特集 2019年1月5日

普段使いしたい、斧

ゲームではよく見かけるが、実際に手に持ったことはない、斧。

そんなあこがれの斧を購入した。小さな手斧ではあるが、日常生活に取り入れて便利に使っていきたい。

インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。(動画インタビュー)

前の記事:2018年デイリーポータルZが生んだ工作よりすぐり ~2018年総集編「つくる」

> 個人サイト nomoonwalk

斧は普段使いできるのか。この記事は動画が本編です 


ダイジェスト

自宅に斧ってあります?
フィクションではよく見かけるけど、家にはありません
ということで、買いました
野菜を切ってみると、力を入れなくても斧自体の重みでザクザク切れます
ロールケーキを切ってみました。振り下ろすと見事につぶれるので、慎重に引き斬りしましょう
割りばし。パワーがありすぎるため、割った感触が無です
ダンボールの開封は可能どころか、想定外の位置から空けることすら可能。中身が心配ですが
 
刃の幅が広いため、スクラッチカードは一気に広範囲をはがせます
なんとスクラッチくじが当たりました。元手400円が1000円に!
封筒の開封。薄い紙はうまく切れないことが判明
折り紙で雪の結晶を作ってみました
何をやるにも今までの刃物とは違った感触がしました。斧は感触が愉快な道具です

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓