チラ見せはげます会 2023年12月1日

第7ギョーザの店、金沢市(ずっとある店)

デイリーポータルZにはファンクラブ「デイリーポータルZをはげます会」があります。

入会すると長文のメルマガ、会員限定のコンテンツをご覧いただけます。

チラ見せはげます会では会員だけが見られるページに載っている記事の一部を転載します。これで興味を持ってもらって入会するようにと願っております。
(はげます会の説明・入会はこちら

インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。

前の記事:たんすの角に足の小指をぶつけて骨折したらどうなる?~今週の検索ワード

> 個人サイト デイリーポータルZ

はじめに

毎週金曜の夜にはげます会会員限定のメルマガを配信しています。

ライターに地元のうまいものを紹介してもらうコーナーが終了しまして、今回から新コーナーです。昔からずっとある店を紹介してもらいます。2回目は編集部の安藤からです。


212.jpg

安藤昌教

第7ギョーザの店、金沢市

学生の頃、石川県の金沢市に住んでいた。そこにいた6年のうちの、どれだけの食事を第7ギョーザの店で食べたことか。

image1.jpg
いつ行っても満員だった記憶しかない。

友だちとも行ったし彼女とも行った、一人で行ったことももちろんある。忘年会の帰りに教授に連れていかれたのも覚えている。教授もきっと一次会では食べ足りなかったのだろう。

先月、金沢マラソンに出るため、当時のクラスメイトといっしょに金沢入りした。前日の夜にみんなで何食べよう、と考えた時、まず浮かんだのが第7だった。第7行こうぜ。いいね。20年ぶりに会った友だちは見た目には20年分の渋みを身につけていたにもかかわらず、これをきっかけに変わらない関係性を確認することができた。

久しぶりに入った第7は、店内がきれいに改装されてはいたが、厨房を囲むカウンター席も、二階三階のグループ席も、レイアウトとしては僕たちが学生の頃に通っていた頃のままだった。

ひとつだけ当時と違ったのは、猫のロボットがお水を運んできたことである

image3.jpg
猫ロボットが店内を歩き回っていた。当時はこんな未来が来るとは夢にも思わなかった。

愛知にはあさくまというステーキのお店があって、雨の日の閉店後には食べられた動物の霊が店内を走り回るのだ、という都市伝説があった。

もちろんそんなの嘘だしあさくまは高くて僕らにはめったに食べられなかったのでやっかみ半分なのだろうが、第7ギョーザの猫ロボットを見て、これがあさくまにも配備されたらあの噂はある意味現実になるんだな、と思った。

そんなどうでもいい話をしながら待っていると、ホワイトギョーザがやってきた。

image2.jpg
ホワイト中、ライス大

写真は僕が注文したホワイト中、ライス大、である。向かいに座った友だちはライスをやめて豚汁にしていた。

ちなみに学生の頃はホワイト大、ライス大、豚汁、を全員が常に食べていたので、僕たちも落ち着いたものである。ホワイトギョーザは大量の油で揚げ焼きにしているので、焼きギョーザというより揚げギョーザに近い。皮がしっかり厚くて中身もパンパンに詰まっているので、だいたい最初の3個くらいで満足してしまうのだ。これは学生の頃からそうだった。

そうなるとホワイト大は15個なので、残り10個以上どうしよう、ということになる。僕たちは豚汁に沈めて食べたりしていた。向かいに座った友だちは今日も5個目くらいから豚汁に沈めていた。

どうしてここのギョーザがそんなに好きなのか、いまでもよくわからないのだけれど、今だからこそ言えることは、このお店がなかったらずいぶん僕たちの学生生活は味気ないものになっていただろうということだ。第7行こうぜ。いいね。これだけでその日はいい一日だった。

今の学生たちも20年後に食べるとそう思うに違いないのだ。


終わって解説です

変わった形の餃子だなと思ったのですが、安藤さんにはおなじみだったようです。以前いた店に配膳ネコロボットがいると複雑な気持ちになりそうですね。

今から入会しても、過去に掲載したコラムのバックナンバーは、はげます会専用ページで全部読めます。(はげます会担当 橋田)

hagemasukai2023new.png

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ