らし その1

かっこよさとはショルダーアーマーのことなのではないか

かっこいいと思うロボットは概して肩が妙に出っ張っている。ショルダーアーマーの部分だ。出っ張っていることに機能的な必然性はなさそうなのだが、これこそがかっこよさの肝なのではないだろうか。

僕もショルダーアーマーを付けてかっこよくなりたい。

編集部から あらすじ
新連載の「小出し記事」の執筆を頼まれた編集部藤原。企画は迷わず決まった。しかしかっこよさというものは人それぞれの感覚である。多くの読者に「かっこいい」と思われる肩。果たしてできるのか。

1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。(動画インタビュー)

前の記事:油揚げを焼いて煮る

> 個人サイト Twitter

無意味、だからこそかっこいい

まず、僕がかっこいいと思うロボットを改めて見てみよう。

001.jpg
かっこいい
002.jpg
こちらもかっこいい

どちらもかっこいい。カラーリングなどいろいろとかっこいい要素がありそうだが、今回注目したいのは肩が出っ張っていることである。

003.jpg
肩、でっぱってるな

いわゆるショルダーアーマーである。これがないとどうなるだろうか。

004.jpg
こちらは一例であるが肩が出っ張っていないとこうである。

やはりショルダーアーマーの有無がかっこよさを分けていることに疑いはないようである。機能的でないところにおしゃれの魂は宿ると思っているが、かっこよさも同じだと思われる。

ショルダーアーマーをつけてかっこよく

今回は自らショルダーアーマーを身につけることによってかっこよさを得たいと目論んでいる。過去に胸にライオンをつけてかっこよくなった筆者であるが、かっこよさはもっとシンプルなところにあったのだ。

005.jpg
以前、胸にライオンをつけてかっこよくなったことがある筆者

ネットで検索したところ出っ張ったショルダーアーマー屋はなさそうだった。工作することになりそうなので絵を描いてみる。

006.jpg
細かい機構などは完全に未定

描いてみて思ったが、そういえばドラゴンクエストIの勇者や、ドラゴンボールのベジータもこういうショルダーアーマーを付けていた。

たぶんかっこいいからだろう。勇気づけられる話である。僕もその道を進みたい。

そうと決まればまずは材料の買い出しである。さあ、行くぞ!

007.jpg
行くぞ!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ