特集 2021年5月17日

ミョウバンのいいところを探していきたかった

高級なウニはミョウバンが入っていないからおいしいのだと聞く。確かに独特の苦味がなく、おいしい。

じゃあみんなミョウバンを入れなければいいじゃないかと思うが、そういう訳にもいかないらしい。

必要なのに愛されない物質、ミョウバンがかわいそうなので活躍するシーンを探していきたい。そう思っていた。

 

1993年群馬生まれ、神奈川在住。会社員です。辛いものが好きですが、おなかが弱いので食べた後大抵ぐったりします。好きな調味料は花椒。

前の記事:椅子に座ると楽

> 個人サイト ぼんやり参謀

ミョウバンが入っていないウニはおいしい

私はウニが苦手である。食べられないというほどではないのだが、ウニ独特の苦味や風味がどうしても好きになれないのだ。そのため、食べる機会があるたびに他の人に譲り渡すという慈善事業を生業としていた。

しかし先日事件が起きた。全く苦味のない、私でも大変おいしくいただけるウニと出会ってしまったのだ。

img_001.jpg
見てくれ、この輝きを

聞けば良いウニはミョウバンが入っていないからおいしいのだという。ミョウバンが入ることであの独特な風味が混じってしまうのだそうだ。

なんだよそのミョウバンってやつ。ウニに何の恨みがあるというんだ。

img_002.jpg
あまりのおいしさに、後日ミョウバン不使用のウニをお取り寄せした

なぜミョウバンを入れるのかというと、ウニの身崩れを防ぐためらしい。ウニはほうっておくだけでも自壊してしまうらしく、おいしそうな形が保てなくなってしまうそうだ。それを防ぐためにミョウバンが使われるのだとか。

要するに人間の都合である。見た目を整えるためだけに使用され、あげく味が落ちると酷評されてしまうミョウバン。私がミョウバンだったら何を思うだろうか。

img_003.jpg
うーむ、確かにおいしい。甘いんだ

そんなミョウバンと対話すべく、とりあえずミョウバンも取り寄せてみることにした。

img_004.jpg
分量がわからなかったので500g頼んでしまったが、届いた瞬間に多すぎたなと思った

ミョウバンを入れるとウニは苦くなる

まず初めにミョウバンに伺いたいことは、果たして本当にミョウバンがウニの苦味の源なのかということである。

確かにインターネットにはそのように書いてある。だがこの情報社会において信じられるのは己のみという考え方もある。

自分の身でもって体験しなければそれは「経験」ではないのだ。いま私はとても大事なことを話しています。

img_005.jpg
比較対象としてスーパーでウニと名のつくものを買ってきた
img_006.jpg
そうそう、この苦味だ

調べてみたところ、ウニにミョウバンを添加する方法もインターネットで発見することができた。海水程度の塩水にミョウバンを適量溶かし、ウニを漬け込めばいいらしい。さっそくやってみよう。

img_007.jpg
ミョウバン不使用のウニをミョウバン水に漬け込んで10分。ウニの量の少なさから私のケチさを慮ってほしい

本当にこれだけで味が変わったのだろうか。

img_008.jpg
食べてみる
img_009.jpg
あ!

口に含んだ瞬間、あの独特の苦味が溢れ出した。そのものズバリの苦味ではなかったのだがかなり方向性の近い味だ。すごい、本当にミョウバンの味だったんだ。

img_010.jpg
ああ苦い。本当に好きじゃないな〜

ミョウバンが苦味の元であることは確かめられた。それとともにやはりミョウバンがかわいそうだという気持ちも溢れ出した。なんとか酷評されずに活躍できる場面はないものか。

いったん広告です

ミョウバンはアイスクリームも溶かさない

ミョウバンが活躍する場面を考えるにあたり、重要なのはウニを溶けづらくする力をうまく有効活用できるかということだろう。

ここで私はクリームソーダへの活用を提案したい。

img_011.jpg
全ての食べ物の中でトップクラスに溶けると悲しい食べ物、クリームソーダ

溶けて悲しい食べ物といえばアイスクリームである。その中でもクリームソーダのアイスは非常に溶けやすい。メロンソーダにアイスクリームといえば一生眺めていたい組み合わせだが、それは一夏の思い出のように儚いものであると知られている。

そこでミョウバンである。ミョウバンの力を持ってすれば溶けにくいクリームソーダが作れるのではないだろうか。そしてもし、もし仮に美味しさを保つことができればミョウバンの汚名は完全に返上されるだろう。

ここにミョウバンクリームソーダ製作委員会が発足された。

img_012.jpg
どうも、ミョウバンクリームソーダ製作委員会です

さて、勢い込んで製作委員会を発足させたが、そもそもアイスクリームもミョウバンにつけると溶けづらくなるものだろうか。

まずはアイスが溶けづらくなること自体を確かめたい。要素を少しずつずらして細かく検証しておくことは後の分析を考慮すると非常に重要なのだ。今日は大事な話がたくさん出てきますね。

img_013.jpg
左がミョウバン水に浸したアイス、右がただの水に浸したアイス

ウニが自壊してしまう理由の一つに油脂分の多さが挙げられるらしい。それがミョウバンによって防げるというのならば、同じく脂肪分が多いアイスクリームも溶けづらくなるはずだが、果たして。

img_014.jpg
数分後。やはりアイスもミョウバンによって溶けにくくなるようだ

実験成功である。実際にアイスが溶けづらくなるさまを確認することができた。それではミョウバンクリームソーダの作成に移りたい。

ミョウバンクリームソーダを作ろう

なんだか堅苦しい展開となってしまったが、特に難しいことをするわけではない。工程としてはメロンソーダを注いでミョウバンを溶かし、その上にアイスクリームを乗せるだけだ。

img_015.jpg
氷いっぱいのグラスにメロンソーダを注いで
img_016.jpg
ミョウバンを溶かす。

流石にインターネットの大海にもミョウバンクリームソーダの作り方は書いていなかったので、気持ち多めにミョウバンを入れておいた。

どうせ500gも買ってしまったのだ、豪勢にいこう。

img_017.jpg
アイスはせっかくなので少しお高めのものを用意した。ウキウキなのだ
img_018.jpg
老若男女が大好きなアイスクリームすくいですくって
img_019.jpg
メロンソーダの上に乗せ、完成

出来たぞ。溶けづらく、普段よりも長く眺めていられるミョウバンクリームソーダの完成だ。私は今完全に全国の小学生の羨望の的である。

img_020.jpg
ずっと眺めていような

ミョウバンをたくさん食べてはいけない

一通り眺めたところでいざ実食。

そう思っていたのだが、実はミョウバンクリームソーダを作る途中であることに気づいてしまった。

img_021.jpg
使用できる量が決められている

どうやらミョウバンにはアルミニウムが含まれており、あまり多量摂取してはいけないらしい。ミョウバンを様々な食材に添加して食べてみること自体があまりよくないことというわけだ。

つまりせっせと作ったミョウバンクリームソーダも飲んではいけないということになる。
そんな事があっていいのだろうか。

img_022.jpg
眺めるばかりで、スタッフすらも後でおいしくいただけない

確かにミョウバンの活躍により溶けづらいクリームソーダは爆誕した。しかし食べられないとあっては全く意味がないのではないだろうか。これはミョウバンが活躍したと言えるのだろうか。

img_023.jpg
というか、食べられないなら活躍のしようがないのではないか、お前

実験においては細かく検証していくことも大事だが、前提条件を抑えておくことも非常に重要である。今回のケースではそもそもミョウバンをそのまま摂取してよいのかどうか、事前に確かめておくべきだったのだ。

またウニの苦味に疑問を持たなければ、ミョウバンをたくさん食べてはいけないという知識を得ることはなかっただろう。これも自分の身でもって体験した「経験」である。

そういった教訓でひとつ、なんとかならないだろうか。

私はミョウバンの袋に太く印字された「食品添加物」の文字をじっと見つめた。

img_024.jpg
くやしかったので普通のクリームソーダを作って飲んだ

おまけ

ミョウバンをたくさん食べてはいけないということを知ったとき、私のプランは全て崩壊した。クリームソーダに入れるだけでなく、パンやらなにやらに練りこんで食べ比べでもしてやろうかと思っていたのだ。

しかし多量摂取すると本当にまずい物質のようで、クリームソーダを飲み干す前に気づいてよかったとも言える。書いてあることはきちんと読もうという話なのだ。そういった教訓をお届けするのが本稿の役割だったのだ。

img_025.jpg
普通のクリームソーダはおいしかったです!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ