特集 2018年11月10日

ビジネスホテルのこだわり大全〜実践編〜

ビジネスホテル、だ~いすき!

「ビジネスホテルのこだわり」を募集したところ、たくさんの投稿が集まった。3回もまとめ記事ができた。

しかし、これはPDCAで言えば「P(プラン)」の部分だ。我々ビジネスパーソンは実行(Do)して評価(Check)し、改善(Action)して一人前である。

そんなわけで実際にビジネスホテルに泊まってきました。

1975年宮城県生まれ。元SEでフリーライターというインドア経歴だが、人前でしゃべる場面で緊張しない生態を持つ。主な賞罰はケータイ大喜利レジェンド。路線図が好き。(動画インタビュー)

前の記事:現役タクシー運転手に「変なタクシー乗り場」を案内してもらった

> 個人サイト 右脳TV

「こだわり」のためだけにホテルに泊まった

今回、この企画のためだけに都内のビジネスホテルに泊まった。

筆者は横浜在住なのだが、ちょうどお台場で別件の取材の予定があったので、そのまま都内で一泊することにした。なるべく土地勘のないところがいいな、と、宿泊地を上野近辺にした。

せっかく泊まるからには、できる限り多くのこだわりをこなしたい。あれもこれも持っていきたい。一人で泊まるから、セルフタイマー撮影のために三脚もいるだろう。で、こうなった。

bz_hotel_002.jpg
「お台場に観光に来たアジア人」だ。遅れてきた地味ハロウィンである。

 お台場で待ち合わせた編集さんが、僕の大荷物を見て、「これからどちらへ?」と問う。「上野に……」「明日、朝早いんですか?」「いえ特に……」。大きな「?」が見えた。無理もないと思う。

bz_hotel_003.jpg
取材を終え、雨のなかキャリーバッグを転がしながら移動。ものすごい額が当たっている宝くじ売り場があった。
bz_hotel_004.jpg
宿泊地は「こだわり」でも多くの票を集めていたドーミーインに。

投稿では、ホテルの予約の段階から、こだわりをいくつかいただたいていた。「ホテルの公式HPから予約する」「ホテルに直接電話する」「観光協会経由で予約する」などあったのだけど、結局前日の夜に旅行サイトから予約してしまった。「直前割」というプランがあり、お安く泊まれたのだ。

そういえば「ホテルの空き室は、代理店に割り振られた部屋と、ホテルが直接管理している部屋にわかれている」という投稿もあった。「宿泊予定の日が満室」「目的のホテルが予算オーバー」なときは、予約の手段を複数比べてみるといい。図らずも身をもって実践してしまった。

充実した設備に出鼻をくじかれる

bz_hotel_005.JPG
チェックインを済ませて部屋につきました。どんな部屋かな……
bz_hotel_006.JPG
ダブルベッドだ!!
bz_hotel_007.JPG
ボフー

「到着したらベッドに飛び込みます」の実践である。「全裸になって一回転しながらベッドにダイブします」という声もあったが、僕のわがままボディをネットの海に漂わせるわけにはいかないのでご容赦願いたい。

さて、到着してまずやるのは、部屋の環境を快適に整えることである。

bz_hotel_008.JPG
「フロントでファブリーズを借りて消臭」 これは部屋に備え付けの消臭剤があった。
bz_hotel_009.JPG
「机の上をほぼ何もない状態にしてから私物を置く」 ビフォーがこの状態で……
bz_hotel_010.JPG
アフターがこれ。「100均でA5サイズの小箱を持ってきて私物をまとめる」という投稿があったが、部屋にちょうどいいトレイがあったので代用。スッキリするだけでなく、私物が一箇所にまとまっていると忘れ物リスクも減る。

さぁ他にもいろいろやるぞ……と、腕まくりをしたのだが、思いのほかホテルの設備が充実しており、既に解決済みのことが多々あった。

bz_hotel_011.JPG
「マットレスにピッチリ挟まれている毛布やシーツを全部引っぱり出す」 ボックスシーツになっていて引っぱり出す必要がなかった。
bz_hotel_012.JPG
「浴槽にお湯をはった状態で扉をあけ、乾燥対策にする」 大浴場が別にあるので部屋はシャワーのみ。
bz_hotel_013.JPG
そしてそもそも部屋に加湿空気清浄機がある。
bz_hotel_014.JPG
「ビジネスホテルの浴衣は寝ているとはだけるので、パジャマや腹巻きを持っていく」 寝間着が浴衣タイプじゃなく、Tシャツとスウェットっぽいズボン!

投稿で最も人気が高かった「ドーミーイン」を選んだ結果、こだわりでカバーすべき欠点が既に埋められていたのだ。こだわりを実践できない……という残念さと、こうあるべきだよな……という嬉しい誤算のあいだで揺れる。

しかしこちらは準備万端である。やるべきことはやる。ビジネスホテル過激派と言われても構わない。

bz_hotel_015.JPG
用意された寝間着は着ずに、持ってきた部屋着を着る!
bz_hotel_016.JPG
大浴場には行かず、シャワーで持ってきたナイロンタオルと石鹸を使う!(「入浴剤を入れる」のためにバブを持ってきたが出番なし)
bz_hotel_017.JPG
(シャワーを浴びています……)
bz_hotel_018.JPG
浴びました。

いつもの部屋着の着心地、家で使っている石鹸の香り、体を洗うナイロンタオルの感触。目を閉じるとそこは家だ。

「嗅覚」「触覚」を家に近づけるだけで、だいぶリラックスできる。脳を騙している感覚だ。

bz_hotel_019.jpg
ちなみにあとで大浴場には行った。最高でした。

長い夜を過ごそう

一通り部屋の環境を整えたあとは、長い夜が待っている。ここをどう過ごすかである。

ちなみに筆者がビジネスホテルを利用する頻度は、月1回あるかないか、という程度。夜は手持ち無沙汰だし、物音で眠れなくても、泊まり明けに喉がガラガラでも「しょうがないか……」と諦めてしまう。耳栓やマスクでも持っていけばいいのに、全く教訓が活かされない。

そういえば昔、とあるビジネスホテルに泊まったら、夜中に「プーーーーー」というブザーみたいな音で夜中に何度も起こされたことがあった。屋外で鳴っているのか屋内で鳴っているのか全然わからないの。あの音なんだったんだろね。あれ、いま僕ひょっとして怖い話してますか。

bz_hotel_022.jpg
「夜の街に散歩に出かける」 「ここに住むとしたら……と想像する」 知らない街をブラブラ歩くのって楽しいですよね。
bz_hotel_023.jpg
ちょっと歩いたらアメ横に。刺身でも買って部屋でつまもうか……と思ったら、夜は生鮮のお店は閉まってるんですね……。
bz_hotel_024.jpg
台東区で大人の体力テストがあるみたいです。激しそう。

もっと地方のホテルであれば「地元のスーパーで土地の食べ物を買う」 もできたのだけど仕方ない(すみません!)

周辺にはガード下の立ち飲み屋など誘惑がたくさんあったが、ここでホルモンなどをたしなんで酔っ払うと、この後のこだわりをこなせない。断腸の思いで、コンビニでお酒やおつまみを買って部屋に戻る。

さて、ホテルの部屋で残った仕事をする、という場合もあるだろう。そこで試したいのが「HDMIケーブルを持っていき、部屋のテレビとPCをつなぐ」だ。

bz_hotel_025.JPG
ホテルのテレビがデュアルディスプレイに!

HDMIケーブルが活躍するのは仕事だけではない。PCをホテルのWi-Fiにつなげば、Netflixで映画を見たり、TVerで見逃した番組を見たりもできる。スゴいぞHDMIケーブル。

なお、PCやスマホの充電には「3mの延長コード」もあると便利。枕元にコンセントがないホテルって以外とあるんですよね。

bz_hotel_026.JPG
ホテルのWi-FiでAmazonプライムビデオを見ようとFireStickも持っていったけど、HDMI端子がテレビ裏面にあり、本体が隙間に入らなかった。残念。

お酒を飲んで寝よう

さて、ビジネスホテルの夜のお楽しみのひとつはお酒である。チューハイやハイボールを飲む方にオススメなのが、ホテルに備え付けられた製氷機の有効活用。

bz_hotel_27.JPG
これを……
bz_hotel_28.JPG
こうじゃ……

製氷機の氷でキンキンのハイボールが飲める。「ステンレスのマグカップを持っていく」という方がいたが、このマグカップはドーミーインの洗面所にあったものである。ここでもドーミーインのポテンシャルにしてやられた。

bz_hotel_29.JPG
小物を入れていたトレイにティッシュペーパーを敷いて、買ってきたおつまみを流し込む。
bz_hotel_030.JPG
PCにつないだテレビで、Gyaoで配信されている「M-1グランプリ2018 3回戦」を見ながら飲んでたらこの笑顔でした。
bz_hotel_031.jpg
ドーミーイン名物、21:30〜23:00まで食堂にて無料で振る舞われる「夜鳴きそば」。ちぢれ麺に磯海苔とネギとメンマというシンプルな醤油ラーメン。ハーフサイズなので酒宴の締めにもいい。ホッとする温かさで、豚と鶏の出汁が効いた優しい味……。

楽しい。楽しいぞビジネスホテル。寝るのが惜しくなってきた。

bz_hotel_032.JPG
しかし明日もあるのでちゃんと寝よう。蒸気でホッとアイマスク、めちゃめちゃリラックスできるので個人的にオススメです。
bz_hotel_033.JPG
「濡らしたバスタオルを室内に干して寝る」のは定番の技。だからなのかなんなのか、ベッド横にタオルをかける場所があった。加湿空気清浄機もあるのに。
bz_hotel_034.JPG
喉の乾燥対策に、マスクをしてエアコンをオフにして就寝。おやすみなさい。

魅惑の朝食バイキング

bz_hotel_035.JPG
おはようございます。喉が痛くない!

ぐっすり寝た。そしてすっきり起きた。ビジネスホテルのカーテンは分厚くて光を通さないものが多いので、ちょっとカーテンを開けて寝ると自然光が入ってきて目を覚ましやすい。

bz_hotel_036.JPG
「テレビでその土地の天気予報を見るのが好き」という投稿があり、チャンネルを変えてたらCNNが映った。一気にホテルがアメリカに。
bz_hotel_037.JPG
電気ケトルの活用技。「スティックタイプのコーヒー」「フリーズドライのお汁粉」など自分好みの飲み物を持参する。僕はココアにしてみました。
bz_hotel_38.JPG
しかしお湯を注いだあと、かき混ぜるものがない。荷物をあさったら、おつまみを食べるために持ってきた割り箸があった。1本入っているとなにかと便利だ。

部屋に用意されているものを使いつつ、自分の好みに合うよう工夫する。生活をカスタマイズする醍醐味がある。

この勢いで朝食バイキングに行こう。

bz_hotel_039.jpg
素泊まりのプランだったけど朝食が食べたくて別料金を払いました。
bz_hotel_040.jpg
なるほど。おでんもあるのか。

朝食バイキングの会場となった食堂、飛び交う言葉はほとんど外国語だった。上野公園にほど近い立地なので、観光に来た外国人の方々がよく利用されているよう。投稿には「ドーミーインの朝食はご当地のものが出る」とあったが、上野のドーミーインはおでんが「日本食」としてその役割を果たしているのかもしれない。

bz_hotel_040.jpg
和食のターン。
bz_hotel_041.jpg
和食のターン。
bz_hotel_042.jpg
洋食とおでんのターン。

嬉しくなって2周してしまった。普段朝はこんなに食べないのに、なんでバイキングとなるといっぱい食べちゃうんでしょうね。

bz_hotel_043.JPG
「歯ブラシとヒゲ剃りは自宅のものを持参する」 ホテルにあるからいいや、と思いがちだけど、家のものを使うと仕上がりの満足感が違う。「磨いたな!」と思う。

このあと11時のチェックアウトギリギリまでいて、打合せのために新橋に直接向かった。「どちらに行かれるんですか?」と聞かれて「上野に泊まってきまして……」と答えた。大きな「?」が見えた。


家っぽいけど家じゃないホテル

堪能した。こんなにビジネスホテルを堪能したことはなかった。工夫次第でここまで快適になるのだと驚いた。ネットに本来期待されていた「集合知」ってこれだと思った。

投稿いただいた数々のこだわりは、「ホテルという非日常のなかで、いかに家という日常に近づけるか」そして「いかに家に近づけつつ、家でできないことをやるか」という工夫なのだな、と感じた。今風にいうと「ハック」だ。

リゾートホテルのように非日常を100%楽しむやりかたもあれば、ビジネスホテルのように滞在をハックする楽しみ方もある。「家っぽいけど家じゃないホテル」って、ひょっとしたらウケるのかもしれない。
 

bz_hotel_044.JPG
部屋に備え付けの「携帯電話充電ケーブル」の端子が各社に対応しすぎて手裏剣みたいでした。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓