特集 2020年9月4日

ゲームみたいに実況しながら遠隔で散歩すると楽しい

散歩というものがある。近所や出かけた先の知らない街を歩くことだ。健康にもいいし、気晴らしにもいい。目的地をやんわり設定して歩いてもいいし、目的なくただ歩くだけでもいい。とても平和的な行為と言える。

ただ最近は暑いし、遠出するのが難しい世の中なので、毎日同じ散歩コースでは飽きてしまう。そして、歩くと疲れてしまう。散歩を全面的に否定しているけれど、疲れちゃうのだ。そこで自分ではない人に散歩してもらい、散歩をゲーム感覚で味わいたいと思う。

1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。(動画インタビュー)

前の記事:ペットボトルの水滴を拭く時は手術着がオススメ

> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

ゲーム実況をしたい

動画サイトを見ていると、ゲーム実況をよく目にする。感想や次はこうしようなどと話しながら、ゲームをプレイするというものだ。「実況者」などと言われ、日本はもちろん海外でも人気となっている。

002.jpg
ゲームと私

ゲームにはTPSやFPSなど、いくつかの視点がある。TPSは第三者視点で、FPSは主人公(一人称)視点だ。FPSでは基本的に操作しているキャラクターは見えず、手や持っているものしか見えない。私は没入感があるのでFPSが好きだ。

003.jpg
これがTPS
004.jpg
そして、これがFPS

ゲーム実況とFPSを合わせることで、ゲーム感覚で散歩できないだろうか。私は散歩をしない。誰かが「ゲームの中の人」となり散歩し、「実況者」となった私が「ゲームの中の人」を操作するのだ。FPSは軍事訓練にも使われていると聞くし、いいと思うのだ。

005.jpg
「散歩」と「ゲーム」と「実況」を合体させます!

ゲームっぽい画面を作る

まずはスマホやタブレットを準備する。スマホ2台でもいいし、タブレット2台でもいい。とにかくzoomやGoogle meetなどのオンライン会議ができる持ち運びがしやすい端末が2台必要だ。今回はスマホとタブレットをそれぞれ1台ずつ準備した。

006.jpg
スマホとタブレットを準備しました!
007.jpg
スマホと、
008.jpg
自宅パソコンをGoogle meetでつなぎ、
009.jpg
自宅パソコンではそのGoogle meetの画面をOBSというソフトに読み込みます!

スマホでGoogle meetを立ち上げ、自宅のパソコンとつなぐ。これでスマホのカメラに映るものが、自宅のパソコンの画面に映ることになる。それをOBSで読み込む。OBSはストリーミング(配信)ソフトで、今回は複数の画面を1つにまとめるために使っている。

010.jpg
次はタブレットでzoomを開きGoogleマップを表示させ、
011.jpg
自宅パソコンのzoomとつなぐ!

次はタブレットでzoomを立ち上げ、自宅パソコンとつなぐ。画面共有という機能を使い、タブレットでGoogleマップを共有することで、自宅パソコンにもGoogleマップが表示される。

012.jpg
そして、自宅パソコンのzoomをOBSに読み込む!

だんだんとゲームっぽい画面になってきた。スマホからGoogle meetを通して、リアルタイムの映像が送られてきて、タブレットからはzoomを通してGoogleマップが送られるので、今いる場所がリアルタイムでわかる。映像と地図が同期した状態なのだ。

013.jpg
青い紙を自宅に貼る

次に実況者をリアルタイムで画面に合成する。海外のゲーム実況では実況者が画面の端にいることが多いのだ。これに憧れているので、今回はそうすることにした。

014.jpg
こう撮ると、
015.jpg
OBSの画面ではこうなります!

ゲームを知らない人には、彼は何を言っているの? という状態になっていると思うけれど、そういうものとご理解ください。最後に体力ゲージや、目的などを画面に載せて、お散歩FPSの画面は完成となる。

016.jpg
これで完成です!

ゲームの中の人の状況

このゲームは一人ではできない。自宅でゲームをしている「実況者」と、本当にスマホやタブレットを持って散歩をする「ゲームの中の人」の2人が必要となる。ここでは散歩している、つまり実況者に操作される「ゲームの中の人」について書く。

017.jpg
左)実況者、右)ゲームの中の人

「ゲームの中の人」は今回で言えば、スマホとタブレットを持って散歩をする。スマホには三脚的なものに付けて手に持ち、タブレットはリュックサックに入れる。どちらも当たり前だけど、zoomやGoogle meetに繋がった状態でだ。

018.jpg
この装備でゲームの中の人は散歩をする

画面には「ゲームの中の人」は映らないので、何かを持っている方がいいだろう。今回は虫あみをチョイスした。FPSゲームだとピストルなどが多いけれど、今回は散歩なので、ピストルはそぐわない。つまり虫あみなのだ。

019.jpg
耳にはスマホとBluetoothで繋がったイヤホン!

自宅にいる実況者からは、「右」とか「左」とか「虫あみを振る」など声で指令が来る。それを聞くために「ゲームの中の人」はイヤホンを片耳に付けている。その指令通りに歩くのだ。勝手に動かれるとゲームではなくなるので、指令通りに動いてもらう。

020.jpg
まっすぐ歩いているけれど、
021.jpg
実況者からイヤホンに指令が来ると、
022.jpg
右に曲がる!

本当のゲームでは次に行きたい場所をマップ上で選ぶことができる。すると、地図上にピンが落ちたり、道順が表示されたりして、迷うことがなくなるわけだ。これも今回のお散歩FPSゲームでは実装されている。

023.jpg
「実況者」の指示で「ゲームの中の人」はタブレットを出して、Googleマップにピンを落とす

これが「ゲームの中の人」の状況だ。自宅にいる「実況者」がよりゲームっぽく散歩を楽しめるようにするためのシステム。「ゲームの中の人」に意思はないのだ。それは却下なのだ。では、早速このシステムで散歩をしてみようと思う。

024.jpg
さぁ、ゲームの始まりだ!

お散歩FPSゲーム

今回は私が自宅で実況者となり、別の仕事で近くに来ていた知り合いに「ゲームの中の人」をお願いした。説明したけれど、知り合いは「なんで自分だけ暑いところを歩くの?」としきりに言っていた。私は「マリオはそんな文句を言うかい?」と返しておいた。

025.jpg
始まりました!
026.jpg
「実況者(私)」は自宅にいます!
027.gif
「ゲームの中の人」には指示通りに動いてもらいます!

操作確認が終わったところで、目的地を決める。今回は神社に行くことにした。「ゲームの中の人」にGoogleマップで検索してもらい神社への道順を示してもらう。実況者は地図を見ながら、「右」とか「左」とかと指示するわけだ。

028.jpg
Googleマップにピンを落として、
029.jpg
目的地を目指す!
030..jpg
これで迷わないね!

リアルな世界でゲームをしていることに感動する。画質の問題はあるけれど、5Gになると解決していくだろう。プレイステーションも最後につく数字が増えるごとに画質がよくなっている。今年の終わりには「PS5」が出てさらに綺麗になると聞く。それと同じように5Gになると画質もよくなるのだ。今はまだ4Gだけど。

031.jpg
地図に従い、
032.jpg
指示を出して、
033.jpg
「ゲームの中の人」に曲がってもらう

「HP」は減ったり増えたりする。これは暑いので、時間が経つと勝手に減って行くのだけれど、水を飲んだりすることで回復する仕組みだ。ちなみに私はクーラーのある部屋で実況している。「ゲームの中の人」の舌打ちがたまに聞こえるけれど、聞こえないものとする。

034.jpg
実況者は涼しいです! ごめん!

また実況者はswitchを持っている。ゲームをしている雰囲気を出すためだ。switchの画面には何にも映っていない。カメラの裏側にモニターがあるので、それを見つつ、声で指示を出している。コントローラーは全く意味がないのだ。雰囲気だけ。

035.jpg
何にも映っていません!
036.gif
声で指示を出しています!

せっかく網を持っているので、セミを取りに行く。神社に行くというクエストは一旦無視して、セミがいる場所へと「ゲームの中の人」を誘う。実況者の思うがままにゲームの中の人は動くのだ。それがゲームなのだ。

037.jpg
セミを発見!
038.gif
この喜びよう!
039.jpg
セミを捕まえました!
040.jpg
本当は家にいるけど!

ものすごい喜び。リアルで考えれば私はセミを捕っていない。「ゲームの中の人」が捕まえたのだ。しかし、私の操作で虫あみを振ったので私の手柄。ゲームってそういうことだから。だから盛り上がりもすごいのだ。

041.jpg
最終目的地に到着!

目的地の神社に到着して、クエストがクリアとなった。ずっと部屋の中にいたけれど、ゲームをしている気分はもちろん、散歩をしている気分にもなる。一石二鳥なのだ。これを知らない街でやったらさらに盛り上がると思う。「ゲームの中の人」は疲れたと言っていたけれど。

042.jpg
通信が切れたら、なんか悲しい感じになった

流行って欲しい

知らない土地を遠隔で散歩する方法はないかなと考えて思いついたのが、これだった。今回は初めてやるので機材トラブルを考えて、私の家の近くでやったのだけれど、成功したので今後は知らない土地でもやりたい。そのためには知らない土地で散歩してくれる「ゲームの中の人」が必要だ。私は自宅でコントローラーを握るだけで楽だけど、「ゲームの中の人」は大変なので、そのケアはめんどい。

043.jpg
switchではなく私が見ていたモニター!
この記事を書いた地主恵亮さんのオリジナルTシャツ販売中。

jinushi_s.jpg

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ