広告企画 2019年3月18日

実家からっぽくスマホを送りたい

スマホをプレゼントとして送るのに最適な緩衝材とはなにか。

編集安藤さんから「中古スマホ(iPhone)を5台プレゼントする企画なんですけど、なんかいい感じの箱で送りたいんですよね。なんとかしてくれませんか」というふわっふわなオファーが来た。

「いい感じの箱ってなんですか」と聞くと、安藤さんは「宝箱とか」という。いや、あまり妙な箱を送りつけたら、もらう側も不安にならないか。

じゃあ逆に「もらう側に一切の不安が無い箱」ってなんだと考えて、ふと思いついたのが、実家から送られてくる食べ物の詰まった箱だ。
あの“実家箱”を再現してスマホを送れば、みんな安心して受け取ってくれるんじゃないか。

 

※編集部注
この記事はNTTレゾナントの運営する「goo Simseller」の広告企画です。というわけで本当にiPhoneを5台プレゼントします。応募方法は本文中に。
 

1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。(動画インタビュー)

前の記事:日本一のクラムチャウダーを決めるニッチすぎる選手権

> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

実家箱こそが「いい感じの箱」ではないか案

えー、要するに

「実家からの仕送り物資(食料)の入った箱=いい感じの箱」

という前提に基づいて、そういう実家感のある食料を緩衝材代わりにスマホを送れば、みんな喜んでくれるのではないかと思ったのだ。

緩衝材たっぷり入れといたら、専用ケースのない中古のスマホも安全に送れるし。

で、ふと思い出したんだけど、僕が京都の大学に通っていたととき、埼玉から来ていた同級生が実家からお菓子や調味料と共にやたらネギの詰まった箱を受け取っていた。

なるほど、埼玉と言えば深谷ねぎだ。あれは、遠くに住む一人暮らしの息子に「故郷の味を思い出させてやりたい」という親心だったんだろう。

001.jpg
荷物を送る用の緩衝材を実家からの食べ物にするともらう側は嬉しい、という発想だ。(写真はイメージです)

つまり地方ごとに実家箱の中身はいろいろあるはず。

であれば、全国のいろんな地方の実家箱を再現する必要があるだろう。

(当たった人がどこ出身かは分からないので、単に珍しいご当地食料の箱と受け取られる可能性の方が高いけど)

ケース1. 東北・青森県の実家箱には何が入っているか

とりあえず、身近な人にいろいろ聞いて実家箱を作ってみよう。

まずは東北地方あたりはどうかということで、ライター西村さんの奥様(青森出身)に、西村さん経由で実家箱の記憶をきいてもらった。

002.jpg
なるほど、津軽地方あるあるどおり、まず「源たれ」は欠かせないようだ。あと西村さんがしれっと「ナット昆布」追加してきた。

「源タレは塩いらないからノーマル送れって言ってんのに、おいしいから……と言って必ず塩混ぜて送ってきます」

という辺りにすごく実家っぽさがあって、ほっこりする。
たぶん親御さんが源たれの塩、好きなんだろうな。そもそも源たれに塩があるというのも初耳だけど。

ということで早速買い出しに都内の青森県アンテナショップへ来てみた。

003.jpg
飯田橋にある「あおもり北彩館」へ。
004.jpg
源たれ、こんなにバリエーションあるのか。プレミアムとかゴールドまである。

棚を見ると、確かに源たれがめっちゃある。都内在住の青森出身者はみんなここへ魂の味を補給しに来るんだろうか。
プレミアムが相当に気になったけど、ここはノーマルと塩を購入した。

005.jpg
津軽の「干し餅」ってこれかな。思ってたよりデカいけど、水分無いから軽い。
006.jpg
菓子パンの「イギリストースト」は代わりに「イギリストーストラスク」を。
007.jpg
これが久滋良餅かー。わざわざ「毎週木曜入荷!」と貼ってあることから人気が伺える。

リストにあった久滋良餅と茶屋の餅は賞味期限が思ったより短かったので、申し訳ないが今回は無しで。
でもどんなのか興味があったので、自腹で買って食べた。くるみ入りのういろうって感じでうまいです、久滋良餅。

【西村さんからのiPhone入り実家が欲しい方は下のボタンからtweetしてください。】

ケース2. 北関東・群馬県の実家箱には何が入っているか

次は北関東。群馬出身のライター乙幡さんちの実家箱はこんな感じ。

008.jpg
乳菓「ママ」は気になってたけど、取り寄せが間に合いそうになかったので今回は無しです。

やはり群馬というとまずは銘菓「旅がらす」が最初に来るのか。

西村さんの奥様の久滋良餅と茶屋の餅もそうだけど、こういう地元のお菓子は「実家っぽい味」の代表であると同時に、周りにお裾分けして皆さんと仲良くしてもらいなさいよ、という親心でもある気がする。

009.jpg
銀座の群馬アンテナショップ「ぐんまちゃん家」にて旅がらすゲット。背後にはたまたま来ていたぐんまちゃんが。
010.jpg
乙幡さん指定の星野物産のうどんは発見できず。

群馬と言えばうどん。乙幡さんのリストには銘柄指定まであったけど、残念ながら群馬ショップでは星野物産の乾うどんは見つけられなかった。でも他のメーカーのでもおいしそうだし、いいよね。

あと、同じメーカーのおっ切り込み(群馬の煮込みうどん的なやつ)もあったので、入れておきます。

011.jpg
買い物終えて外に出たら、ぐんまちゃんの撮影会になってた。人気だな、ぐんまちゃん。
012.jpg
お馴染みサッポロ一番。これはうちの近所のスーパーで買った。

あと、実は群馬県前橋市に本社があるサンヨー食品の「サッポロ一番」。もはや全国で買える袋麺の代表格だけど、これも。
一人暮らしの子どもを思う親としては、とにかく簡単に食べられる乾麺系はマストのようだ。

【乙幡さんからのiPhone入り実家が欲しい方は下のボタンからtweetしてください。】

 

logo.jpg
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓