特集 2019年10月6日

書き出し小説大賞177回秀作発表

書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)

雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。
著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。


前の記事:書き出し小説大賞176回秀作発表

> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

夏なのに秋? 東京ではそんな気候がつづいてます。昨日新しいMacを買い、古いMacからのデータ移行を試みたのですが、終了までの予測時間が『174時間35分』と出ました……。旅にでも出ようかな。
それでは今回もめくるめく書き出しの世界へご案内しましょう!

書き出し自由部門

いい人、はじめました。
タクタクさん

面白Tシャツに書いてそう。

いずれ結婚してくれるなら、いまは嫌ってくれていい。
紀野珍

好きだから近寄らないで!

首吊りの男から値札が見える。
ろっさん
万年カレンダーだけが生き残っている。
xissa
校歌に個人情報が9つ入っていた。
くのゐち

暗証番号の語呂合わせまで。

過激な発言はベリーショートの女から始まる
ともやぴ
会食は長引き、獣脂は固まった。
高田
静かなる豆腐を片手に彼女は旅に出る。
シティワーク誰かな、シティワーク誰かな、シティワークは吉田鋼太郎

ペンネーム削って下さい。

「ノーチラス号、応答せよ。こちら、文川高校ロマン部」
さくさく
4時間かけて、外科医はミルフィーユを美しく食べきった。
さくさく

私、食べ残さないので。(ドクターX)

明け方に見る夢は、色がつめたい。
さくさく
夜景の見える独房で良かった。
インターネットウミウシ
ホップ、ステップ、五臓六腑。染み渡るコーンスープ。
ハトムギ麹

想像を越えた着地点。

包帯を解く間は明るい話題を、巻く時には誰かの秘密を思い浮かべていた。
小さじ

さくさく氏の応募作は、毎回なにを採用しようか迷ってしまう。
「ノーチラス号、応答せよ~」のロマン部。彼らの日常が読みたくなる。いつも採用作の中には、いつも飛び道具的な作品を入れるよう意識しているが、今回はハトムギ麹氏の「ホップ、ステップ~」五臓六腑で終わらず、コーンスープまで飛べたのがよかった。

いったん広告です

つづいては規定部門。今回のお題は「サル」であった。書き出しだけならサルでも読める(いや読めない)怒濤の37作品をどうぞ!

書き出し規定部門・モチーフ『サル』

ことわざになりたくて木から落ちた。
カズマンヌ
群れに馴染めずにいるサルとまた目があった。
セッドあとむ

同じバイブスを感じたのかな。

電線を伝い猿は逃げ、感電した父は落ちた。
ぴすとる
図書館に来ると必ず図鑑で自分を探してしまう。
にかしど

エゴサーチ的な(笑)

サルが奇声をあげた。「異議あり!」と通訳士。
にかしど
ダウンロード中の渦巻にサルが威嚇をする。
にかしど
メスゴリラは土俵に上がれますか?
伊勢崎おかめ
【冷やしゴリラ始めました】
伊勢崎おかめ
ヒッチハイクで拾った猿が、サイドブレーキを引きたがる。
住民パワー

あと勝手に前の車をあおる。

「気がついたようだねマイケル。」
シロイルカ
最初は、ゴリラが医者になるなんて誰も信じてなかったよ。
シロイルカ
サルは、ほっとした様子でござる。
まゆげぱんつ
観光客が来ると「岩風呂に入って!」と猿にキュー出しする猿
モリダイ
おとりよせのバナナは、ふるさとの味がした。
東ことり
相棒の猿が撃たれた。
オメガ
ジョージさんが来たぞ!
xissa

アニメと印象違うな。

悟空はいつも身体がかゆい。
xissa
ノミを取るふりして背中に「好き」って書いた。
井沢
人より数倍悩んでるんだ。皺の数を見ろ。
g-udon
サルは後ろを向いて嫌そうな顔をした。
自由人
その猿は、かけ湯をしてから温泉に入る。
ともきよ

手首にはロッカーの鍵が。

ばえザル、つぶやかザル、ググラザル
新田怠惰佑
早い猿はもうタピオカには見向きもしないようだ。
たこフェリー
カブトの幼虫をひょいとつまむと、チンパンジーは手際よく寿司にしてくれた。
寂寥

体液出てるし!

殺人チンパン。止まらない慟哭。
寂寥
キャミソールの脱ぎ方が猿っぽいよね。男は言った。
suzukishika
サルになって3日目の夜、ボスに会った。
ナシハリ

これはハードボイルド。かっこいい!

あのチンパンジー、明らかにwifiが見えている。
prefab
やっぱ町の猿は持っとる石かっこええだな。
高田
走馬灯で浮かぶ、覚えのない猿の顔、顔、顔。
インターネットウミウシ
俺は見るし、聞くし、言うし、噛む。
紀野珍

政治にも口を挟むぜ。

駐めておいたゴリラが居ない。
昼行灯
「オレらからしたら、『人の惑星』だかんな!」
モンゴノグノム
猿が支点になれば、人間回しだ。
むぎちゃんがペロペロ
12匹のワオキツネザルに囲まれた。ちきしょうめ。
葱山紫蘇子
「え?ミッキーマウスって猿じゃねえの?」大林はもちろん英語もできない。
胸見て一杯
明日、サルに謝る。
まじいい

反省!(サルに)

前回お題にしたときにも感じたが、サル回は熱い。作家さんたちのノリがいつもと全然違う気がする。今回も絞りきれず大量採用になってしましった。サルを介することで書けるヒトの習性、自分自身を笑うのに、サルはやはり最適のモチーフなのだ。


それでは次回のモチーフを発表します。

次回モチーフ

次回モチーフ
『官能小説』

次回は官能、つまりポルノです。既出のお題ではありますが、最近は新しい作家さんたちも力をつけて来たので、あらためて募集します。そのものは書かずにそれを匂わせ、思わせる。実は官能小説ほど繊細でアイデアの必要なジャンルはないかもしれません。艶っぽく面白い作品を期待します。

締め切りは10月25日正午(三週あきです)発表は10月27日を予定しています。下記の投稿フォームから部門を選んで送って下さい。力作待ってます!

最終選考通過者

吉田髑髏 odgtzn りっきー 三津ひかり 人馬一体勘 石崎ひゅゅゅゅゅゅーい

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓