特集 2024年1月11日

はじめてのウォシュレット

ウォシュレットを初めて使う2024

洋式トイレに行くとボタンがあり、それを押すと噴水みたいのがあるだろう。あれ、ウォシュレットという商品名で、用をしたあとのお尻を洗ってくれるらしい。あれさ、怖くない?

今では「ないと考えられない」という人も多いが、すみません、私使ったことないんですよ。新しい扉を開くときがきた。

1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:王将で「忘れられない中華そばセット」を2回食べる


ウォシュレットを使ったことがない

商品名はウォシュレットと言い、TOTOが販売しているものだ。アメリカで生まれたものだが、日本のメーカー「TOTO」が製造のライセンスを買い取り、1970年台から販売したそうだ。ただ、最初は受け入れられていなかったらしい。

※他の商品もあるが、なじみがあるのでこの記事では「ウォシュレット」と統一させてください。

トイレのウォシュレット機能を使ったことがない。お尻に勢いのある水が当たるのが怖いのと、紙で完結するしなと思っている。

ただ「あれがないともうトイレできない」という人が多い。大げさすぎるだろう。紙でふきなよ。ふけるから。

経験者たちに聞く

じゃあ使ってみるかーと思ったが、このまま使ってお尻が爆発したら怖いので、使ったことのある人に話を聞いた。

001.jpg
ウォシュレット経験者の左から安藤さん、古賀さん。

ーいつぐらいから使いましたか?

安藤:え、俺いつだろう? もう覚えてない。多分、今の家に越してからかもしれないな。そう考えると10年ぐらいかも。

古賀:本当に分かんない。いつから使ってんだろうな。私はかなり遅かった。

安藤:前の家のときにもついていたかもしれないけど、たぶん使っていなかった。

古賀:昔はあっても使わなかった気がするね。

安藤:ぼくはどっかのタイミングで切れ痔になったんですよ。その時から使ったのかな。

拭くと痛かったのもあるし、なんか水で洗った方が綺麗な気がして。

古賀:そういえば西村さんも痔だもんね。もう今はウォシュレットがないとダメだって言ってた。

ーそれみんな言うじゃないですか。

安藤:使い始めちゃうとそうなるよ。今日が大きな人生の分岐点になる。

002.jpg
軽い気持ちで来たけど人生の分岐点が来るとは思わなかった。

ーほら紙でも拭けるじゃないですか?お尻がびしょびしょになるし。

安藤:拭きなよ。お尻は。

例えば夜行バス乗る時の首のクッションみたいなもんです。別になくても寝られるけど、あったら快適みたいな。ぼくの中では、結構上位ですよ。

ーお尻に強い水が当たるの怖くないですか?

安藤:ちょっとわかるかもしれない。外に出ると初対面のウォシュレットがどのくらいのポテンシャルを持ってる分かんない。

その時は怖いですよ。強かったらすぐに弱くする。

003.jpg
怖いな…

安藤:今まで行った海外はウォシュレットが無いんですよ。紙も硬いし。

ウォシュレットがないと本当に嫌なのでそういうときはティッシュで濡らして、それで対応してます。

そこまでするくらいです。もうないともうダメなんですよ。もうダメです。

004.jpg
もうダメな安藤さん。

古賀:やっぱり紙よりもきれいになるから使っているところあるよね

安藤:もう戻れないな。さっぱりした感じが紙よりもあるし。

ウォシュレットを使うメリットとして、「紙よりもきれいになる」「さっぱりした感じが気持ちいい」らしい。

いったん広告です

はじめてのウォシュレットへ

「いいものだ」という話は聞いた。しかし、足取りは重い。怖いのだ。未経験のことは怖い。

005.jpg
今日でお尻がなくなるもしれないと思うと怖い。

あと、人の会社でトイレを借りるのは緊張する。しかもウォシュレットを使うなんて。ハルマゲドンの最後のような、人類の生き残りをかけたミッションに向かう気持ちだ。

ついてきてくれた安藤さんが「ここのウォシュレットはかっこいいから大丈夫だよ」と言われた。

そんな医者に行きたくない子どものようなはげまし方をしないでくれ。ウルトラマンの人形とか置いてあったらぎゅっとにぎりながらの体験になるかもしれない。

006.jpg
不安げ。

個室の方に行くとウォシュレットがある。へーこれがウォシュレットか。見たことはあるが、注目して見るのは初めてだ。

007.jpg
みなさん、これがウォシュレットです。
008.jpg
不安すぎて写真がぶれた。

シンプルでかっこいいデザインのウォシュレットだ。なんかボタンが並んでいるやつは見たことはあるが、本当にちょっとかっこいいかもしれない。

009.jpg
でもこわいなー。

これ、ボタンを押したら高圧洗浄機ぐらいの水が出てきて、明日からお尻がなくなる生活が始まらないか。人生の第二章、始まらないでくれ。

010.jpg
じゃあやるので。

安藤さんはトイレが出ていってもらい、ウォシュレット体験をしてみる。「今までありがとうございました」と一応、最後の言葉は伝えた。

011.jpg
いろいろあるが、今回はおしりに挑戦したいと思います。

決意してボタンを押す。今、押した。機械が動く音がする。なんだ、何が起こるんだ。怖い!すごく怖い!!わー!

012.JPG
画像はイメージです。

強さ的にはホースで水まきをするとき、遠くへ水をまこうとして、ホースの先をすぼめるだろう。あれぐらいの強さな気がする。おしりがなくならないぐらいの強さだ。

そして、軽くトイレットペーパーで拭いてから、乾燥というボタンを押す。

おしりにあたる風が涼しい。おしりに風を受けるのも初めてだ。秋口の入ったときの涼しいそよ風から、段々と春の陽気のような温かい風へと変化していった。

そこはトイレではない。春の小川のベンチでたたずんでいるようなすてきな空間があった。

体験を終えて、部屋へと戻る。

なるほどね。
014.jpg
なるほどね…
015.jpg
そうか、なるほど…。

部屋へ戻る途中、「なるほど」という言葉を繰り返しながら、ウォシュレットのことをかみしめていた。

これはいいものだ。紙だけでは味わえないさっぱりさを感じる。そうか、これがウォシュレットなのか。

いったん広告です

マッサージ機能?

かみしめていたところ、安藤さんが「ここのトイレ、マッサージ機能があるよ。使ったことないけど。」

016.jpg
使ったことがない機能を紹介された。

なんだマッサージ機能って。とりあえずトイレに行ってきます。

017.jpg
20分で2回もトイレに行くことってないよな。
018.jpg
押した瞬間。
019.jpg
マッサージ機能が発動した。画像はイメージです。

水流に強弱がある。強弱があるな。これ、言い方が難しい。これは昔の攻略本にある「ここから先は自分たちの目で確かめてくれ」状態だな。

ひとつだけ言えることは「これ、トイレから出れなくない?」だった。もし見かけたら使ってみてほしい。出れなくなるから。自分で確かめてほしい。

020.jpg
詳細は言えないですがマッサージ機能の説明をしています。

ウォシュレットすごいかもしれない。無限の可能性がある。このあと、「ウォシュレットに『やさしい』って機能があったんですけど使ったことあります?」と聞いたら、誰も使ったことがなかったので試しに使ってみた。

シャワーの弱い水流で全体的に洗われている感じがして、かなりやさしさを感じた。やさしさを感じたいときに使っていきたい。個人的にはこっちの方が洗われている気がしていい。

これが私のウォシュレット体験記である。


今後は積極的に使っていきたいと思います

個人的にはなくてもいいが、あったら使うかもしれないぐらい機能だった。

家に帰り、トイレを見たらウォシュレットがついていて、そうか家にもあったのかと思い、使ったみたら冷水がおしりに当たってびっくりした。温水の方がいいな。

021.jpg
おしりって表示されるのかわいい。

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ