特集 2020年1月21日

ダウンジャケットに花を咲かせた

ポエムを添えたくなる良さ。

ダウンジャケットのモコモコした部分が畑の畝に見えた。ただ「似てるなー」という理由だけで二つをくっつけてみた。つまりダウンジャケットに花を植えてみたのだ。

そうしたらなんだか良いオブジェができた。そしてそれを着たらまた別の、なんだか分からない良い感じになりました。そういうご報告です。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:土曜のお便り 〜「水」「氷」なのに 寒そうな顔してますよね


何の関係もない者どうしが似ていたらそれは奇跡ではないか

1月になり、いよいよ寒くなってきてダウンジャケットを着る方をよく見るようになった。ダウンジャケットを見て思うことは、畑の畝(うね)みたいだなー、ということだ。

ダウンジャケットのあのモコモコした部分が、作物を植える土の盛り上がった部分みたいなのだ。さらにダウンって黒くてツヤツヤした素材のものがけっこうあるけど、あれが畝にかぶせる黒いビニールに見える。

001.jpg
つまり、こういう黒くてツヤツヤしたダウンジャケットが、(写真:写真AC
002.jpg
こういう風に見える。(写真:写真AC

この黒いビニール、作物によく日を当たるために、そして雑草が生えないようにするためにこうして畝にかぶせているらしい。マルチシートというそうだ。もちろんダウンジャケットとは何の関係もない。

何の関係もない者どうしが似ていたらそれは奇跡ではないか。予備校の合宿で、出身校も部活も得意科目も違うあいつが、自分の好きな深夜ラジオを聴いているところを見つけたらどうしたって気になるだろう。そういう運命的な出会いを感じる。

この奇跡に対する最大の敬意とは何か。勇気を出してラジオの話をしてみることだ。つまりお互いの共通点に寄り添うこと。ダウンジャケットの事例に関してはダウンの盛り上がった部分に草花を植えることになるだろう。よし、やろう。ダウンジャケットに花を植えよう。

メッセージは無いのに「メッセージ性」だけが顔を出す

ダウンジャケットと花(造花)を持って公園に来た。

003.jpg
黒いダウンジャケット。
004.jpg
やはり畝に見える。

より畝に見えるように、前面のモコモコにだけ綿を足してよりモコモコにしておいた。モコモコの部分がパンッパンになるとダウンに生命力が与えられた感じがする。生命。生命を育むものといえば畑。畑の作物が育つ部分が畝。そう、つながっている。

005.jpg
畝に切り込みを入れてまず一輪植えてみる。
006.jpg
おお…
007.jpg
メッセージがありそうな何か、に見える。
008.jpg
写真を撮ってくれていた藤原さんも「アートっていう感じがしますね」と言っていた。

メッセージがありそうな何かに見えるが特にメッセージはない。こんなことあるのか。状況が整理しきれないが、畝みたいにしたいのでもっとたくさん植えてみよう。

いったん広告です

意味のない、なんだか良いものができる

009.jpg
ダウンジャケットに花を植えていく。
010.jpg
ダウンジャケット meets 命。
011.jpg
公園のカラスたちが騒ぎ始める。禁忌に触れたのか。
012.jpg
遠くから見守る人も現れた。

周囲がざわざわしてきたがまだ大丈夫だ。前に進もう。

013.jpg
もっと葉っぱがあった方がいいんじゃないかという藤原さんの提案で、グッとリアルになる。

造花を切って、ダウンに穴を開けて、草花を植える、を繰り返した。綿を足していたおかげでサクサクささった。造花はダイソーで買ったのだけど、安くて色々買えたしどれもよくできているので、植える草花を選ぶのが楽しかった。

014.jpg
できた!

ダウンジャケットと畑の畝、その間の存在。

015.jpg
なんか良いな。絵になる。

「命」に関してなにか言ってそうなアートができた(言ってないのだけど)。なんだかうっとり見てしまう。見栄えが良い。

花単体の力でもダウン単体の力でもない。二つが組み合わさった時に発揮される良さがあった。

ダウンジャケットは鉢として優秀

ダウンジャケットに花が植わっているのがなんか良い。見栄え重視でさらに過剰にやってみた。

016.jpg
これは家でやりました。
017.jpg
もう畝とか関係ないんだけど、なんかおしゃれなオブジェになった。
018.jpg
めちゃくちゃ花が生えてるんだけど形が人っぽくて迫力がある。

やはり良いものになる。これが飾ってあるカフェは高いコーヒーを出しそうだ。

ジャケットと畝(畝から生える草花)、全然違うものなのに「モコモコしている」という1点だけで結びついている、そのギャップと馴染み方のバランスがいいのだ。

そういう例がマーケティングの世界ではたくさんありそうだけど、特に具体的なことが思いつかないので、そういうことってありそうだよねーという感じに留めておこう。そういうことってありそうですよね。

分かったこと:ダウンジャケットに花を植えるとなんか良い感じになる。

いったん広告です

【余談】着ると分からなくなる

足早に結論めいたものを出したが、そこまでに色々やってよく分からなくなっていた。何かの役に立つかもしれないので、よく分からなくなっている様子も余談として書いておきます。

公園に戻ろう。花をたくさん植えたところからである。

019.jpg
まず、これは良いものだ。それは間違いない。
020.jpg
そこから、ジャケットなんだし着てみようということになる。
021.jpg
着た。花がたくさんついたジャケットを着た人だ。
022.jpg
ダウンがパンパンで、花が生えていてなんかおもしろい。

おもしろい。おもしろいのだが、最初に花を一輪さした時のキュンとした気持ちとは別の方向に走っている。

023.jpg
腕にも切り込みを入れて、ツタの造花を植えた。

植えた部分がムズムズした。身体が拡張している。

023a.jpg
そして大きな花を持ってみる。
024.jpg
笑う。
025.jpg
手首からたくさん生やして能力者みたいにする。
026.jpg
頭上でカラス達が騒いでいる。

さっきから遠くで見物している人達が親指を立てて「good!」みたいなジェスチャーをしてくれる。分からなくなってはいるが、これはこれで良いものに見えるみたいだ。良かった。僕も親指をグッとやって返事をした。

027.jpg
着た状態で畝になってみる。
028.jpg
なんだか分からないが花は美しい。
029.jpg
草越しに撮る。
030.jpg
花束みたいに持つ。

やはり分からなくなっている。ダウンに花を植えてみようと言って始めたのに、いつの間に手に持って写真を撮っている。

何がしたかったんだっけな…、と考えていたら藤原さんが後ずさりながら写真を撮っていた。

031.jpg
032.jpg
033.jpg
034.jpg
035.jpg

「あ、終わりのやつだ」と思った。ここから先へ進んでも不毛な大地が広がるばかりである。気がつくともうカラスも鳴いていなかったし、遠くで見ていた人たちもいなかった。みんなどこに行っちゃったんだ。

036.jpg
いかんいかん、一旦最初の発想に戻って考えよう、となりできたのがこちらでした。

以上、余談でした。最後にできたなんか良い感じのオブジェは、今もこの状態で物干しに飾ってある。

037.jpg
日光を受ける草花の色がとてもきれいです。

ダイソーが楽しかった

使う造花は大きなダイソーで買った。一角が全部造花売り場で、選んでいてすごく楽しかった。

038.jpg
花はいいですね。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ