特集 2019年8月2日

上の句「ココロも満タンに」 企業キャッチコピー百人一首で遊ぼう

上の句が「ココロも満タンに」なら、下の句は「コスモ石油」だ

あなたと、コンビに、」と言われたら自然と「ファミリーマート」が思い浮かぶ。よく言えば、百人一首に素養のあるひとが上の句の「ちはやふる」から「からくれなゐに水くくるとは」を導くようなものだと思う。

きっとファミリーマートの上の句って「あなたと、コンビに、」なのだ。そういった企業のキャッチコピーを集めたら我々でも百人一首のような熱い戦いができるに違いない。

よし、企業キャッチコピー百人一首をしよう。

埼玉生まれ、神奈川育ち、東京在住。会社員。好きなキリンはアミメキリンです。右足ばかり靴のかかとがすり減ります。(インタビュー動画)

前の記事:ウォンバットのうんこは、やや四角い

> 個人サイト のばなし

和歌の教養がない我々でもできる百人一首

02.jpg
知らず知らず培った知識で、熱い戦いがはじまる

企業のキャッチコピーが好きだ。

限られた文字数のなかに、その企業らしさをギュッと詰め込む。多くの案が出される中で「これじゃ会社の良さが伝わらない」とか「他社と似てるんじゃないか」とか、紆余曲折を経て生まれてきたのだろうと思う。

お、ねだん以上。と言われたらニトリ。ココロも満タンにと言われたらコスモ石油。

多くの人の知恵が練りこまれているだけあって企業のコピーには印象的なものも多い。今回は「企業キャッチコピー百人一首」で遊ぶべく、認知度の高そうなコピーを持った24社を選定した。

03.jpg
取り札がこちら。これくらいの枚数がゲームとしてちょうど良さそう

錚々たるメンバーが揃った(と勝手に思っている)。札の作り方は簡単で、

04.jpg
企業名が書かれた白い紙と、一回り大きいグリーンの厚紙を用意して、
05.jpg
重ねて貼るだけ

枚数が増えるとそれなりに大変だけど、モノクロプリンターでもそれっぽいものができる。しめしめ、いい方法を見つけた。これで準備は万端だ。

百人一首するぞー!あつまれ!

01.jpg

足元の悪いなか3名に集まっていただいた。ほんとにずっと雨が降っているのだ、最近。

06.jpg

プレイヤーはライターの江ノ島さん、井口さん、ネッシーさんの3人。読み手は筆者・北向ハナウタでお送りする。
注目は群馬出身で上毛かるたならすべて覚えているというネッシーさん。

07.jpg
取り札を並べると「あー…!」という声が漏れる

北向「この時点で何割くらいわかりますか?」
江ノ島「いまは、何もわからない…」

大変だ、何もわからない人がいる。

江ノ島「言われればわかる気がするんですけどね…」

江ノ島さんの言うように「上の句」を読み上げると、自分が思っているより自然と下の句が出てくる。今回の参加者も「数枚しかわからないかも…」と言いながら、24枚すべての札が正答された。

知らぬ間に記憶の底に刷り込まれているのだ、企業からのメッセージが。

一番人気札、NO MUSIC,NO LIFE.

さぁいよいよ勝負開始。はじめの1枚…読みます!

08.jpg

北向あなたと、コンビに、
井口ファミリーマート!

言うが早いか、井口さんの手がズダダッとファミリーマートの札に伸びる。

09.jpg
井口「身体が勝手に動いた…」

井口さんが自分の早さに驚いている。これがオレの能力(チカラ)…?少年ジャンプだ。第1話の主人公だ。

主人公を交え、この調子で続けよう、2枚目!

10.jpg

北向NO MUSIC,NO LOIFE.
ネッシータワーレコード!
井口江ノ島「あー!」

11.jpg
このスピードで闘っています

江ノ島「わかってるやつだった!」

タワーレコードが今回もっとも知名度のあった札で、はじめから全員が狙っていた。

ちなみに”キャッチコピー”と表記しているが、企業によって「スローガン」だったり「コーポレートメッセージ」だったり微妙に呼び方が異なる。とはいえ煩雑になるので今回は”キャッチコピー”で統一したい。

12.jpg

北向カラダにピース。
ネッシーカルピス!

ここではじめてのお手つき、江ノ島さんが勢いよくカルビーを取った。似てるけど。お手つきは、そのターンは休みというルールで進めます。

しかし江ノ島さんも巻き返す。「掘り出そう、自然の力。」の読み札で今度こそ「カルビー」を手に入れたのだ。

13.jpg
江ノ島さんは札を取るたびにこっちを向いてドヤ顔をするのでかわいい

北向「すごい、結構これ難易度の高いやつだと思ったんですけど」
江ノ島「パッケージに書いてありますね、ホームページで新商品チェックしてたから」

企業の公式サイトで商品チェックするひとって実在するんだ。江ノ島さんは食べ物系の企業に強い。この辺りからそれぞれの個性が出てくる。

接戦に強い井口さん、食べ物の江ノ島さん、トヨタのネッシーさん

14.jpg

北向目の付けどころが、
井口シャープでしょ!

井口さんが早い。「目の付けどころが、シャープでしょ。」有名なフレーズだけど、今はもう代替わりして「目指してる、未来が違う。」というものになっている。

企業のキャッチコピーって知らないうちに変わっていたりする。LIONも「おはようからおやすみまで」のイメージだったけれど、今回調べたら2012年から「今日を愛する。」に変わっていた。

勢いづく井口さんは「ココロも満タンに」の札を難なく「コスモ石油!」と手中に入れる。

15.jpg
なにせこの躍動感である
16.jpg
覚醒?

ここから数枚は英語のキャッチコピーが続く。

17.jpg

北向Inspire the Next
ネッシートヨタ?
江ノ島日立だ!」

「Inspre the next 日立」の順だと耳馴染みがないかもしれない。
が、「Hitachi…Inspre the Next」と口にしてみると確かにCMなどで何度も聞いた響きになる。”言われればわかる”の終着駅だ、ここは。

18.jpg

北向make it possible with
ネッシートヨタ?

ネッシーさん、さっきもトヨタで誤答してましたよ。

江ノ島「メイクイットポジティブ…」

江ノ島さん、ポジティブじゃなくてポッシブルです。

井口「ん!キヤノン!

北向「正解です!make it possible with canon

江ノ島「その音の響き知ってる…!」

19.jpg
このコピーもまた、口に出してみるとしっくりくる

キャッチコピーに英語を使うのは大手の自動車メーカー、電機メーカーが多い。海外での展開を考えての戦略だろうと思う。
英語の札をもうひとつ。

20.jpg

北向The Power of Dreams
井口ネッシートヨタ!

なんとふたりがお手つき。3度目のトヨタに挑戦したネッシーさんを尻目に、江ノ島さんは冷静に「ホンダ」の札を手に入れる。

ネッシー「車わかんない。全部一緒」
北向「暴言だ」

ちなみにトヨタは「FUN TO DRIVE,AGAIN」が正解。ふたりが誤答したのは、一世代前のコピーが「Drive your dreams」だったからだろう。かなりホンダと雰囲気が近いのだ。

トヨタのコピーの歴史は「FUN TO DRIVE」→「Drive your dreams」→「FUN TO DRIVE,AGAIN」とdreamを挟んで「FUN TO DRIVE」に回帰しており、なかなか興味深い。

21.jpg
江ノ島さんのにこやかな顔を額縁に飾ろう

続く6枚の読み札をダイジェストも兼ねて並べてみよう、どれだけひらめくだろうか。

22.jpg

それぞれ答えは以下の通り。

  • I’m lovin’ it: マクドナルド
  • 水と生きる: サントリー
  • マチのほっとステーション: ローソン
  • みんなの食卓でありたい。: 松屋
  • ヒューマンヘルスケア: エーザイ
  • ゴホン!といえば: 龍角散

ヒューマンヘルスケア」の「エーザイ」など結構むずかしかったと思うのだけど、これが3人いると誰かしらがしっかり抑える。エーザイは、個人的には「元気出していきましょう」のフレーズのほうが馴染みがあるなー。

それにしても接戦である

続く「あったらいいなをカタチにする」を江ノ島さんが「小林製薬!」とはたき落とし、3人とも5枚ずつというかつてない接戦となる。

もしかしてこの企業キャッチコピー百人一首、よほど記憶力があるとか、反射神経がいいとかそういうひとがいない限り、誰と戦ってもわりといい試合になるのかもしれない。

23.jpg
喜怒哀楽、この写真には喜怒哀楽が詰まっているぞ

憧れの”手に汗握る一進一退の攻防”が目の前で繰り広げられている。

はぁ、おれは、考えた遊びでみんなが真剣に遊んでくれている瞬間が一番好きなんだ(自分でむりやりゲームに誘っておいてなんですが)。

初耳のキャッチコピー、イケイケ!GOGO!

浸っている場合ではない、勝負は終盤。ガシガシ行こう。

24.jpg

北向近くて便利
ネッシーセブンイレブン!

少し前の「セブンイレブン、いい気分」も印象的なセブンイレブンのキャッチコピー。

近くて便利」というスリムさ、なんというか王者の余裕みたいなのを感じませんか。「セブンイレブンのこと、知らない人はいないでしょ?」という強さを感じるフレーズだ、と思う。

一方でもっとも参加者が悩んだ札がこちら。

25.jpg

北向イケイケ!GOGO!
3人「・・・?」
ネッシートヨタだ!」

ネッシーさんにトヨタを取らせるの禁止にしようかな。

少し間をおいて、井口さんが湖池屋を取り正解。「フレーズに”イケ”が入っていたから”コイケヤ”かなと…」という名推理はこの日のターニングポイントとなった。

イケイケ!GOGO!、まじめな企業が多い中でかなり異色なキャッチコピーだ。個人的にはわりと好きだな。

26.jpg

北向正解は
井口越後製菓!

気持ちいいテンポで答えが出てニヤニヤする。

越後製菓のコピーはおそらく「食品の未来を築く」なのだけど(公式webサイトの企業名の上に明記されているので)、この「正解は、越後製菓!」というシーンを見たくてどうしてもこの札を入れた。満足しました。

その後、ついにトヨタの札をネッシーさんが勝ち取り、「お口の恋人」も「ロッテ!」とねじふせ追い上げる。

27.jpg
終盤のネッシーさんの強さに江ノ島さんも手が出ない

しかし猛追叶わず、「うまい、やすい、はやい」を「吉野家!」と確実に捕らえた井口さんが最後の2枚総取りで勝負あり。

28.jpg
最後に2枚残った時点で、1枚取った人が残り1枚もゲットできるという、上毛かるたと同じルールを採用しました

江ノ島さんが7枚、ネッシーさんが8枚、井口さんが9枚となり、井口さんが第1回企業キャッチコピー百人一首王者となった。


存分に遊んだ

「全部はわからないけど、言われたら”あー”となる」という難易度具合がちょうど良く、最後まで接戦となり白熱できてよかった。

やめられない、とまらない」「かっぱえびせん!」など商品名で遊んだりもできそうだ。

29.jpg
企業名じゃないけど、おれはミスドの「いいことあるぞミスタードーナツ」が好きです
カルビー かっぱえびせん 26g × 24袋
カルビー
売り上げランキング: 3,175
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓