特集 2021年12月12日

書き出し小説大賞第227回秀作発表

書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)

雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。
著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。


前の記事:書き出し小説大賞226回秀作発表

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

いま、このときも、前澤社長は宇宙にいるんだなと思うと……すみません。とくになんの感情も沸きません。それでは今回もめくるめく書き出しの世界へご案内しましょう!

書き出し自由部門

まぶたを閉じる。そこから私は始まる。
劇団斉藤

シンプルで強い書き出し。

寝違えたからこそ見えた景色。
若葉猫
雪が舞う。鮭が一匹、空に吸い込まれる。
鯨谷いさな
彼女が初めて焼いてくれたお好み焼きは正方形でした。
人馬一体勘
言い訳みたいな革ジャンを羽織る。
吉田髑髏

カブトムシ色の。

あの人に貸してた10円が現金書留で返ってきた。
暗落亭涼蘭
雨の教室に、声と光が籠る。
坂上田村麻呂の従兄弟

雨の教室とか、五感ごと一番染みついてる記憶だと思う。

世界の広さに慄いて、人は住処を作った。それが即ち国である。街である。家である。
笠原颯真
美容脱毛サロンの自動ドアから、毛ガニはまるで別蟹のようになって出てきた。
さくさく

別蟹って概念、はじめて意識したw

朝起きると、背中が無くなっていた。
タカタカコッタ

背中も体の裏面というただの概念、よって「背中」など最初からない。

ロケットババアに抜かされると死ぬ。
いずも

絶望的な怖い話。

好きという気持ちに鉤括弧をつけてあの人の前に立つ。
Airda
一片の雪が頬で溶け、声変わりを早めた。
午前0時
ねむさはんぶんの時だけ、いける世界がある。
正夢の3人目
愛してくれてありがとう。全部しんどかった。
正夢の3人目
ビニール袋に入ったショートケーキは私が一歩進む度にシャワワ…と鳴いた
コア

「?」がありまくりの文章は、当然つづきが読みたくなる。

クリアファイルに入れて飲む水が一番美味い。
ベランダ

昔の新幹線の紙コップが、コップというより小さな紙袋で、でもそれで飲んだ冷水が美味しかった。クリアファイルとは関係ないけど(笑)

鉄格子の影が重なって、あなたが服を着ているように見えた。
もんぜん
こういう夕暮れ空のグラデーションが浮世絵に既に刷られていることに驚く。
井沢
まず、あなたの舌先で、この文字を舐めてみてほしいのです。
suzukishika
スパークリング嫁の炭酸が強い、そうだ、今日は結婚記念日であった。
prefab

新種の嫁!(笑)

色褪せたダイイングメッセージは今も探偵を待っている。
ぐるりん
いったん広告です

続いては規定部門。今回のモチーフは『偽偉人伝』でした。教科書には絶対載らない歴史をどうぞ!

規定部門・モチーフ『偽偉人伝』

草履を温めておいた、もう一人の男の話である。
suzukishika

アピールできないタイプ。応援したい。

明智光秀が起こしたとされる本能寺の変。裏の裏の裏で関わっていたのは、小森山道忠。
七寒六温
「そうです、私が花言葉作成者です。」
人馬一体勘
とある若者の鼻歌は、歌い継がれ、やがて国歌になった。
寂寥
歴史学教授、多田倫彰。数々の年号の語呂合わせを生み出し、日本中の学生から愛された男。
もろみじょうゆ
後に、少女のパンツにリボンを添える男、リング・ウィットマーは、大学の学生寮を全裸で駆け回っていた。まるで、古代ギリシアの偉大な科学者アルキメデスのように。

少女のパンツ考える前に自分のパンツ穿いて欲しい。

「街を破壊してごめんなさい」クワトロジュニアは正直に謝った。
もんぜん

初代世界大統領クワトロジュニアの逸話

「鳴かぬならそっとしておいてやれホトトギス」慈悲深く優しい戦国武将、柔田柔優の句。
葱山紫蘇子
何も成しえないまま、お札の肖像画になる夢だけは叶えた人物の話をしよう。
g-udon
今では当たり前だが、その男が発明するまでスーパーの値引きシールは存在しなかった。
g-udon

その男にヒントを与えたパートのおばさん外伝。

パヌシュライ3世は湖の水を全部抜けと命じた。
みよおぶ

「池の水ぜんぶ抜く」はパヌシュライ3世へのオマージュ

「ほら、受け取ってごらんよ」彼女が投げたリンゴは僕に届く前に芝生に落ちた。
井沢

引力発見エピ、曲げてきた!

X線の発見で、喜びのあまり何枚もレントゲン写真を撮った。
ろっさん

話の見当がつかねえ!

女子会を考えたのはうちの母だ。
いそうろう

それまでは「結果」でしかなかった女子会を「目的」にした人物。

ジャックはマンドラゴラを引き抜いて死ななかった唯一の男だ。彼のおかげで薬用養命酒がある。
ベル
「決して思考では到達できない」と教授は大統一理論を体で教えてくれました。
タクタクさん
17歳。春。ブランコ伯爵は、女湯を覗きたかった。
昼行灯

ブランコ伯爵がいなければハイジのオープニングもなかった。

朝靄漂う公園で、悩んでいる男がいる。彼、後に希代の変人救世主と呼ばれる男は今、靴を履いたまま靴下を脱ぐ方法についてもう三週間も悩み続けていた。
あらららら
人は常に未来が見える時代になった今、過去を悔やみ引きずる者が、倫理の教科書の表紙に選ばれた、これから言う話はその男の話。
藍漾

 それでは次回のお題を発表します。

次回モチーフ
『なんとなくエロい』

今年最後のお題がこれでいいのかはさておき、次回のお題はエロ。とは言っても直接的に官能的なものではなく、読み方によってはエロい、無意識ににじみ出るエロスを募集します。

エロスとは突き詰めると個人の主観なので、中には「どこがエロいの?」のという作品が来るかもしれませんが、このお題に応募したということは、そこになんらかの性的欲望が潜んでいるわけで……ということはつまり読む側のエロも試される回となりそうです。

締め切りは12月24日のクリスマスイヴ(笑)発表は12月26日を予定しています。下記の投稿フォームからご応募下さい。力作待ってます!

最終選考通過者

淋しいと死んじゃうさぎ 眉村恥目 大河原朗 あおきはる こんどう巨神兵 DIC 三点リーダー症候群 あの日の小夜時雨 amanatz 菅原かつを 山棲み少女 シキブ ラランドとにゃんこスターは類似タレントだと思ふ メスゴリ師匠 驚き桃の木どっきどき ビックボス 高田 マサ内藤  自由人 一山健吾
 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ