デジタルリマスター 2023年10月6日

人は大切なものをでかく描くのか(デジタルリマスター)

子供のお菓子観

前ページで人生経験というキーワードが(半ばこじつけで)登場したが、それでは人生経験の少ない子供はどうだろう。

ちょうど、家に子供連れの友人達が遊びに来たので、一筆描いてもらうことにした。題材は、みんな大好き、コアラのマーチである。

参加してもらったのは3才と5才の男の子。ちなみにコアラのマーチは5才のあゆむ君の大好物だそうだ。

IMG_2679_photos_v2_x2.jpg
手前から、あゆむ君(5才)、おうしろう君(3才)
IMG_2680_photos_v2_x2.jpg
手際よく箱を書いてから、お菓子を詰め始めるあゆむ君
IMG_2686_photos_v2_x2.jpg
カンニング行為発覚
IMG_2685_photos_v2_x2.jpg
不正を終えると、何食わぬ顔でさらさらとペンを走らせるおうしろう君
いったん広告です

ロールシャッハと池の水

5分ほどかかって、二人とも自分なりのコアラのマーチを描いてくれた。大小いろんなのを描いてくれたので、いちばん原寸に近いと思うものを選んでもらう。

IMG_2687_photos_v2_x2.jpg
ロールシャッハ的コアラのマーチ
IMG_2690_photos_v2_x2.jpg
池の水を顕微鏡で見たみたいなコアラのマーチ

前ページのライター陣の図も、それぞれ個性があって面白いなー、なんて思ってみていたのだが、子供の自由さはそれをはるかに上回った。

ayu2_photos_v2_x2.jpg
形は違うけど、サイズはかなり近い。あゆむ君の作品
o2_photos_v2_x2.jpg
ものすごい気を放つコアラ、という感じのおうしろう君作品

ただの心理テストなのに思わず「作品」とつけてしまった。

ちなみにあゆむ君の作品の線がところどころずれているのは、実験後に本人がビリビリに破ってしまったからです。子供、自由なうえに荒々しい。野生だ。

IMG_2712_photos_v2_x2.jpg
終わると同時にすごい勢いでコアラのマーチを食べ始める二人
いったん広告です

対して大人のお菓子観

比較のため、大人たちにも描いてもらった。

IMG_2720_photos_v2_x2.jpg
顔が真剣
IMG_2695_photos_v2_x2.jpg
全身が真剣
IMG_2710_photos_v2_x2.jpg
だいたいみんな誤差1ミリ程度におさまった
IMG_2701_photos_v2_x2.jpg
彼はぴったり。すごい得意げ
IMG_2725_photos_v2_x2.jpg
なんか違うけど、かわいい
IMG_2724_photos_v2_x2.jpg
うまくいくと妙にうれしいのです

なんだかみんな、割と近い。いい線行っている。やっぱりコアラのマーチが好きなんだろうか?

きいてみたところ、いい線行ってた人たちは、みんな好きだそうだ。

ただひとり、「別に好きじゃない。ふつう」って答えた人がいた。その人が描いたのがこれだ。

IMG_2704_photos_v2_x2.jpg
小さすぎる上にいろいろわかってない形

結果を総合すると、こんな具合。

koara_graph.gif
実物との大きさの違い(単位:mm)

今回の結果はわかりやすかった。好きな人が大きく、そうでない人は小さく、だ。ストレートに熱意が結果に現れた。

それにしても、見ただけでおうしろう君の情熱、そして野性味がビリビリ伝わってくるグラフである。

次ページでは、最後にもうちょっと広くアンケートを取ってみます。

⏩ 次ページに続きます

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ