はげます会限定記事(途中から有料) 2022年4月19日

古典文学をエロス小説風に〜あの記事の続編〜

「フランス書院」自体がどの程度通じる知名度なのかよくわかりませんが……

記事の締めとして、「次は○○に挑戦しま〜す!」とか「いつか○○をやるぞ!」なんて気軽に書いてしまいがちですが、実際に「いつかやるぞ」を実行するのはレアケースです。

そんな、言いっ放しの言葉に責任をとるために、「岩波文庫風ブックカバーで賢く見られたい」で予告していた続編「古典文学をエロス小説風に」を約7年の時を経てやってみたいと思います(……そんなに経ってたのか)。

※編集部より この記事は「デイリーポータルZを はげます会」の会員限定記事です。途中から有料になります。

 

1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:藤子不二雄Ⓐ先生の故郷を巡った思い出

> 個人サイト Web人生

2204_フランス書院イラスト_001_01.jpg

2204_フランス書院イラスト_001_02.jpg

2204_フランス書院イラスト_001_03.jpg

2204_フランス書院イラスト_001_04.jpg

■まずは大好きな江戸川乱歩から…… 

陰獣.jpg
フランス書院風・江戸川乱歩の『陰獣』

これは……違和感なくフランス書院!

しかし、『陰獣』ってそもそもフランス書院の小説でもおかしくないような内容だからな……。フランス書院フォーマットの強さというよりは、江戸川乱歩小説が持っているエロス力の仕業でしょうか。

■フランス文学の名作をフランス書院風に

続いて、フランス書院だけに、フランス文学の名作も……。

ボヴァリー2.jpg
フランス書院風・フローベールの『ボヴァリー夫人』

フランス書院というよりは、ちょっとハーレークイン・ロマンス感が出てしまいましたが……。

まあ『ボヴァリー夫人』も〝世界一有名な不倫小説〟なんて呼ばれているくらいなんで、フランス書院フォーマットとの親和性は高いですよね。

■『吾輩は猫である』をフランス書院風に

それでは極力、フランス書院的なエロス要素の入っていない作品を……。

猫.jpg
フランス書院風・夏目漱石の『吾輩は猫である』

……いや、だいぶフランス書院だな。

明治を代表する文豪の名作からもエロスの匂いを漂わせてしまうフランス書院フォーマット、強いです。

猫2.jpg
ちょっとタイトル表記を変えれば完全なるフランス書院に!?
 

会員でないかたはここまでです。

このあとも続々出てくるフランス書院化カバーが気になる方は、どうかはげます会にご入会ください。 → 入会ご案内

もう入っているかたはこちらからどうぞ。 → 続きを読む

またにしまーす! という方も、会の存在だけでも知っていただけたらこれ幸いです。 → 「はげます会」とはいったい何なのか

はげます会_bt_20220201.jpg

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ