特集 2019年6月24日

台車をマウスにするとソリティアで汗だく

あらゆるパソコン作業をスポーツに

マウスをでかくしたいと思っていた。

マウスが大きいと動かす人とクリックする人が分かれることになる。ソリティアだってエクセルだって、あらゆるPC操作が協力プレーになるのだ。

「右いくぞ!」「よし、クリック」「(声を揃えて)ドラッグ・アンド・ドロップ!」

まるでキャプテン翼のようになるだろう。まさにeスポーツである。
 

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:実写ぱらぱらまんが(デジタルリマスター版)

> 個人サイト webやぎの目

どうやって台車をマウスにするか

ベースは台車でいいだろう。
台車の底にマウスを貼り付ければマウスになるのではないか。

しかしマウスは2ミリ浮いただけでも動かなくなってしまう。凸凹した床の上で、常に2ミリ以内でマウスを浮かしておく必要がある。

バネで押し付けるか…、マウスが床の上のホコリを全部とることになって考えただけでぜんそくになりそうだ。

そのうち頭が良くなったらやろうと思っていたら救世主が現れた。

001.jpg
イメージクラブのクリエイティブエンジニア 高田徹 さんである

イメージクラブはブラジルにつながってる穴を作ったりウェブメディアびっくりセールに出展している愉快な技術集団である。


イメクラと略すと一気に違うものになるのがいい名前だ。(本当にイメクラではないです)

そこのプログラム番長の高田さんがウェブカメラをマウスにするプログラムを書いたのでそれで台車マウスができるのではないかとのこと。

002.jpg
これがマウス

ふざけている入社1年目のようだが、これがなんとマウスになっているのだ。
原理は本記事後半で紹介するが、まずは動いているところを見ていただきたい。

20190622_005.gif
ぐいーっと動かすと
20190622_003.gif
にょーんと動くのだ

マウスだからカーソルが動いて当然なのだが、でっかくなるだけで笑える。

20190622_006.gif
一緒にするとこんな感じ

ソリティアが二人同時プレイのゲームになった瞬間である。マウスの前後左右の動きは台車そのものを動かし、クリックは台車に乗った人が手元ボタンで操作する。

004.jpg
台車に乗る人が握っているこのボタンが左クリックである
005.jpg
ナースコール用のボタンを改造してある

「ナースコール用のボタン、すごく丈夫にできてて引っ張ってもケーブルがぬけないようになっていました」

とのことだが、これは丈夫な部分をすべてスポイルして改造してある。

キャプテン翼ではなく引越し

こちらが実際のプレー動画である。


「乗せます」
「はい、離しました」

というやりとりが引っ越しのスタッフっぽい。キャプテン翼ではない。
かつてうちに来たアート引越センターはタンスを二人で持って「次、右曲がります」「いったんおろします。はい、おろしました。」なとど声を掛け合って運んでいた。丁寧な言葉がプロっぽい。

いまソリティアをしながらそれを再現している。おれはソリティアのプロになった。

そして、酔う。

自分の意思とは別に前後左右に動かされ続けていると気持ち悪くなった。VRや3Dも酔うと言われがちだ。つまり、この二人ソリティアもVR並みの技術であることの証左である。

チームプレーとは言語の問題である

そして気づいたのが、ひとりゲームは言葉がきちんと統一されてないということである。


 

003.jpg
カードがない場所を「平たいところ」とオリジナルの名前で呼んでも台車に乗ってるパートナーに通じない

ソリティアはひとりでやっているので、♣を「もじゃっとしたやつ」とか脳内で勝手な呼び方をしている。
チームプレーになるとそれをうっかり人前で言うことになり、先生を”お母さん”と呼んでしまったような恥ずかしさがある。

野球でも「バント」を「なんかこつっとあてるやつ」と言わないように、チームプレーの第一歩は言葉の統一である。

手詰まりのダメージはでかい

そして体力を使うので手詰まりになったときの落胆が大きい。


身体を使っているせいか、パソコンでやるソリティアよりも全然うまくできないのだ。ホワイトボードに書いていると紙に書いているときよりも感じが出てこないように、だ。(この現象は僕だけかもしれないけど)

 
4回の手詰まりのあと、ようやくクリアできた。

クリアしても喜びがほぼ「あ”ー」である。

作りかた

さて、このマウスはどのようにして実現しているか。図解するとこんな感じである。

006.jpg

台車にはカメラがついている。
このカメラは写るものがどれだけ動いたかを検出する。つまり、自らが(台車が)どれだけ動いたかが分かる。

007.jpg
カメラが検出しやすいように床に養生テープを貼ってある

この台車が動いた情報を、別のパソコンにマウスの動きだと勘違いさせる。

ということらしい。

きちんと理解できているかかなり怪しいが、台車は僕が選んだ。

008.jpg
マウスとしての使用を考えて、4輪が自在(軸が回転するキャスタ)の台車にした

たいていの台車は前が自在で、後輪は固定なのだ。だから真横には動かない。4輪が自在キャスタだとつるつると滑るように動いてしまって使いにくいのだが、マウスとしては最適だ。

きっとマウス用に売られているに違いない。

このしくみを作った高田さんのすごさを説明しようとしても技術的な話になって伝えられる自信がないのだが、カバンがシンプルで分かりやすい。

009.jpg
モバイルバッテリーやケーブル類が収まるケースを3Dプリンタで自作しているのだ

すべての持ち物がフィットする。花粉症の薬のCMで見る鍵と鍵穴のようだ。こんなちゃんとした人はそうそういない。

010.jpg
記事としては多少ヘボいところがあったほうがいいので、と固定はすべて養生テープにしてもらった
011.jpg
ライトがついているのは、暗い部屋でもカメラが画像認識しやすいように

プロジェクターの映像が見えやすいように部屋を暗くしたのでライトを追加した。

しかしこのライトまでカバンからすぐ出てきた。アパート経営とかやっても成功するだろう。


エクセルもエンターテイメントに

エクセルのオートフィルを台車マウスでやってみた。

012.gif
子丑 をドラッグすると、子丑寅卯辰巳と続く

台車を引くと十二支の動物が現れるなんて古事記のようである。

地味と思われたソリティア、エクセルまでエンターテイメントにしてしまった台車マウス。来年の確定申告は台車マウスを使って必殺技のように叫びながら電子申告しよう。

「扶養控除、あり!」とか。

イメージクラブのサイト https://i-m-a-g-e.club/

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓