特集 2019年2月25日

中国翻訳アプリはプロパガンダを訳せるか

よくある景色のプロパガンダをサイバーに訳したい

中国は日本とはいろいろ違う国である。

インターネットの一部のサービスが使えない。例えばグーグルのサービスはほぼほぼ使えない。でもグーグルのサービスの代わりとなるサービスはある。例えばグーグルのかわりにバイドゥ(百度)があって、グーグルの地図や翻訳のかわりにバイドゥの地図や翻訳がある。中国人が中国で生活している限り、グーグル翻訳を使おうとするのは難しい。

また中国と日本の違う点に、社会のつくりの違いがあり、ざっくりいえば政府が強い。そのため街中には政府が国民に「こうしよう」と訴える、プロパガンダが日本と比較にならないほどよくある。例えば北京の天安門の光景の「中華人民共和国万歳 世界人民大団結万歳」という文言もプロパガンダだろう。

日本人は漢字が読めるからなんとなく意味はわかることがあるが、とはいえどんなことが書かれているのか、翻訳アプリで翻訳できるか試してみたいもの。そこでグーグル翻訳は使わず、百度の翻訳アプリを入れたスマホをもって中国の街を歩き、プロパガンダを翻訳させてみた。

変なモノ好きで、比較文化にこだわる2人組(1号&2号)旅行ライターユニット。中国の面白可笑しいものばかりを集めて本にした「 中国の変-現代中国路上考現学 」(バジリコ刊)が発売中。

前の記事:国境の街で年を越し、カウントダウン時差を見てみたい

> 個人サイト 旅ライターユニット、ライスマウンテンのページ

スマホで翻訳は楽しい

002L.jpg
たとえばこんな出口案内が
003L.jpg
翻訳アプリを介してこんな結果となる。かっこいい。
出口は輸出の意味もあるから東北輸出となってるけど、なかなかがんばっているのではないだろう

中国語簡体字から日本語漢字に翻訳してくれる。便利だ。便利なうえに未来だ。

こんな感じで街のいろんな場面で翻訳をかけてみた。なお画像の文字が小さくて見にくい場合は、クリックすると大きいサイズで見られる。(スマホの場合はタップしてさらに二本指で拡大)

004L.jpg
昭和な雰囲気漂う下町の一角の焦点の並びを翻訳する
005L.jpg
本来は「タバコ 酒 アダルトグッズ」と書かれているのに「喫煙区域」となった。その訳の通りここで喫煙したら大変だ。
また豆乳コロッケは実際「豆乳」とコロッケと同じ「芋を丸くしてあげたもの」。
006L.jpg
杭州ショーロンポーの店を訳してみると・・・
007L.jpg
「新鮮な肉」が「生肉」になってるけど、よく訳されてる。
中国の習慣というのだろうか。「麺」「ご飯」など別々の単語が並んでいるが、それがくっついて「肉麺の米線炒め丼」となってしまった。
008L.jpg
地下鉄駅の路線図はどうなるかというと・・・
009L.jpg
固有名詞がくっつくこともあるが、まあまあ訳せてる。
010L.jpg
こんな文字だらけのレストランも撮って翻訳器にかけてみた。
011L.jpg
さすがに無理であるが、「総顧問の黄クリ平影」など「9人のスワトウ」など新キャラが登場。

なかなかの翻訳精度だと思った。完璧に近い形で訳するのは少ないけれど、なんとなく意味がわかるような結果はけっこう出た。これなら翻訳アプリを遊び半分、まじめ半分でインストールしたくなる。

ところで撮って訳していて「中国は文字にあふれている」と思った。日本もほかの国もここまで文字だらけではないだろう。中国の景色らしさを再現する機会があれば、どこもかしこも漢字だらけにすれば、中国っぽくなりそうだ。

翻訳アプリ、プロパガンダに立ち向かう

さて、いよいよ中国のプロパガンダVS中国製翻訳アプリである。ここは中国の肝心な部分なので翻訳してほしいところだが…!

012L.jpg
きたぜプロパガンダ壁!
013L.jpg
軍人が並ぶこのプロパガンダは訳せるのか・・・
014L.jpg
だいたいあってる!いけてる!
015L.jpg
この萌えそうな巨大な皿形の建築物に添えられたプロパガンダも・・・
016L.jpg
だいたいあってる!大闘争が多くて中国は大変そうだ!
017L.jpg
北京空港にあったこのプロパガンダも・・・
018L.jpg
翻訳アプリを通せばなんとなくわかる。空港でもプロパガンダは欠かさない、さすが中国だ!
019L.jpg
住宅地にある大きな横断幕も・・・
020L.jpg
だいたいあってるけど、住民は日々こんな難しいこととむきあってるから大変そうだ!
021L.jpg
社会主義核心価値観というよくみるプロパガンダは…!
022L.jpg
硯を決める…!決めろ、その硯!どうしてこうなった!!

肝心のプロパガンダは苦手らしい

プロパガンダポスターや横断幕を撮って訳しても、そこそこいい結果となった。でも社会主義核心価値観といった中国の定番プロパガンダは読み取れなかった。毛筆で書いたような字など様々な字体があるのと、2文字の要素がいくつも並んだ形であるのが原因だろう。

ほかにも街中にある社会主義価値観の写真をいろいろ撮っては試したが、どれも訳すことはできなかった。

肝心なプロパガンダほど、凝るがゆえに、翻訳アプリで読めないという状況であることが確認できて、僕は満足しました。ありがとうございました。謝謝。

023L.jpg
「世界人民大団結万歳」が「人と国は空をM天とする」という翻訳結果に。そ、そうか。。。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓