特集 2018年11月11日

なんでも茶色く描けばアルフォートっぽくなる

コスパ最強チョコ菓子「アルフォート」が、私は大好きです。

そこでふと思ったのだが、もし何か絵を描いた際に、問答無用でチョコっぽく茶色で塗りたぐってしまえば、なんでもアルフォートっぽく(事実上、巨大アルフォートに!)できるのではないだろうかッ!?

その真相を確認すべく、実際にやってみた。

多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:柿でハロウィンをやってしまった場合の対処法

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

芸術の秋!ってことで、いちおう絵描きとしては、無性に何か描きたくなる時期。そこで、自然の中に何かモチーフはないかと求めてやってきたのが、この

a01b.jpg

沼。近所の小学校の校歌でもさんざんアピールされまくっていた当沼だが、とりたてて思い入れは、ない。すると、そんな沼のほとりに、ボートのような

a01c.jpg

ボロい船が。ボロさがたいへん趣深く、美術の時間に描かされかねないこの感じ、絵心がくすぐられるッ!

a02.jpg

 描きがいがあるッ!! よし、今回はこれをモチーフにしよう!と、いざ描いていきたいが、その前に景気づけに、僕のソウルフードである

a03.jpg

「アルフォート」をパックンチョしよ…と思ったら、ん!? そういえばアルフォートって、フォーター(アルフォート愛好家の略称)の皆様はご存知だが、そのチョコの面に、
 

a03a.jpg

船が描かれている。なぜ船なのか、事情は知る由もないが、とにかく船が描かれているのだ。と、いうことは、何か船を描く際に、チョコっっぽく茶色に塗りたぐってしまえば…
 

a04.jpg

アルフォートのように(しかも巨大アルフォートに)なるのではなかろうかッ!!? そうだ、そうに違いない! アルフォーティスト(アルフォート愛好芸術家の略称)には至高のビジョンになること必至であろうッ!!!

ではこんなボロい船でも、本当にアルフォートっぽくできるのか、とりま美術的に描いてみましょう~!

a05.jpg

と、外は描きにくいのであっさり帰宅し、そんな不可解なモチベーションをもって、まずは下書きだが、

a06.jpg

さらっとできた。いちおう船。そして肝心の着色だが、あらためて

a11.jpg

芸術的アイテムを用意。今回は使い勝手のいいアクリル絵の具を使用。普段は極彩色の絵の具でカラフルに塗っていくものだが、このたびはチョコにしちゃうので

a13.jpg

茶色のみ。茶色系絵の具がガッツリなくなるだろうが、知らない。気にせず、描いたもの全てを台無しにするかのように、

b01.jpg

塗りたぐる。盲目的に、茶色にて。

b02ika.jpg

やっちゃった。とりかえしはつかない。

b03.jpg

船というかもはや、焼いたイカ。でも逃げてはいけないッ!!!

ちなみに地となる部分は、本家フォートも船ゆえの

b04.jpg

ゆらめいた波間となっているので、

b05.jpg

それも具現化。だが表現のスベは、茶系の濃淡のみ。色彩感覚もクソもない。

b06.jpg

そして空までも、茶色く塗りたぐり、

b07.jpg

額っぽく周囲の端までも茶色く塗りたぐった結果、ついに完成してしまった、鬼畜アートのその全貌が、コレだ!!

b09.jpg

 !! おぉ、アルフォート! これはマジ卍! 船はだいぶボロめだけど、執拗な茶色感によって見事にアルフォートになったのであったッ!!

b10.jpg

興奮して鼻血出そう。

と、
こうなってくると、この画期的芸術手法で(ただ茶色で台無しにするだけ)なんでも巨大アルフォートにしたくなってきたわよね。よし、こうなったら

a07a.jpg

ちょうどそばにいる彼女を、アルフォートにしてしまおうッ!!!!

いったん広告です

では船以外のモノでも、アルフォートっぽくなるのか確かめるべく、今度は、そばでウロついている

m01.jpg

柴犬ももを描いてみたいと思う。犬でもフォーティング(アルフォート化の略称)できれば、本物だ。

では、また下書きとして、

m02.jpg

ももをちゃんと真正面から、描いていく。さっさと、いきたいところだが

m04.jpg

向いてくれ、コッチを。モデル意識ゼロ。飼い主の事情などつゆ知らず、ももは明日を見据えていた。

m03.jpg

そしてもも、やっと近くに来てくれた、のはいいが、

m06.jpg

背後すぎる。見えない。この犬、わざと、なのか。でも一応

m05.jpg

全身を描きあげる。 

m07.jpg

基本、犬ってリアルに描くとかわいくなくなるので、ほどほどでいい。

そしてまた、地獄の着色へ突入。

m08.jpg

すべてを茶色に染める。たしかに柴犬もも、茶色系ではあるが、このたびはアルフォートをめざすゆえ、問答無用で

m09.jpg

エグいチョコ的茶色にしてしまう。

m10.jpg

雑。こんなの美術じゃない。

m10a.jpg

でも、こうしてなおも茶色く塗りたぐった結果、再び完成してしまった、その全貌が、コレだ!!

m11a.jpg

!! おぉ、犬フォート! なんともチョコ的にかじりたくなるような犬フォートが、完成したのであった!

この手法、美術史に残る発見と言っても過言ではないだろう。いや過言だろう。

m12.jpg

ではアルフォーティングの無限の可能性を確認できたが、最後に一応、初心に返って、あの「船」も、アルフォートにしておきたいと思う。

いったん広告です

船以外のアルフォーティングに成功し、最後に何か他の「船」があったら…と思っていたところ、あった。

h01b.jpg

チョー船。まごうことなき船。アルフォート的に「船」で行きたいところ、まさに渡りに船(船だけに!)だが

h02a.jpg

船のパンである。ここまで船なパン、そうない。

基本謎だろうが、実はこちら、千葉県民(にも謎かもしれないが)が愛する千葉県船橋市の名物パン「船橋あんぱん」なのであった。

h03.jpg

つまり船橋の「船」だったのである。そのまま過ぎて、アセる。ちなみにその中身としては、あんぱんだけにアンはあるが、さらに

h04.jpg

生クリームもはさまれているという、甘党ならむせびなくキラースイーツパンなのであった! 背景にて欲し続けているももは、無視。

そこで、あらためて船を描けるので、

h05.jpg

最後はこれをフォーティングしてみたいと思うッ。

h06.jpg

パン生地だけに、チョコの茶色感とも相性はいいが、再び

h08.jpg

エグい茶色で、非情に塗りたぐる。

h09.jpg

こうして茶色くし続けた結果、ついに完成してしまった、その全貌が、コレだ!!

h10a.jpg

!! おぉ、船フォート! 船だけに、名実ともに、アルフォートッ!!

h11.jpg

異論は認めない。いずれにせよ、船橋の「船」にここまで感謝したのは初めてであった。

…と、そんな形で、別に何も成してないのに言い知れぬ達成感に満ちあふれながら

x01.jpg

茶色い物体を眺め、悦に浸っていると、ここでふと新たなヒラメキが。

そうや! これら茶色すぎ絵画を、

x02.jpg

もっとアルフォーティングする方法があるではないかッ!!

ということで、最後に取り組んだ愚行が、コチラである。

いったん広告です

最後に突然、投入されたのがコチラ。

x03.jpg

実家にて、カーテンやら布団やらにありがちな

x04.jpg

安易な模様の布である。ただ余白を素材で埋めただけのようなデザイン感。だが、実はアルフォートのパッケージって、

x06.jpg

青をベースに、船ゆえの羅針盤っぽい感じになっており、

x05.jpg

丁度この布、安易デザインゆえに、アルフォート感をもろ具現化していたのであったッ!さすが実家ッ!!
では、仕上げのアルフォーティングとして、ココにタイトルも一応

x08.jpg

スプレーを、ぶっしゅーして

x09.jpg

仕上げておこうではないか。

x10.jpg

そうしてあらためて、茶色の負の遺産たちを、そこに配置してみると…

x11.jpg

OH!! 全チョコ好き垂涎の、巨大なアルフォーティングビジョンが、完成したのであった!!

x12.jpg

フォーターとしては大満足です。

x13.jpg

もももいちおう

x14.jpg

満足なようであった。よかったよかった。

ということで、こんな芸術的手法により(茶色く塗りたぐるだけ)、かつてないアルフォート体験を味わえますので、フォーターの皆様は、適宜参考にして頂けたら幸いです。ではまたおやすみなさい…。


はい、以上いかがでしたでしょうか、今週の「犬はチョコNG」。これからもアルフォート食べていきましょう。

x17.jpg
「ていうか散歩は?」

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓