特集 2020年10月28日

さすがのビックリマンもやらなそうな「○○マン」コラボを考えてみた

子どもが絶対に喜ばない、「ビックリマン」がおそらくやらないであろうコラボを考えてみました

プロ野球や初音ミク、キン肉マンにエヴァンゲリオン、鬼滅の刃まで……とにかく何とでもコラボしてしまう最近の「ビックリマンチョコ」。いっくらなんでもコラボしすぎでは!?

ということで、さすがの「ビックリマンチョコ」でも絶対にやらないであろうコラボ相手を考えて、シールを作ってみました。

1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:ケガに憧れすぎて、教室が血だらけになりました

> 個人サイト Web人生

2010_ビックリマンのコラボイラスト_001_01.jpg

2010_ビックリマンのコラボイラスト_001_02.jpg

2010_ビックリマンのコラボイラスト_001_03.jpg

2010_ビックリマンのコラボイラスト_001_04.jpg

総理2.jpg
いきなり子どもには一切響かなそうなコラボ……
伊藤博文.jpg
伊藤博文。初代・総理大臣ということでヘッド間違いナシでしょう
田中角栄.jpg
知名度、人気を感が得ると田中角栄あたりもヘッド扱いか……。ただ単に、最近「ロッキード事件」のドキュメンタリー見たからという理由もあります
鳩山.jpg
この辺からどうでもいい総理になっていきますよ。鳩→羽根→天使という連想から鳩山由紀夫
羽田.jpg
羽田孜。この人のやったことってエコスーツしか思い出せないな……
宇野.jpg
宇野宗佑。「指三本」が何なのか分からないヤングは「宇野宗佑 指三本」でググってみましょう

名優.jpg

森繁.jpg
森繁久彌。ボクら世代になると名優というよりは、芸能界の〝おくりびと〟ポジションとしてのイメージが強いです
勝新.jpg
勝新太郎も、『座頭市』とか以上に「パンツはもうはかない」のインパクトが強くて……
川谷.jpg
名バイプレイヤー・川谷拓三。個人的には実写版『ドカベン』の殿馬役と、『3年B組貫八先生』という金八先生のパチモンみたいな番組の主演でお馴染み
天本.jpg
天本英世……というよりは死神博士ですな

 

文豪3.jpg

江戸川.jpg
日本探偵小説の父・江戸川乱歩!
松本.jpg
小説以上に顔面のインパクトがすごい松本清張
横溝.jpg
一方、横溝正史は小説のイメージと違ってメチャクチャ好好爺っぽいビジュアルなんですよね
小栗.jpg
小栗虫太郎は……ただ単に悪魔っぽい顔だったので

つーか、「文豪マンチョコ」じゃなくて「推理小説家マンチョコ」だな、これ。


本家「ビックリマン」はやらなそうだけど……!?

明らかに子どもの心に響かない、おっさん臭のきつめな「ビックリマン」コラボを考えてみましたが、そもそも今の「ビックリマン」が子どもをターゲットにしているのかというと……。

値段も妙に高いし(昔は30円だったのに、今100円くらいになってるんですよ!)、ブーム当時に夢中になってた現在の30〜40代をターゲットにし続けてるんじゃないかという気もしています。

……と考えると、「歴代内閣総理大臣マンチョコ」「歴代天皇陛下マンチョコ」とか出てもおかしくないのでは!?

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ