特集 2018年11月22日

当時の計画図で千葉ニュータウンの旅 ~現人口は計画の3割、新幹線も幻に。夢破れても光る街~

千葉ニュータウン市街方面を眺めての夕暮れ

子どものころ、近所にあった千葉ニュータウンという街に自転車で行くのが好きだった。

モダンな街と、雑木林や草原が共存する町並み。歩道も広く、ふつうの街より空が広く見えた。

しかし大人になると、ここは「夢が実らなかった街」だったことを知った。どういうことか。当時の計画図を見ながら、千葉ニュータウンを歩いた。

ライター、番組リサーチャー。過去に秘密のケンミンSHOWを7年担当し、ローカルネタにそこそこくわしい。「幻の○○」など、夢の跡を調べて歩くことがライフワークのひとつ。ほか卓球、カップラーメン、競馬が好き。(動画インタビュー

前の記事:みんなの24時間スケジュールをテレビ欄にしてみた ~マンガ家・AD・猫~

> 個人サイト 文化放想ホームランライター

人口規模日本一のニュータウンになるはずだった

002.jpg
世界でも類を見ない大計画都市(朝日新聞1968年6月27日号より)
003.jpg
千葉県の郊外に生まれた街(千葉ニュータウン 千葉県 宅地開発公団/編より)

当初の計画人口は34万人、日本最大のニュータウンになるはずだった。1983年度には早くも、31万1292人に達している予定だったという。

しかし思うように住人を集められず、計画人口を143,300人と大幅に下方修正し、夢は破れた。そして現在の人口は約10万人に留まっている。

用地買収が進まず鉄道建設が遅れたことなどから、建ててしまった団地もなかなか売り出せず、あたかもゴーストタウンのような時期もあった。

004.jpg
「日本最大級の規模とそれにふさわしい昨日が北総台地の自然に溶け込んだ都市」とうたっていた(千葉ニュータウン 千葉県 宅地開発公団より)

日本一級の運賃の高さ「北総線」

005.jpg
新鎌ヶ谷駅。次の西白井駅から、千葉ニュータウンに入る

この千葉ニュータウンへ行くには、「北総線」なる電車に乗る。もともとは「北総開発鉄道」という未開地の鉄道というような名称だったが変更された。

しかしこの電車、日本一クラスの運賃の高さである。なんと初乗りは310円だ。この運賃の高さが千葉ニューの発展を妨げた大きな原因とされている。

しかしキロあたりの人員を京成線の3分の1以下に削減しても利益がほとんど出ない状況で、下げたくても下げられなかったという内情もあったそう。

006.jpg
当時としては最新の機器が導入されるなど、徹底した合理化が図られるが運賃の低減までには至らず(鉄道におけるトータル・デザイン・ポリシー 北総開発鉄道デザイン・ポリシー研究会より)

そのためキセル乗車も横行した。「キセルが多いから無人駅にできない」という噂もどこかで聞いたことがある。

007.jpg
珍しい、投入コインが見える券売機(鉄道におけるトータル・デザイン・ポリシー 北総開発鉄道デザイン・ポリシー研究会より)
008.jpg
こちらが北総線の車両だ(写真は千葉ニュータウン中央駅でのもの)
009.jpg
こちらが計画当時の図。1駅、2駅、3駅……と事務的に呼ばれていた。このうち4駅と6駅は幻に終わっている(後述。千葉ニュータウン 千葉県 宅地開発公団/編より)
010.jpg
そうそう、この雰囲気

西白井駅周辺の車窓から。東京通勤圏とは思えない、抜けのある「超郊外」的風景。懐かしい。

線路の横の空き地は、「成田新幹線」が通るはずだった所


北総線の線路の横には、何やらずっと空き地がある。子供のころ「このスペースはなんだろう」と漠然と思っていたが、調べてみるとコレ、成田新幹線の線路になるはずの場所だったのだ。

011.jpg
車窓から。線路横に大きな空き地がある

この空き地は成田新幹線構想が1987年に頓挫したあとも、ずいぶん長い間放置されていた。しかし2017年、この空き地にソーラーパネルを置くことが決まった。これだ。

012.jpg
線路の横に、ソーラーパネル

他の路線ではまず見ない光景である。いまの北総線では10kmにわたり、このソーラーパネルが線路に続いているのだ。

013.gif
ソーラーパネルは続くよ、どこまでも

成田新幹線が走る線路が敷設されるはずだった場所に、ソーラーパネルがどこまでも並んでいる。高度成長期からの時代の流れを感じざるを得ない。

特に千葉ニュータウン中央駅前には広大なスペースが空いており、幾重にもソーラーパネルが並べられているが、これは成田新幹線の駅が隣接して設置される予定だったためという。

014.jpg
駅前は広大なソーラー発電所となっている
15n.jpg
「夢ひた走る電化新幹線」(読売新聞1968年1月12日より)

この成田新幹線は通勤のための新幹線として使われる予定があり、ニュータウンから東京まで20分、新宿まで25分で結ぶ、夢の高速鉄道になるはずだったのだ。

北総線最果ての、印旛日本医大駅へ

016.jpg
ビックリするほど、なにも無い

いきなり終点である、印旛日本医大駅へ到着。どこへでもママチャリを飛ばす少年だった僕も、さすがにここへは来たことがない。

まず駅舎が、ダイナミックかつ妙な形状である。時計塔とドーム屋根のおかげで否が応でも存在感があるこちらは、「森の中の駅舎」をイメージしているらしい。関東の駅百選にも選ばれている。ちなみに展望台があるが、なぜかずっと非公開だという。

017.jpg
横から見ると、さらに変わったデザインぶりが際立つ
018.jpg
もともと「印旛松虫駅」という女子が毛嫌いしそうな駅名が予定されていたが、印旛日本医大駅と変更になった。その名残は、珍しい「駅の副題」として残っている。

ちなみに「松虫(姫)」とは聖武天皇の皇女で、「松虫姫伝説」なるものがこの地域で信じられている。由緒正しい名前なのだ。

家以外、なにもない

辺りを見渡す。まだ築年数が間もないような家が立ち並ぶ。家・家・家。他にはなにもない。駅前なのにコンビニすら見当たらない。やや遠くにスーパーっぽい建物が見えるぐらいだ。

019.jpg
家しかない
020.jpg
道の向こうに、とにかく「家」がある

あまり時間も無いので、次を急ごう。ちなみに千葉ニュータウンには100円のバスがあり、北総線の運賃を高く思っている人たちにも重宝されている。

021.jpg
青くてかわいい色合いのバス
022.jpg
満席で立ち乗りが出るほどの盛況

駅を離れると、田園と雑木林が広がる。千葉ニュータウンがあまり発展しなかったせいか、まだまだ自然が残っているのだ。

023.jpg
車窓から見えるのは「田舎」

バスを降りて、歩いて10数分ほど。朝から何も食べていない腹ペコの僕に、お目当てのお店が姿を表した。

誰も知らないご当地グルメ

024.jpg
これぞ田舎の食堂の風情

ここには、印西市がかつて激推ししていたという「みそピーからあげ」がある。

2010年に開催された「いんざい”ご当地ぐるめ”選手権」でグランプリになったシロモノだが、正直流行っていない模様で、ここは数少ない提供店の一つである。

025.jpg
左下の子は、みそピーからあげイメージキャラの「からっピー君」だ

しばし待つと、やがて登場したのが「印西みそピーから揚げ定食(800円)」である。これだ。

026.jpg
「デーン!」という効果音が似合う迫力サイズ

どうか、ミニトマトや大根を目安にこのサイズ感を味わって欲しい。とんでもない大きさである。

から揚げもデカい。ごはんもデカい。1200カロリーは超えているのではと思うほどだ。

田舎の食堂はデカ盛りが多いと言うが、隣でムシャムシャと食べるブルーカラーの方たちを見るとそれがわかる。これをカラダが求めているのだ。

027.jpg
みそピーから揚げのアップ

とにかくムシャムシャと食べる。ウマい! 空腹でかき込むのに実にイイ固さのごはんだ。

そして肝心のみそピーから揚げもガツガツいけるおいしさ。正直言うとはじめは味噌の甘さに多少の違和感は感じたが、「これはこれでアリ」と十分に思える風味。

急造系のご当地グルメは、味に無理があるものも多いが、これはバッチリイケるレベルだ。むしろ、これを書いている今となってあの甘さが恋しくなるほどである。

028.jpg
パワフルに完食!

800円とは思えないほどにパワフルな定食を完食! 「食べた!」と軽く叫びたくなる満足感と、炭水化物を大量に摂取したときに特有の眠気を得て、再び歩き出す。


ドカーンと巨大店舗だらけの印西牧の原駅へ

029.jpg
印西牧の原の顔、BIG HOPの観覧車

歩いて、歩いて印西牧の原駅付近へ。そこにはショッピングモールのBIG HOPがあり、ここのシンボルが「観覧車」である。これに乗っている人は観たことがないが、正直言うと一度乗りたかった。

030.jpg
おっさんが一人で乗る危うさ

500円を払い、いざ搭乗である。

ここから、「奇跡の原っぱ」を見る

031.jpg
ジョイフル本田を下に見て

実は観覧車に乗ったのは、単に乗りたかっただけでは無い。実はこの印西牧の原駅北口の近辺には、“奇跡の原っぱ”と呼ばれる草深原(そうふけっぱら)があるのだ。

区域一帯の生態系は、ニュータウン開発によって40年以上立ち入り禁止区域であったため、現在も貴重な生き物を含む多様な生態系が残っており、絶滅危惧種のホンドギツネの生息も確認されたという。

しかし開発の手が伸びるところを、署名運動の成果もあり、それが押し止められているという。

その明確な場所はなぜか明確にされていないが、ジョイフル本田の裏をちょっと行ったぐらいの所にあるらしい。その場所を観覧車に乗って確認したかったのだ。

032.jpg
このぐらいまで上に上がれば、見えるかな

観覧車もだいぶ上に上がった。そろそろ見えるころだ。自慢のカメラEOS Kiss X9でパシャパシャと撮影する。……しかし。

「奇跡の原っぱ」がない……?

033.jpg
それらしきものが……ない

ジョイフル本田の裏側には、大きな原っぱのようなものは無い。クレーン車などが整地しているのが見えるばかりだ。確かにこのへんのようだが……

034.jpg
5年前の風景を残しているブログの画像と比べても、明らかにおかしい。開発されてしまっている……

たまらず、印西市観光情報館に電話して聞いてみた。見ての通りで、署名運動で止まっていた開発が再開され、特に西側は跡形もなく整地されてしまったという。

035.jpg
近くの調整池

当時の面影を残すのはこの調整池ぐらいか。ここには貴重な動植物が生息しているとの話がある。

今も千葉ニュータウンの開発はどんどん進んでいるのだ。農家を営んでいたひとも多くが仕事をたたんでいる。

036.jpg
古くからの養鶏場も廃墟となりたたずむ

「もっと千葉ニュータウンが発展していれば、とっくに無くなっていたところなんだ」。草原を見たかった自分にそう言い訳しながら、キツネの住処も無くなった元「奇跡の原っぱ」を後にする。

特攻隊も飛び立った、印旛飛行場の跡

実はここ印西牧の原駅の周辺はかつて印旛飛行場があった。パイロットの養成施設で、日中戦争がはじまった昭和12年に計画、昭和16年に完成している。

037.jpg
(千葉ニュータウン事業記録 千葉県企業庁, 都市再生機構首都圏ニュータウン本部千葉業務部編より)

しかし昭和18年になると、太平洋戦争の激化で実質的に陸軍の飛行場となった。

射撃場や戦闘機の滑走路が整備され、戦争末期には空襲に備えて防空壕や戦闘機を隠すための掩体壕が拡充、硫黄島への派遣や特攻機も飛び立ったという。

1982年の時点ではこの地域に36基の掩体壕が確認されていたが、開発に伴い消失し、現在は東の原に保存されている1基のみ。現状で屋根のない土塁状の無蓋型だ。

038.jpg
巨大ショッピング施設だらけの地に、戦争の爪痕が残る


そのために、西の原地区から東の原地区にかけて、いくつかの施設の設計に、印旛飛行場にちなんだデザインを取り入れている。

039.jpg
飛行機の格納庫のような印西牧の原の駅舎。いまは工事中(千葉ニュータウン事業記録 千葉県企業庁, 都市再生機構首都圏ニュータウン本部千葉業務部編より)
040.jpg
翼を広げたようなデザインの施設もあった(千葉ニュータウン事業記録 千葉県企業庁, 都市再生機構首都圏ニュータウン本部千葉業務部編より)
041.jpg
こちらは東の原公園。子どもの声が響き渡る、平和な公園にも、掩体壕と飛行機をかたどった、砂場と土塁がある


高速道路も走る予定だった

北総線の運賃が高いせいか、界隈は車社会である。駐車場も大きいし、ドライブスルーも多い。実はそんな千葉ニュー、高速道路も走る予定だった。

042.jpg
印西牧の原駅のほど近くから
043.jpg
当初の予定では高速道路になるはずだった(絵に描いた街 : 追跡:千葉ニュータウン パート3 千葉ニュータウン新聞 小田隆造より)

現在は「北千葉道路」として道路が整備され、どんどん便利になってはいるものの、高速道路の実現までには至っていない。

「成田新高速鉄道」への思いが込められたジョイフル本田

044.jpg
存在感を放つ建物

次に向かったのは千葉ニューと言ったらおなじみの「ジョイフル本田」である。千葉ニュータウン店は日本最大級のホームセンターで、巨大店舗がボンボンと建つこのへんでもボス的存在だ。

ジョイフル本田に関しては、この記事あたりにもあるので、ここではあまり取り上げない。ただ、見て欲しいのがここだ。

045.jpg
この動く歩道。実は北総・公団線が延伸されて成田空港に乗り入れるのを見込んで、空港をイメージして設置されたという。

それはジョイフル本田のみならずの千葉ニュー地元民の悲願であったが、その想いは実り、2010年に成田スカイアクセスが完成している。

046.jpg
千葉ニューエリアの貴重な“神社”、本田神社

ちなみにジョイフル本田にあるチャンスセンターは、全国で唯一BIGの10億円当選を2度達成した売り場である。それに関連してか、売り場の近くには「本田神社」なるものがある。

実は千葉ニュータウンエリアは、神社や寺が非常に少ない。住宅・都市整備公団は国のお金で運営されているので、一党一派に属してはいけないというのが理由。その分のご利益がこの神社に集まっているのかも知れない。

047.jpg
印西牧の原ウラ名物、お城みたいなマンション

北総線には幻の駅が2つあった

ここからどんどん西に歩いていく。北総線には、計画はされども作られなかった幻の駅が2つあり、それを見に行くのだ。

048.jpg
((県営鉄道)北千葉線建設計画概要 千葉県鉄道局より)

くわしい情報を一次ソースで見つけたかったが、上の計画図ソースぐらいしか見つけられなかったので「千葉県の廃線・未成線地図」という素晴らしいまとめを活用させていただいた。というわけで参考程度に見てほしい。

 

049.jpg
印西牧の原駅(当時の仮称は印西草深駅)と千葉ニュータウン中央駅の間に出来るはずだった、印旛天王駅

 

050.jpg
こちらは、千葉ニュータウン中央駅と小室駅の間に出来る予定だった谷田駅
051.jpg
千葉ニュータウンに夕闇がせまる

夕焼けをうつす雲の中に飛行機雲が見えた。成田新幹線のコースに沿っていて、あの日の夢の続きに見えた。

千葉ニュータウン中央駅付近へ

052.jpg
これぞニュータウンといった景色

千葉ニュータウン中央駅付近にやってきた。土地を贅沢に使った広いイオンモールや、大型マンションが所々に立ち並ぶ。まさに千葉ニュータウンの中心といった風格を醸し出す。

053.jpg
日本でも上位に入る大きさのイオンモール
054.jpg
新築マンションは1000万円台からある
055.jpg
ちなみに昼間の駅前はこんな感じ(by Unaaari


千葉ニュータウンから撤退した東京電機大学へ

056.jpg
道路から見えるロゴは、街のシンボルだった

千葉ニュータウンには、東京電機大学のキャンパスがあった。4年制大学を持っていることは街の自慢の一つであったが、2018年、東京の千住にキャンパスを移転した。現在は大学の都心回帰が相次いでおり、その流れには逆らえなかった。

これで大学は東京基督教大学を残すのみとなったが、学生数は158人(2017年5月1日現在)と非常に少ない。東京電機大学が約1200人の学生を抱えていたことに比べると、多くの若者を失った街へのダメージは大きい。

057.jpg
まだ看板がある

行ってみると、まだ看板はあった。独特のオブジェも撤去されていないようだ。しかし、門はふさがっているので、裏口へ回ってみる。

058.jpg
まだ人がいる模様

裏門側へ来た。明かりが灯っているところもあるし、車や自転車も数台停まっていた。まだ人が居るようだ。解体がはじまっていなくて、何かホッとした。

帰ってから調べてみると、課外活動や部活動、市と大学がまちづくりで締結した協定に基づく活動などは継続している模様だ(2014年11月12日 読売新聞東葛版より)。


実はまだ開通していない道がある

今度は小室駅に向けて西へ歩き出す。あたりはすでに真っ暗だ。実は小室駅の周辺は、千葉ニュータウンでもいちばん開発が進んでいない場所。一人で歩くのがちょっと怖い。

それにしても千葉ニュータウンは広い。この企画、実はのべ10時間ほど歩いた。生涯でいちばん歩いた日で、まず足の裏が痛み、当日のうちに筋肉痛になり、さらには水ぶくれがつぶれ……と、非常に過酷な旅程となった。

千葉ニュータウンの大動脈の一つが環状道路である。県道千葉ニュータウン南環状線と北環状線があるのだが、後者はいまだに開通していない。

059.jpg
ニュータウン事業計画制定から52年、いまだに開通しない千葉ニュータウン北環状線(千葉ニュータウン 千葉県 宅地開発公団/編より)
060.jpg
タヌキ(?)のガードレール人形が行く手を阻む

迂回路は急カーブするルートになっていてドライバーもやや苦しそう。開通しない背景にはいろいろ黒いものが渦巻いているようだが、都合により割愛する。

富士急ハイランドより、小室ハイランド

千葉ニュータウンの中ではそれほど栄えていない小室。しかしここには、千葉ニューでもいち早く入居がはじまった「小室ハイランド」がある。

061.jpg
FUJIYAMAもドドンパも無い
062.jpg
ニュータウンには全日食チェーンが似合う

古い町並みには全日食チェーンか、ヤマザキサンロイヤルストアが似合う。今宵も仕事帰りのサラリーマンが、夕食を調達していた。

063.jpg
夜の小室駅へ。ちなみに「サザンカ駅」や「乙女駅」なる駅名候補もあったという

ここから、最後の目的地へ。

北千葉線「中沢駅」予定地をめざす

最後に千葉ニュータウン開発に際して、それにつながる鉄道として計画され、線路用に土地もある程度確保されていた「北千葉線」の駅になるはずだった場所を目指そう。

こちらも「千葉県の廃線・未成線地図」を使わせていただいた。そのため、あくまで参考として見てほしい。

064.jpg
((県営鉄道)北千葉線建設計画概要 千葉県鉄道局より)
065.jpg
鎌ヶ谷駅で降りて
066.jpg
ちょっと人里離れた道を歩けば
067.jpg
おどろくほど人がいない場所にある

日本ハムの2軍選手が汗を流す、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムの近くだ。周囲にあまり民家はなく、ちょっと怖い。

今となってはあまり人も通らない場所だが、北千葉線の駅前として商店街で賑わっていたかも知れない。

夢が終わって、また歩きだす千葉ニュータウン

068.jpg
千葉ニュータウンの夕暮れがこんな良いものだとは

この千葉ニュータウンを抱える印西市は、東洋経済新報社が発表する「住みよさランキング」で7年連続の1位を獲得している。

人口の伸び方も良くなっており、日経BP総研 社会インフラ研究所らが算出した「『人口増加の勢いがある自治体』ランキング2015-17」では堂々の全国2位である。

それもそのはず、UR都市機構は公団時代にニュータウンを日本各地に作ったが、その中で、最後にして最高傑作の街といわれるのが、横浜市の港北ニュータウンと「千葉ニュータウン」だったという。

日本の住宅地で、「歩道を人と自転車が分けあって使い、車椅子でも生活しやすい」エリアはここぐらい。商業施設の駐車場は平日フリーパスのところが多く、車で生活しやすいエリアでもあるとか(日刊ゲンダイ 2015年6月26日)。

計画人口は確かに143,300人と大幅に下方修正された。しかし人も街も、身の丈に合った目標を新たに立てることは建設的だ。その目標を達成するまで、千葉ニュータウンの挑戦はつづく。


千葉ニュータウンのように生きたい

069.jpg
千葉ニュータウンへの玄関口、新鎌ヶ谷駅の乗換通路では「東京チカラめし」がまだ踏ん張っていた

ときに失敗プロジェクトとして語られる千葉ニュータウンだが、街に雑木林や草原が同居する、青空と夕陽の似合う街。歩いていて気持ちよかった。

ちなみにこの千葉ニュータウン事業で培ったノウハウは、震災復興支援にも活用されている(建設通信新聞2017年1月13日)。

帰りに新鎌ヶ谷駅で見つけたのは、一時期100店舗を突破したものの、掲載日現在で8店舗にまでなりながら営業を続ける東京チカラめしだった。

千葉ニュータウンのように、東京チカラめしのように、どんなに土壇場まで追い込まれようとも、しぶとく生きたい。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓