特集 2018年11月29日

牛丼の松屋じゃない松屋をめぐった

松屋以外の松屋をめぐったところ、味わい深いことになりました

「松屋」はわたしたちの生活に欠かせない。扉を開けばいつでも、牛丼や味噌汁付のカレーが出迎えてくれる。すばらしいお店だ。

だけど「松屋」と呼ばれるお店は、その「松屋」だけではない。

銀座の老舗デパートも「松屋」だ。それ以外にも「松屋」と名乗るお店は沢山ある。きっと、それぞれの松屋が「世界にひとつだけの松屋」なのだろう。どんな松屋があるのか巡ってみた。

1981年群馬県生まれ。ライター兼イラストレーター。飲食物全般がだいたい好きだという、ざっくりとした見解で生きています。とくに好きなのはカレー。

前の記事:修学旅行でよく見た「お土産の木刀」を全国へ広めた会社は今

> 個人サイト たぶん日記

この世界には、世界にひとつだけの松屋が無数にある

「松屋」が好きだ。今年からは、毎冬恒例の限定メニュー「豆腐キムチチゲ膳」が鍋スタイルへと変わり、鍋汁の最後の一滴まであつあつで食べられるようになった。躍進が止まらない。

001.jpg
松屋はいつだってわたしたちの味方だ
002.jpg
パワーアップした冬の定番「豆腐キムチチゲ鍋膳」。食べ終わるまでほかほか。罪深い。どういうことだ
003.jpg
今年の冬、やばいわ

ところで、筆者はネッシーと名乗っているが、戸籍上は全国で3番目に多い名字・高橋だ。だからなんだという話だが、同姓同名が多い。自分の名前をググると、見ず知らずの人がわらわら登場する。「鰻」とか「雲母」とか、珍しい名前の人がちょっとうらやましい。

もしかして「松屋」は同士なのではないだろうか、と気がついたのは、秋深まりゆく11月。松屋のなかにはきっと「検索ヒットしにくい」「SEO対策を考えないと、サイトに来てもらえないなぁ」などの悩みを抱えている「松屋」があるのではないか。そう感じたのだ。

グーグルの窓に「松屋」と入力してエンターキーを押してみた。すると、そこには想像以上に広大な松屋ワールドが広がっていた。

まだ見ぬ、計42の「牛丼じゃない松屋」が発掘されたのだ。

003b.jpg

全制覇するのはむずかしそうなので、本記事では、その一部を紹介したい。

s1.jpg
焼き鳥があり、包丁も研いでくれる松屋
s2.jpg
「桜花漬」が売っている松屋
s3.jpg
「鶏卵素麺」が売っている松屋
s4.jpg
「半生の塩あんこ飴」が売っている松屋
s5.jpg
精肉屋の松屋
s6.jpg
韓国料理店の松屋
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓