特集 2021年6月17日

沖縄で野良アロワナを釣って食べた

沖縄本島のとある川でアロワナを見つけた。

アロワナ。アマゾンとかにいるあのデカくてキレイな魚だ。
そのままにしておくのもなんなので、釣って博物館に寄贈したり刺身にして食べたりしてきた。

※刺身はマネしないでください

1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。(動画インタビュー)

前の記事:新種の巨大ムカデ『リュウジンオオムカデ』を捕まえた&咬まれた

> 個人サイト 平坂寛のフィールドノート

在来の魚を見にきたはずが…

そもそもは、地元の方に「その川の大きな淵にはフナやタウナギなど沖縄在来の珍しい淡水魚が生き残っている」という情報を教えてもらったのがことの発端だった。

IMG_4233.jpg
問題の淵。池のようにも見えるが、実は川の一部で絶えず水が流れている。

魚が好きな僕は大喜びで現場へ向かった。
沖縄本島、特に市街地を流れる川は今やグッピーなどの外来魚で溢れかえっており、そうした在来の純淡水魚(一生を淡水で過ごす魚)はもうほとんど見られないのだ。

紹介されたポイントはうまい具合に開発から取り残されていたようで、護岸整備もされていなければゴミもない。水草も豊富だし、これは期待できそうだ。
いい水辺を教えてもらえた!と、さっそくウキウキで灼熱の川辺を散策してみた。

IMG_0014.jpg
奇妙かつ大きな魚影が…。

その結果、在来魚の代わりに見つけてしまったのがこの写真の魚である。

体長は70cmはあるように見えたし、泳ぎ方も水面をずーっとクネクネ這うように進む不思議なスタイルだった。

少なくとも沖縄在来の魚にこんな強インパクトなものはいないはずである。
はっきり言って、僕はこの魚に見覚えがあった。こりゃ「アロワナ」だ。南米原産の「シルバーアロワナ」だ。

IMG_0552.jpg
シルバーアロワナ。観賞魚として人気が高い。アロワナ一族の中では比較的安価。

アロワナと一口に言っても、南米・東南アジア・オセアニアと広い地域にまたがって複数種が分布しているが、少なくとも南西諸島にはいるはずがない。

観賞用に輸入されたものを誰かがなんらかの理由(飼いきれなくなった?)で密放流したものだろう。

2005.jpg
東南アジアに分布するアジアアロワナ。今回発見したものとはシルエットが大きく異なる。めっちゃ高価。

……なぜよりにもよって、希少な在来魚が生息する貴重な水域に放すのか。
「せめて良い環境で生き延びてくれ……。」的な親心なのかもしれないが、だったら最後まで飼えやという話である。

釣ります

ともあれ、そんな環境に肉食魚であるアロワナを放置しておくのはよくない。
とりあえず釣り上げることにした。

7 8.29.34.jpg
水上の草にくっついている昆虫をジャンプして捕食していた。

まず、半日ほど炎天下の淵に居座ってアロワナの行動パターンを観察する。

アロワナは始終、決まったコースどりでパトロールするかのように水面直下を回遊しているようだった。
さらに、意識は水中ではなく水面や水上に向いているらしい。バッタかトンボかわからないが、抽水植物の葉についている昆虫を水から跳び上がって捕食するシーンも見られた。

うーん、これは…。釣れるやつや!!

バッタをエサにする

エサは昆虫。意識は水面。
ならば導かれる答えはたった一つ。
「虫に釣り針を仕込んで水に浮かべとけばいい」だ!!

7 8.38.04.jpg
釣り針は胴体に刺すと弱ってしまうので、翅にひっかけておくのがこの手の釣りのコツ。

回遊ルート沿いの茂みに身を隠し、息を殺してアロワナがやってくるのを待つ。

3.46.png
来た…!

待つこと数十分。ついにアロワナが眼前へ現れた。

あれ…?さっき見たときより一回り小さくなっているような?
まあ、そんなことを気にしている場合ではない。進行方向へバッタを投げ込む。

8.49.53.png
食いついた!

なんと!ほぼためらいなく食いついた!!
竿をあおって針を口に掛けてやると、泳いで逃げるというよりも、その場で凄まじいジャンプを連発して抵抗する。

さすが、水上の餌を跳び食いしているだけのことはあるな。

IMG_0108.jpg
釣れたー!全長約60cmのシルバーアロワナ。…魚種は見立てどおりだったけど、思っていたよりちょっと小さいな?

だが、卑怯にもその人間はハイテクが詰まったリールとカーボン製の釣竿、ナイロン素材の釣り糸を装備していたため、その身ひとつで勝負していたアロワナはあえなく御用となったのだった。

IMG_0089.jpg
ちょっと…
01.53.jpg
美しすぎませんこと?
33.jpg
この色合いよ…!

それにしてもキレイだ!カッコいい!

「美しい」というこっぱずかしい形容詞がうっかり口をついて出そうな絢爛さ。
これは飼いたくなる人の気持ちがわからんでもないなぁ、正直言って。

もちろん、逃すのは問答無用でNGだけども。

5.jpg
水面のエサをキャッチするのに適した受け口が特徴。つくづくユニークな魚だ!

博物館へ寄贈

で、このシルバーアロワナをどうしたかというと、僕はエラいので「食べてみたい」という個人的な欲望を抑えて抑えて、鹿児島大学総合研究博物館へ寄贈しました。

外来種といえど「日本で採集されたシルバーアロワナ」の標本は多少なりとも学術的な価値もあるのだ。

046.jpg
標本となって博物館に収蔵されたシルバーアロワナ(※写真提供:鹿児島大学総合研究博物館)

…大丈夫。

いつかきっとアロワナを試食できる日は来るさ。
日本で無理でも、新型コロナウィルス禍がすぎれば原産地のアマゾンで食べればいいのだ。

うん。後悔なんてない。

いったん広告です

2匹目釣れたから食うね

だがその翌々日、アロワナという魚は僕の想像の斜め上を跳んでいった。

56.png
まだいたの!?

2匹目が出現したのだ!
…これは神様的な存在が僕に「アロワナ食え」と言ってるな?
よっしゃ釣ったるわ!

2.10.png
また釣れた!
IMG_0183.jpg
1匹目より大きい!
IMG_0180.jpg
アァー、キレイ!
IMG_6176.jpg
まな板の上のアロワナ

調理にあたっては、実にいろいろな発見があった。
肋骨の数が多いとか、小骨が多いとか、ウロコが硬すぎデカすぎで市販のウロコとり器では歯が立たないとか、体内に謎の小部屋がたくさんあるとか…。

あまりに多すぎる上に、そのすべてに生物学的な理由があるのでとても書ききれません。なので、近日中に整理して追記します…。すみません…。

で、作った料理はこちら。

IMG_6178.jpg
シルバーアロワナのムニエル

アロワナという魚のもつ素材の味を知りたいので、塩胡椒と小麦粉、バターだけで調理したムニエルをば。

さらに…。

IMG_0241.jpg
禁断にしておそらくは前代未聞。シルバーアロワナの刺身。

刺身。川魚には人類に有害な寄生虫がいるかもしれないからマネしちゃダメなやつ。

でも、どうしても試したかったのだ、自己責任で。

皮と身の間にため池がある

まずはムニエルを試食する。ナイフを立てるとスクッとスムーズに切れる。なんとやわらかくなめらかな肉質か。

頬張り、噛み締めた瞬間にジューシーで上品な旨みが舌上にあふれ、驚くほどおいしい。

09.png
何これめちゃくちゃうまいじゃ

…5秒くらいはな。

7.56.png
んんーっ!?

その後、唐突に凄まじい泥臭さが口腔から鼻腔へ突き抜ける。
泥臭い、という表現では生温い。口の中にため池そのものが造成されたかのような不快感なのだ。

8.png
これはいかんわ…

どうやら皮と身の間にある脂肪の層が元凶らしい。
試しにそこをすっかり取り除いて食べてみると、やはり文句のつけようがないほどうまいのである。

シルバーアロワナを食べる際は、皮を厚めに引いてから調理すべし。またひとつ賢くなってしまった。

アロワナの刺身は鯛のよう

で、問題の刺身であるが、これが意外にもたいへん美味なのである。

しっとりした口当たりで、ほのかに甘みと旨みがある。
川魚特有の臭みは先ほどの失敗から「これでもか」と厚くひいた皮目に置いてきたらしく、一切クセがない。

強いて例えるなら、冬に獲れた小鯛のような味わいである。こりゃうまい。

3.05.png
なんと気品に満ちた味わいであろうか。

…だが、「おいしいかマズいか」と「安全か危険か」あるいは「生きるか死ぬか」はまた次元の異なる問題であるから、マネしちゃいけないのは言うまでもない。

一部始終をまとめた動画もあるので、補足にどうぞ。

NO! 密放流

というわけで、今回は沖縄本島で野生化したシルバーアロワナを捕獲して研究機関へ寄贈&個人的に試食する、という企画をお送りしました。

アロワナはたいへん美しく、その生態や進化の歴史を紐解いてみても非常に興味深い魚です。
正直にいうと、今回釣ったシルバーアロワナたちも殺してしまうのが惜しいほどでした。できれば、ずっと優雅に泳ぐ姿を眺めていたいなという気持ちがなきにしもあらずというか…。

つまり何が言いたいかというと…、飼えなくなった生き物を野に放すのはダメ!絶対!ということです。

あと、川魚の刺身はやめた方いい!絶対!ということでもあります。

IMG_6173 2.jpg
2匹のアロワナはどちらも片目の視線が常に下を向いていた。これは俗に「目垂れ」と呼ばれる症状で、水槽で長く飼育されているシルバーアロワナによく見られる。ということは、彼らは大きくなるまで人に飼われて、つい最近になって捨てられたのだろうか?今となっては、知る由もない。

 

告知:深海魚を釣って食べて研究する絵本が発売されました

超面白い児童書を書いたので宣伝させてください。
福音館書店の科学絵本シリーズ「たくさんのふしぎ」7月号として「釣って 食べて 調べる 深海魚」なる本が世に出ます。

IMG_5897 2.jpg
IMG_5803 2.jpg

「ノドグロのノドはなぜ黒い?」「キンメダイの目はなぜ金色?」など深海魚たちの謎を「釣って、さばいて、食べる」ことで解き明かしていきます。

IMG_5802 2.jpg

全国の書店さんでお買い求めください。※店頭にない場合はご注文も可能です。

福音館書店:【小学3年生から】たくさんのふしぎ

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ