特集 2019年11月29日

演奏しながら痩せられる、ハンドベルを全身につける「ボディベル」

夢をいっぺんにかなえようとした話です。

何から話せばいいだろうか。そうだ、願望の話だ。

痩せたいと思ったんですよ。運動してね。あと、かわいいものもこれから作っていきたいわけ。あと長らくの夢というか、やはり楽器もできるといいなぁ、なんて。

来年で50になるし、ここで一気に叶えようと思ってしまったのだ。できあがったものに、自分でもびっくりだ。

1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。(動画インタビュー)

前の記事:「クタクタ orz」おもちゃは作れるか

> 個人サイト 妄想工作所

セルフこっくりさんの果てのEテレ風

つまり、「かわいいものに埋もれて音楽を奏で、それが運動にもなる」という三方一両損、じゃなかった一挙両得、いや三得な企画である。

もう少し考えの足跡を追おう。

・森の動物たちに囲まれて歌を歌うイメージ。Eテレの教育番組で、お姉さんが人形に囲まれて楽しそうにしている感じ、いいよね。
・Nintendo Switchの「リングフィット アドベンチャー」みたいに、知らず知らずのうちに運動しているってのも、すごくいいよね。
・つまり、体に音階を仕込んで、曲を奏でようとすれば自動的に運動できるのでは。楽器もこなすことになるし。それに音階ごとに人形を割り当てると、すごく楽しそうだぞ!

…大丈夫だろうか。論理は破綻してないとは信じるが、自分でも雲をつかむような計画に思えるので、とりあえず絵にしてみた。季節柄、クリスマスツリーになりきるのは、どうかな?人形もいろいろあるし。

000.jpg
この人大丈夫だろうか。

ツリーのような緑の服、そこにハンドベルを仕込んだサンタやトナカイの人形をくっつけ、1音ずつ夢中で演奏するうちに痩せる。完璧ではないだろうか?安心してその日は寝た。

翌朝この絵を見て、これは「こっくりさん」だと思った。様々な望みがせめぎあうその果てに、予想だにしなかった完成形が現れる、セルフこっくりさんだ。私こんなの考えましたっけ?

「とにかく私はこれを作ることになったんですか。承知しました。ではすぐにとりかかります」と、文字通りキツネにつままれたような気分でふらふらと制作し始めた。

まずは安いハンドベルを取り寄せる。3000円もしないものだったが、音の狂いがなくちょうどよかった。

001.jpg
ドからドまでの1オクターブ、8個。
002.jpg
口がパクパク開くとかわいいな、ってことでスチロール球を芯にして頭にする。
003.jpg
ジンジャーマンクッキーは平たいのでぬいぐるみ方式にしよう。
004.jpg
スチロール球に羊毛フェルトを刺して雪だるまに。
005.jpg
ハンドベルを仕込む穴をスチロールカッターで開ける。これを4体分いちいちやる。
006.jpg
この時点でもまだベルの固定方法など決まってない。決まってないことが多すぎる。

あの間抜けなラフ絵の一発でスタートしてしまったので、考えないといけないことが山積みである。どうやって体に固定するのかとか、頭にはどう立たすのかとか、そもそも体に固定してベルって鳴るのかよとか。

でもあらかじめそういう設計をするということが苦手なので、とにかく今は各人形がかわいくなるよう腐心するのみだ。かわいくなあれ、かわいくなあれ。

008.jpg
球にフェルトをきっちり貼っていく…この時点でもどんな造作になるか全然見えてない。
010.jpg
担当編集石川さんに送ったら「全く仕上がりの想像がつきません」と返事が来た画像。それがね、私にも想像つかないんですよ。

 

012.jpg
想像つかないけど、各部詳細はそれなりに作り込んでいかねばどうにもならない。これは天使の頭に植毛しているところ。

 

013.jpg
初めはスチロール球で目玉をつけたけど、やっぱり平たい動眼(どうがん)が落ち着くかもと取り替えた。

 

017.jpg
100円ショップで買ったツリーに、星のかわりに黄色い「ミ」のベルを埋め込む。

これをどうやって、あのオーロラ輝子ばりに頭上に立たせるか。ベルを鳴らすのに頭を振るわけだし、固定方法ちゃんと考えないと。

と思って家をあさっていたら、防災ヘルメットの内部部品がぴったりだった。

021.jpg
こうやってツリー(下から見たところ)に難なく組むことができた。なんなんだ。

しかし1オクターブ、8個。8個ですよ8個。8個の人形を、それぞれ違う人形を作って、しかも体に固定するって。思った以上に大変だぞこれ。どうりで全然終わらないはずだ。作っても作っても完成しない。なんであの絵からこんなことになる(当たり前だ)。

019.jpg
とはいえ、ベルを固定する方法は考えついた。摩擦係数の高そうなスポンジ素材を軸に巻いて穴に押し込むと、ガッチリ固定された。ひとつ悩みが減った、わーい!
022.jpg
緑の服は、手持ちのワンピースを型にしてこれもなんとか完成。

そして体への人形の固定も、100円ショップのゴムベルトを使うことでなんとか切り抜けられそうだ。

いったん広告です

夢の果ての不審者

長くてよくわからん道のりだったが、3つの願いを叶えてくれるであろう何かがここに完成した。さっそくカラオケボックスで演奏してみようと思う。

023.jpg
こんにちは僕たちボディベル音楽隊だよ。
024.jpg
タップくんとセサミストリートのバート、じゃないよ。「ソ」と「ラ」担当だよ。
025.jpg
天使は髪が長すぎて斜に構えているように見える。その隣には、人数合わせのペンギン。
028.jpg
人形の固定はやはりけっこうな難所であるね。
029.jpg
ヘッドギアにツリー…国会でみんなこれ被ってたらさすがに笑う。
032.jpg
なぜかゼンジー北京さんが頭をよぎった。

コメントしづらいだろうからもう演奏をお見せする。

聞いてください、「きらきら星」。


頭上の「ミ」をのけぞって鳴らすとは思わなかったろう。だって鳴りづらいんだもの。いきなり何か取り憑いたかのようである。というか全体的に痙攣しながら演奏している。怖いぞ。

ベルを1音だけ鳴らすのが難しかったり、そもそもけっこう振らないとベルが鳴らなかったり、振る方向によって鳴り方が違ったりして、今後やっていくにはいろいろと考えなきゃいけないことが山積みなのがわかった。

体のどこに固定するかによっても違ってくるし、そうなると自然と体の関節の構造にまで思いをいたしたりして、なんだかアスリートみたいだ。

練習するうちに汗が額を伝ったりして、本当に運動になった。ここで整理してみよう。

・かわいいもんに囲まれる→それなりに叶った
・知らず知らずのうちに運動→けっこう叶った
・これを機に音楽の道へ→課題山積み

もっと改良して各所から「ボディベルの妙な奏者」として招かれるというのが、この際このセルフこっくりさんの到達点であろう。デビューへ向けて始動である


まとめと告知

これはなんだろうか。

ふっと思いついたことが1時間くらいで完成すればいいのに。何日もかけるから、余計によくわからなくなってくる。

でも単なる思いつきが実体として目の前に現れると、妙な説得力が出てくるような気もする。改良とか改装とか、妙に手をかけたくなる。

まずは人前で演奏してみよう。話はそこからだ。

【告知1】

というわけで、これ、阿佐ヶ谷ロフトでやることになると思います。このイベントで。

第2回 妄想メイカーズ おつはたいがー!
12/8(日)OP11:30/ST12:30
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/130413

 034.jpg

工作合戦なんですが、最後に「フェスへの道」ということで、よたよたと1曲やる予定です。助けて!

【告知2】

その3日前の12/5、PechaKuchaNightに出ます。海外の方も大勢見ている前で、ハトヒール履いて作品のプレゼンをかまします。
https://www.pechakucha.com/events/tokyo-vol-168

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓