特集 2021年12月26日

書き出し小説大賞第228回秀作発表

書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)

雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。
著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。


前の記事:書き出し小説大賞第227回秀作発表

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

一昨日のクリスマスイブ、波乱の一年を象徴するようなビックニュースが飛び込んで参りました!「ぱいぱいでか美」さん「でか美ちゃん」に改名です。それではでか美ちゃんのさらなる飛躍を祈って、今年最後の書き出し小説です!

書き出し自由部門

ここからは見えないけど、たぶん今、すごい夕焼け。
葱山紫蘇子

台所の窓からなら見れるやつ~~雲のグラデがすごい。

彼の手を引いた私は、わざと各駅停車に乗っている。
ミミズグチュグチュ
ボリュームはゼロのままだけど、僕はヘッドホンをかぶった。
Airda
「ほ」と発音する口で肉まんを奥歯で咀嚼する。
井沢

肌の保湿もできる食べ物。

心無い言葉でも、お湯で割ると酔える。
七寒六温
冬の手錠は冷たかった。
午前0時

ふわふわであったかい手錠がいい。

雨に濡れた男からは魚の匂いがした。。
みよおぶ
目の前の警察官がもし狂ったヒマワリだったらと想像してみよう
S.虚無
ピンク色を見ると人を殺したくなる。いつものように入念に手を洗った。
フンジャッタ
「看板」と描かれた看板を目にしたその夜、わたしは「手紙」とだけ記した手紙をキミ宛に投函した。
大河原朗

「返事」が来ますように。

鈴木には泣いてしまう暗闇と笑ってしまう暗闇があった。
もんぜん
「神父やめよっかな~」神父は言った。
髙橋きよてん

「神父ちゃん、教会やめへんで~~!」

君がいなくなった掲示板は物足りないけれど、私はまだ抜け出せないでいる
七世
絵本を飛び出したわたしを待ち受けていたものは、想像を絶するには少し足りないくらいのパパだった。
キキ
いったん広告です

つづいては規定部門。今回のテーマは「なんとなくエロい」でした。深読みするほどにエロさが増す微エロ小説。気持ちを整えてお読み下さい。

規定部門・モチーフ『なんとなくエロい』

道端に口紅のついたマスクが落ちていた。
ウチボリ

エロとはつまり想像力。

僕の絡まったイヤホンを直す君の指を見ている。
寂寥
みかんネットを両手で引き裂く。
g-udon
黒ひげに剣を刺す女の手は震え、眉間には皺が寄っていた。
ぴすとる
由美は素足で床の七味唐辛子を拾い上げた。
タカタカコッタ

これリモコンじゃダメで、七味唐辛子というのがいいんだと思う。

君がくれた絵の具に、僕の絵の具を混ぜた。
ろっさん
穴あき靴下から真っ赤なペディキュアが見えた。
みよおぶ
夕焼けで伸びた君の影を、指先でなぞる。
桃とペンギン
来たことを、耳の軟骨で感じ取る。
suzukishika
わたしの「豚」に、エサと苦痛を与えないでください。
さくさく
あなたが取ってくれた金魚をプールに放して、一緒に泳いだ。
南極行太郎
まだひとつ、試したことのない暖の取り方がある。
早百合
こんなに寒いのに、窓ガラスの下は汗をかいている。,ももんがもん
 
「私が誘導するので、校門に入れて」女教師の声がした。
はらけん
美和さんは僕の卓上カレンダーを奪い取り、勝手に予定を書き込んだ。
ベランダ

スケ汁(ジュール)がこんなに……

美雪に踏まれた鴬張りは、わずかに高く長く鳴く。
昼行灯
ピーマンに肉を詰め、仕上げにあったかいソースをたっぷりとかけてあげた。
柳葉魚ぉ
しっとり濡れたおにぎりの海苔が、米粒の形を露わにしている。
午前0時
ナンがあられもなく皿からはみ出している。
モンゴノグノム
杏仁豆腐の上にクコノ実が一粒。
タカタカコッタ
アイスはすっかり甘い水になっていた。
えむけい

食べ物系はもれなくエロいです。

親方と山芋を擦っている。
寂寥

BLかな?

いえをください。
伊良敷

今回いちばんわけが分からなかった作品。どうエロく読むかは読者しだい。

鏡餅が少しズレている。
いそうろう

ズレた鏡餅だけの写真集欲しい(笑)

甘いトイレの芳香剤。
オメガ
操縦席が狭い。
正夢の3人目

エントリープラグ、母胎回帰願望

瀧湯に打たれる体から跳ねた雫が波紋となり私の足元に広がった。
こんどう巨神兵
ゴージャスな番組タイトルのロゴに、反射した光が通り過ぎる。
モリダイ

エフェクト萌!新しいフェチだと思う。

ちょっとずつ、ちょっとずつ葉っぱが落ちていき、枝が見えてくる。
もろみじょうゆ

エロ視点で読む「最後の一葉」。

森を抜けると急峻な山が二つ連なっていた。
吉田髑髏
レースクィーンがゆっくりと流砂に飲まれていく。
住民パワー
どうしようもないほど朱を入れられた書が、まだベタついている。
昼行灯
セルフレジがお札を引き込むその、力。
野焼き

言われてはじめて気づくエロ。それにしても高度な変態(笑)

 

それでは次回のお題を発表します。

次回モチーフ
『バカ』

次回は定期的に現れるお題『バカ』年のはじめの書き初めは清々しいバカでお願いします。今年もほぼコロナに振り回された一年でしたが、来年こそはやりたいこと、思いっきりできる年になるといいですね!
締め切りは来年1月144日、発表は16日を予定しています。下記の投稿フォームからご応募下さい。それではみなさまよいお年を!

最終選考通過者
劇団斉藤 シキブ  キキ ゴリの助  淋しいと死んじゃうさぎ 夢雀 あのヒト ベル b接点 マルの家 青々 山棲み少女  ぽしゃん アイク いずも こた 鰯に乗った少年 メスゴリラ師匠

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ