短い記事 2022年2月11日

期限の切れたクーポン、切れてないことにする

期限の切れたクーポン、切れてないことにする。

期限の切れたクーポンは、選ばれなかったもう一つの未来である。そしてこの未来は「期限が切れてないことにする」だけで取り戻せる。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:4歳の子どもと東京で一番大きなすべり台に行く


失われた未来

何ヶ月に一度か、財布やカード入れを整理すると期限の切れたクーポン券やポイントカードがワサワサ出てくる。

001.jpg
お寿司一皿無料。
002.jpg
つゆ、200円引き。

期限が切れているので捨てることになるのだが、いつも少し心を痛めていた。『(特定の商品への)200円引きの券』なのに、200円そのものを捨てているような気持ちになるのだ。

003.jpg
そしてこれ。

この雪だるまさんロールケーキの半額券を捨てなければいけない、となった時は金額以上に『これを食べたかもしれない未来の自分』までも捨てるような気持ちになった。

チケットというモチーフはよく未来への比喩表現に使われる。まだ使ってないチケットはこれから選ぶかもしれない未来で、期限の切れたチケットはもう失われてしまった未来である。

004.jpg
失われた雪だるまさんロールケーキ。

運命に抗うSFの主人公の気持ちで考えた。未来をそんな簡単に諦めていいのだろうか。期限、切れてないことにしたらいいんじゃないか。

いったん広告です

デザートサンデーを食べる未来を諦めない

つまり期限が切れてないことにしてクーポンの商品を食べに行く。割引は無いがあることにする。気持ちの勝負である。

004.jpg
しかし雪だるまさんロールケーキは販売の期間が終わっていた。下に『7日間限定』とあり、その横に過去の日付が記されている。

永遠に失われた未来。

006.jpg
しかし他にも魅力的な未来はある。肉の万世のスクラッチカード。

カード上部の白い旗のところ、コインでこするスクラッチくじになっていて、A賞が当たっている。コンビネーションサラダかデザートサンデーがもらえるぞ。

007.jpg
そして期限が切れている。すごく切れている。

しかし期限は切れていない。そういうことにする。というか期限なんてもので僕が万世に行く未来を諦めない。僕が万世でデザートサンデーを食べる未来を。

008.jpg
来た。
009.jpg
デザートサンデー、多分これだろう。
010.jpg
カツカレーを頼んだ。豚汁が付いていた。

カツが乗っているのにカレーの中にも肉がたくさん入っていて、そこに更に豚汁が付いている。隙あらば肉を食わせる肉の万世のカツカレーだった。

そして待つ。

あのスクラッチくじを誇らしげに店員さんに見せた自分を頭の中にインプットする(本当は普通に頼んだ)。僕はくじに当たった。そして期限の切れないうちにまた肉の万世に来れた(期限は切れている)。これがデザートサンデーをサービスでもらえる僕の未来(普通に頼んだ)。僕の細やかなスケジュール管理能力(そんなものは無い)。

011.jpg
そして来た。未来が。

A賞のカードと一緒に写真を撮った。なぜかと言うとこれが当たったおかげで食べられるから。当たったおかげで(期限が切れたが当たりが惜しくなり期限が切れてないことにして肉の万世に来て)食べられるから。

012.jpg
キャラメルサンデーにした。デザートサンデーは好きなサンデーを選べるから(そういうことにした)。

素晴らしい未来だった。キャラメルのソースはかけるとパリパリに固まってすごくいい食感だった。下にコーンフレークが入っているんだけどドライフルーツもたくさん混ざっていてここもおいしい。隙間を埋めるためだけのコーンフレークじゃなかった。

普通に頼むよりくじが当たった経験と結びつけて食べるとより感慨深い。味が甘い。期限内に来れて(期限内に来たことにして)よかった。

お会計の時はカツカレーの値段と一緒に払うのでサンデーの値段とかはよく分からなかった。くじに当たった。デザートサンデーを食べた。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ